AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 読者投稿コーナー > 読者投稿コーナー応募要項
連載 REGULAR ARTICLES 読者投稿コーナー応募要項アメ車&逆輸入車&ハーレーの記事(情報)を大募集!

読者投稿コーナー応募要項

素人上等!上手い下手は関係なし。お気軽にご応募下さい!

アメ車ワールドの『読者投稿コーナー』は、プロ、アマ問わず、誰でも応募可能です。
内容的にはアメ車&逆輸入車&ハーレーに関することであれば、愛車紹介でもイベント紹介でもアメ車写真集でも特定の車両や事象に関する考察でも何でもOK。
「自分の写真や文章を多くの人に見てもらいたい」と思う方はもちろん、クラブやイベントの宣伝をしたい方もどんどんご利用ください。
※ご応募いただいた全ての作品を無条件で掲載するわけではありませんのでご注意ください。

更新日:2017.01.06文/田中 享(Tanaka Susumu) 写真/田中 享(Tanaka Susumu)

投稿方法と作品の応募をする際の注意点

■応募資格
誰でも応募可能です。プロ・アマも問いません。内容が自社商品の直接的な宣伝でなければ業者(メーカーやショップ関係者)さんでもOKです。

■応募方法
写真と文章を一つのフォルダに入れて圧縮し、それを『宅ふぁいる便』や『ギガファイル便』といったデータ便にてアメ車ワールド編集部に送信して下さい。
データ便を使わずに、メールで直接応募する場合には、圧縮ファイルのサイズが8MB以内とさせていただきます。また、1つの作品を複数のメールに分けて応募するのはNGとなります。重い作品の場合には、必ずデータ便をご利用ください。
※日本語のファイル名はエラーの原因となりますので、ファイル名は半角英数字のみで構成して下さい。

■データ便の送信先(メール及びデータ便)
info@amesha-world.com

■メールには必ず下記の項目を記載して下さい。
1・氏名(要フリガナ)
2・住所
3・電話番号
4・年齢
5・職業
6・ペンネーム(なくてもOKです)

■写真について
写真のサイズには制限があります。
写真は、縦横どちらかの長い方が800ピクセル以上、4000ピクセル以内とさせていだだきます。
写真の枚数は、1作品につき30枚以内です。

■文章について
文章量(文字数)に細かい制約はありません。
写真メインの作品の場合は短文(簡単な写真の紹介)でOKです。逆に、文章メインの作品については、長くなってもOKですが、一応の目安として、一作品につき文章は長くても原稿用紙30枚以内にして下さい。

■原稿料(写真撮影料)について
アメ車ワールド編集部の担当スタッフが「これは!」と思った優秀な作品には原稿料をお支払いします。
金額は1作品につき3,000円とさせていただきますが、とくに優秀な作品については5,000円をお支払い致します。
※イベント告知については原稿料の対象外とさせていただきます。

■掲載基準(審査方法)
アメ車ワールド編集部のスタッフが応募作品を見て(読んで)、「これは掲載に値する」と判断した作品のみ掲載いたします。メールや電話でお問い合わせいただいても、審査内容などについては一切お答え致しませんのでご了承ください。
掲載時には事前にご連絡いたします。その際に、原稿料の振込先をお伺いいたします。

■作品の返却について
ご応募いただいた作品はいかなる理由があっても返却は致しません。掲載しなかった作品についても消去させていただきます。

■盗作や無断使用は厳禁!
他人の作品の盗用はもちろん、ネットで拾った素材(写真や文章)などで構成された作品も掲載不可となります。盗用や写真素材などの無断使用が発覚した場合には、当該記事はすぐに削除します。また、掲載後に盗用が発覚した場合、原稿料を返還請求させていただくのは当然として、法的措置も検討いたします。

■商品の宣伝など、業者の投稿はNG!!
このコーナーには、ショップ(業者)による販売車両の宣伝や、パーツやグッズなどの商品の紹介は掲載致しません。ご応募いただいても即ゴミ箱行きとなります。

