AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集長の独り言 > 清原和博さんと彼の愛車(ハマーH2)の思い出…
連載 REGULAR ARTICLES 清原和博さんと彼の愛車(ハマーH2)の思い出…アメ車雑誌の取材にノーギャラで協力してくれた清原さん

清原和博さんと彼の愛車(ハマーH2)の思い出…

今でも清原さんのファンだし陰ながら社会復帰を願ってます

もう10年も前になりますが、清原さんと彼の愛車のハマーH2をアメリカンパワーという雑誌で取材させていただいた事があるんですよね…

更新日:2016.04.03文/田中 享(Tanaka Susumu) 写真/

アメ車の取材に気さくに応じて下さった清原さんのこと

 ちょっと必要があって、自分で書いた原稿(記事)を検索していたら偶然にヒットしたんですが…

 10年くらい前に、私がアメリカンパワーというアメ車雑誌の編集長をしていた時、当時まだオリックスの現役野球選手だった清原さんを取材させていただいたんですが、その時のブログ記事が出てきたんですよね。
 もう随分前から忙しさにかまけて放ったらかしにしてあったブログで、最近は自分自身でもその存在さえ忘れかけてたんですけどね。そんな古いブログの記事が浮上してるくらい、彼の話題は未だに世間を騒がせてるんだな、と…
 ブログの詳細はリンク先を読んでいただくとして、ちょっと前からニュースなどで彼の話題が出る度に、物悲しいというか、何とも複雑な心境になるんですよねぇ。

 うちの編集部は本当に小規模だし、取り扱っているマーケットはニッチな物が多いんですが、その割には世間的に有名な方々に取材をさせていただく事が稀にあります。スポーツ選手とか格闘家とか漫画家さんとか。で、それがまた見事に人に恵まれているというか、皆さん良い人ばっかりで。
 清原さんの場合、私自身は直接の面識はなくて、取材したのは当時のうちのスタッフと馴染みのカメラマンだったんですが、取材後に「メッチャ気さくに取材に協力して下さいました。全然偉ぶることもないし、凄い良い人でした」と報告を受けたし、実際に写真を見てもそんな雰囲気だし。お店の方も清原さんについて悪い事は全然言ってなかったし。たぶん、元々の清原さんてのは、見たまんまのカッコイイ男だったと思うんですよね。

 まぁそんなわけで、今の清原さんの状況は残念というか「何とか頑張ってまた社会復帰して元気な姿をメディアで見せてほしいなぁ…」と、そんな風に思ってます。
 
>>清原選手とハマーH2 (編集者の独り言)
個人的には、今も昔も清原さんに関しては、うちの雑誌のインタビューや写真撮影、サイン書きなんかにノーギャラで気さくに応じてくれた『良い人』のイメージしかないんですよね…
ハマーH2に負けない体格と男らしい笑顔。当時の彼は同性から見ても惚れ惚れするカッコイイ人だったと思います。それだけに…

連載一覧に戻る 編集長の独り言に戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBA
株式会社アイダックデザインジープ越谷WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.