AMESHA-WORLD
HOME > ニュース&お知らせ一覧 > ジープ前橋の新店舗を取材してきました!
ニュース&お知らせ一覧 ジープ前橋の新店舗を取材してきました!ジープ前橋が11月1日にリニューアルオープン!

ジープ前橋の新店舗を取材してきました!

新車販売だけでなく持ち込み修理もOKのFCAジャパン正規ディーラー

FCAジャパンが2016年よりスタートさせた「正規販売ネットワーク充実化プロジェクト」の一環として設定された新しいCI(コーポレート・アイデンティティ)にマッチした店舗へと生まれ変わった「ジープ前橋」の新店舗を取材してきました。

更新日:2017.11.28文/田中 享(Tanaka Susumu) 写真/田中 享(Tanaka Susumu)

取材協力

ジープ前橋
TEL 027-210-5117 [ホームページ]

ジープ前橋がFCAジャパンの新CIに沿ってリニューアル

 ジープ正規ディーラーの新CI(コーポレート・アイデンティティ)に沿った店舗リニューアルは、FCAジャパンが2016年よりスタートさせた「正規販売ネットワーク充実化プロジェクト」の一環であり、最大の特徴は「プレミアム感と落ち着きのある店舗外観とショールーム」となっている。

 今回取材させていただいたジープ前橋の「ブラックとウッドアクセントの外壁&シルバーのブランドサイン」や、ショールームの「ブラックを基調としたタイル敷の床」「ウッドタイルを敷き詰めたラウンジ」「マーチャンダイジング&アクセサリーパーツのディスプレイ」などは、全てこのFCAジャパンの新CIに沿ったものだが、確かにこの新店舗はFCAの目的とする「ジープをプレミアムブランドに」という目標が明確に反映された意匠となっている。

 一昔前には世界に冠たる「オフロードの雄」として、「舗装路よりは悪路」「都会よりは田舎」「街よりは山」といったイメージの強かったジープブランドであるが、ジープの代名詞的存在である「ラングラー」と「チェロキー」くらいしか選択肢のなかった当時と比べると、現在では商品ラインアップが格段に充実しており、ユーザーの様々なニーズに応えることの出来る「プレミアムSUVブランド」へと変貌を遂げている。

 昔からのコアなジープファンの中には、都会的に洗練された現代のジープブランドに違和感を感じる人もいるかもしれないが、ディーラーの外観が変わり商品ラインナップが充実したからといって、悪路走破性や信頼性といったジープの重要な特性が失われたわけではない。それどころかユーザーのニーズに合わせてモデルを多様化させた分、個々の特性は部分的には格段に進化しているとも言える。

 オンリーワンと言っても過言ではない独自の個性を維持しながらも、時代に応じて進化し続ける現代のジープについて興味のある方は、ぜひ一度ジープ前橋に行って話を聞いてみてはいかがだろうか?
〒371-0846
群馬県前橋市元総社町 593-58
電話:027-210-5117
営業時間:
月~土 AM10:00~PM7:00
日・祝 AM10:00~PM6:00
定休日:火曜日/第1及び第3月曜日
ショールームには最新モデルがゆったりと展示されている。
ジープ前橋では正規輸入車ではない並行輸入車の修理&メンテナンスにも対応してくれる(改造車以外)。

ニュース&お知らせ一覧に戻る

アメ車検索

アメ車検索詳細

連載 REGULAR ARTICLES

連載一覧

PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.