AMESHA-WORLD
HOME > アメ車カタログ > アメ車 2012年モデル オールカタログ <正規キャデラック編> > 2012 キャデラック CTS CADILLAC CTS
アメ車カタログ 2012 キャデラック CTS CADILLAC CTS

2012 キャデラック CTS CADILLAC CTS

更新日:2012.02.22文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ

欧州のプレミアムサルーンに匹敵する運動性能

 現在のキャデラック ブランドの中核を担う基幹モデル。現行モデルは2007年のデトロイトで発表された2代目にあたり、日本へはその1年後の、2008年1月に上陸した。

 エクステリアは初代同様、キャデラックのデザインフィロソフィーである「アート&サイエンス」にのっとったもので、金属の塊から刃物で削り出したようなスタイリングが特徴。一方で運動性能については、ドイツのニュルブルクリンクサーキットにて徹底した走り込みを実施。欧州のプレミアムサルーンに匹敵するフットワークを獲得している。

 バリエーションも実に豊富で、スタンダードなスポーツセダンに始まり、スポーツワゴンやクーペもラインアップ。エンジンラインアップは3リッター0と3.6リッターのV6が主で、ともにレギュラーガソリン対応ながら273psと322psの高出力を実現。経済性とハイパフォーマンスを両立している。

 さらにはコルベットZR1のLS9をディチューンした6.2リッターV8スーパーチャージャー搭載の「CTS‐V」もラインアップ。こちらは最高出力564ps、0‐60mph(0‐96km/h加速)3.9秒を叩き出すまさに怪物で、セダンとクーペにそれぞれラインアップされる。

 現在販売されているのは今年1月に改良を受けたもの。3.6リッターV6が従来の311psから322psにパワーアップしたのはこのタイミングで、さらにヘッドまわりの設計の見直しや新素材の採用などによってエンジン重量が10kg近く軽量化。より軽快なハンドリングに貢献している。またグリル周りにも手が加えられ、縦方向のリブを際立たせたフロントグリルと立体的になったキャデラックのエンブレムにより、より精悍な顔立ちに改められている。
SPEC:セダン 3.6プレミアム
全長:4870mm
全幅:1850mm
全高:1470mm
ホイールベース:2880mm
車両重量:1810kg
エンジン:V6DOHC
排気量:3564cc
最高出力:322ps/6800rpm
最大トルク:38.0kg-m/4900rpm
トランスミッション:6AT
サスペンション:ダブルウィッシュボーン/マルチリン

アメ車カタログ一覧に戻る アメ車 2012年モデル オールカタログ <正規キャデラック編>に戻る

Ai-pac2016 スーパーアメリカンフェスティバル
熊本のアメ車専門店 グローバルアメ車ワールド MOOK 創刊号 発売中!
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.