AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 逆輸入車特集 > 2014 トヨタ タンドラ (TOYOTA TUNDRA)
連載 REGULAR ARTICLES 2014 トヨタ タンドラ (TOYOTA TUNDRA)6インチリフトアップで大迫力

2014 トヨタ タンドラ (TOYOTA TUNDRA)

本場モノを超えるアメリカンな仕様

アメ車好きでトラック好き、そしてトヨタ好き、そんな願望を一度に満たしてくれるトヨタタンドラ。ベースグレードとなるベンコラ仕様をチョイスしリフトアップすれば、それこそ本場アメリカンピックアップをしのぐ迫力が手に入る。

更新日:2014.03.10文/古閑章郎 写真/椙内洋輔

取材協力

ベルエアー
TEL 0436-40-1212 [ホームページ] [詳細情報]

リフトアップによる圧倒的迫力

 タンドラに乗るからといってすべての方がみな、アメリカンピックアップトラックということを意識しているとは限らない。たとえばトヨタ車の一部としてチョイスしている方も多数いるだろう。

 だが本格的にアメリカンピックアップとしてのタンドラというものを意識した場合、やっぱり選ぶべきグレードは、コラムシフトとベンチシートの組み合わせモデルではないか? いわゆるこの「ベンコラ」こそ、あえてトラックに乗る流儀とも言えるだろうし。

 このベンコラは、もはや本場のアメリカンピックアップトラックでさえもチョイスすることが不可能になりつつある今、タンドラはセレクトできるのである。

 5つあるグレードの中で下位2グレードの「SR」と「SR5」のみ40/20/40分割のベンチシートがチョイス可能であり(シート表皮はファブリックとなるのだが)、コラムシフトも標準装備となる。いわゆるアメリカンピックアップだけが持つ独特な空間演出が可能となるのである。

 そんな2014年型タンドラSR5をベースに、リフトアップを施した車輌がコレである。

 ボディ同色にペイントされたオーバーフェンダー、プロコンプのキットによって6インチリフトアップされた足回り、そしてタイヤは35×12.5R20インチのニットータイヤ。

 このクルマが納車されたノーマル時点で、ニューモデル車輌として試乗させてもらったが、その時とはまた違った迫力の姿に驚いた。何よりボディがひと回り大きくなったかのような錯覚を覚えるほどの迫力である。

 ベンコラのピックアップに6インチリフトアップを施したタンドラは、ビッグ3のピックアップモデルを超える迫力を持つ、ある意味じつにアメリカンな1台となったのである。
迫力のリアスタイルを演出できるのは、今やタンドラ以外ではちょっと見当たらないような気がする。
オーバーフェンダーにホイール交換はある意味定番となったカスタム手法。これにリフトアップを施すことで、タンドラならではの世界観が誕生したのである。
ノーマルの素っ気なさも逆に新鮮ではあるのだが、上の写真を見てしまうと正直物足りなさを感じてしまう。
<関連記事>
>> 2014年型トヨタ タンドラ試乗 を見る
>> 2014年型トヨタ タンドラ試乗vol.2 を見る
>> 2011年型トヨタ タンドラ試乗 を見る
>> 2011年型トヨタ タンドラ試乗vol.2 を見る

連載一覧に戻る 逆輸入車特集に戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.