写真はデジタルカメラでなくとも、スマートフォンなどで撮影した写真でも問題ありません。写真はデジタル写真のみとさせていただきます。プリント写真(紙焼)を郵送しても無効となります。古い紙焼写真をスキャンするのはOKです。
上の写真は撮影中のカメラマンを9,800円のコンデジで撮影したものです。写真や文章は上手いに越したことはありませんが、下手でも問題ありません。作品にとって重要なのは上手い下手ではなく、面白いか?面白くないか?です。

例えばこんな作品を募集します。

(例1)イベント紹介
最もありがちなのはイベント紹介だと思います。
「何処そこの何というイベントに参加しました。その時に撮影した写真です」といった作品。
これは実は編集部的には非常に助かります。というのも、少数で運営しているアメ車ワールド編集部は、日本各地で開催されるアメ車&逆輸入車やハーレーのイベント全てを取材することは出来ないからです。とくに地方のイベントについては、最近はなかなか取材に行く余裕がないので、地元のユーザーさんが写真を送ってくれると大助かりです!(笑)

(例2)愛車自慢
これはちょっと難しい題材となります。
アメ車ワールドで紹介する以上、素人さんがブログで愛車を紹介するのとは違いますので、写真にしろ文章にしろ、それなりのクオリティが求められます。
重要なのは「自分以外の読者(ユーザー)に対して有益な情報が含まれているか?」という部分。
例えば「足回りをローダウンするのに、何処のメーカーのどのサスを使って、ダンパーはどうしてるけど、ここが良くてここはイマイチ」といった文章や、「エアクリーナーとマフラーを変えた。結果的に音は良くなったけど、速さはあんまり変わらない」とか、そういった具体的な情報が書いてあれば、興味を持つ読者も多い=掲載に値するとなります。
写真についても、カスタム箇所、故障箇所、破損箇所など、何らかの情報が含まれている部分カットが多く撮影されていれば、これもやはり読者の興味を引くと思います。
要はそれを読んだ(見た)読者が「これは凄いな」とか「勉強になる」とか、興味を示してくれる内容であればOKということです。

(例3)DIY系ネタ
自作カスタムや、自作レストアなどの記事になります。
愛車自慢と被る部分はありますが、もっと特定の箇所(部分)にスポットをあてた記事となります。
「スプレー缶でGTラインを描いてみました」とか「ボンネットをラッピングしてみました」とか「追加メーターを自分で付けてみました」とか、題材は何でも良いのですが、重要なのは、『写真などでDIYの過程が読者に見えること』となります。完成状態の写真だけあっても読者には刺さりません。最低でも使用前と使用後の違いがわかる材料が必要。テレビ番組の『大改造!!劇的ビフォーアフター』をイメージしていただければ?という感じです(笑)

(例4)イベント告知
そのまんまです。イベントを主催される方がご利用ください。投稿される際には、『何時、何処で、何をやるのか?』を明確に書くのはもちろん、なるべく詳細な情報をご記入ください。

(例5)写真集
アメ車や逆輸入車やハーレーを題材とした写真作品。
「アメリカに旅行した際に撮影したかっこいいアメ車です」とか、「希少なモデルをオーナーさんに頼んで撮影させていただきました」とか、とにかく写真メインの投稿になります。
海外などで撮影した写真の場合には問題ありませんが、日本で撮影した自分以外の所有する車やバイクの場合、必ずナンバーは消してから応募してください。
※読者投稿コーナーに掲載する記事については、原則としてアメ車ワールド編集部では写真の補正や修正は致しません。


 以上、いくつか例をあげてみましたが、上記に合致している必要は全くありません。逆に我々が考えつかないようなネタが出てくることを期待しています。

 原稿料(掲載料)は微々たるものですが、仮に月に10本の記事が掲載されればガソリン代くらいにはなると思いますし、また、このコーナーをきっかけにプロデビューすることも決して夢物語ではないと思います。大昔には某情報誌のイラスト投稿コーナーをきっかけにデビューしたイラストレーターもいます。

 とにかく、プロ、アマ、年齢、性別などは一切関係ないので、お気軽にどんどんご応募ください!



連載一覧に戻る 読者投稿コーナーに戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック
株式会社アイダックデザインWEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.