AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集長の独り言 > ケン・ブロックのジムカーナ・セブンが凄い件
連載 REGULAR ARTICLES ケン・ブロックのジムカーナ・セブンが凄い件KEN BLOCK'S GYMKHANA SEVEN

ケン・ブロックのジムカーナ・セブンが凄い件

WILD IN THE STREETS OF LOS ANGELES

WRCドライバーであり、スタントドライバーであり、かつてはスケートボード、モトクロス、スノーボードの諸競技においても名を馳せたケン・ブロック(Ken Block)の最新作『GYMKHANA SEVEN』がメッチャCOOLです。

更新日:2015.01.29文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/

取材協力

HOONIGAN [ホームページ]

TheHoonigans [ホームページ]

これぞアメリカ! 問答無用の格好良さ!

 『魅せる』ドライビングで世界中にファンを持つケン・ブロックの『GYMKHANA(ジムカーナ)』シリーズの最新作『GYMKHANA SEVEN(ジムカーナ・セブン)』が凄いです。再生回数は2ヶ月ちょっとで2000万を軽く突破。この勢いだと同シリーズで最高の再生回数を誇る『GYMKHANA FIVE』を抜く事は確実でしょう。

 今回の『GYMKHANA SEVEN』では、昨年のSEMA Show 2014で発表された『HOONICORN_RTR』を駆ってロサンゼルスの街中を爆走しているのですが、ケン・ブロックのドライビング・テクニック以上に驚くのがそのシチュエーションです。ダウンタウンやチャイナタウン、フリーウェイを完全封鎖しての撮影は「一体どれだけの予算を使ってるんだ?」という感じ。

 かつてマイケル・ジャクソンは、彼自身が『ショート・フィルム(短編映画)』と読んだプロモーション・ビデオで、ミュージック・ビデオの世界に革命を齎せましたが、ケン・ブロックがYouTubeで発信し続けているジムカーナ・シリーズもまた、現代の『広告』や『宣伝』の世界に革命を齎すレベルにあるような気がします。

ジムカーナ・セブンでケン・ブロックが駆っているのは、1965年型フォード・マスタングを元に製作された『HOONICORN_RTR』。見た目は初代マスタングのレストモッドですが、中身は完全に競技車両です。

  • 動画の冒頭、鎖で繋いだ状態でアクセルを全開にするシーンに注目。4輪全てからスモークが出ています。つまりこの車両はAWDなんですよね。

  • チャイナタウンの中を爆走。注目すべきは地面のブラックマークで、何度かリハーサル(練習)していることが分かります。

  • ロサンゼルスをクルマで走った事がある人であれば、「あっ!あそこか!」とすぐに分かる場所が盛りだくさん。

  • 許可を取っての撮影であり、道路の封鎖などはもちろんポリスが行っているのですが、ポリスカーをパイロン扱いするシーンとか、日本では考えられないですよね?

  • ケン・ブロックはレーサーとしての実力も確かですが、注目すべきは彼の「魅せる」テクニックと、そのアイデアでしょう。

  • ホッピングするローラーダーの下をドリフトですり抜けるシーンは圧巻。「よくこんな事を考えつくよなぁ」と感心します。

連載一覧に戻る 編集長の独り言に戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.