AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集長の独り言 > 2018 シボレーコルベット ZR1 (Corvette C7 ZR1)
連載 REGULAR ARTICLES 2018 シボレーコルベット ZR1 (Corvette C7 ZR1)これがホントに最後のFR駆動のコルベットなのか?

2018 シボレーコルベット ZR1 (Corvette C7 ZR1)

今年8月には発表される可能性が高い

すでに既定路線となっているコルベットZR1の登場。C7最後のモデルにして最強の存在と謳われている。そして来年、C8がミッドシップとなって登場するという噂である。

更新日:2017.06.16文/編集部 写真/

C7最後にして最強のモデル

 C7コルベット最後の最強モデルであり、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンをライバル視し、それら以上のスペックを持つと言われる2018年型シボレーコルベットZR1。

 すでに世界各地のサーキットでプロトタイプのテスト走行が確認されており、その存在自体は公になっていると言っても過言ではない。だが、各方面にて調べを尽くしても搭載エンジンに関する正確な記述は存在しない。

 一部ではターボエンジンじゃないか、との噂が存在したが、6.2リッターV8エンジンというのが基本路線。ただし、700hpオーバーらしいとの話もあり、過給器によるパワーアップの可能性も否定できない。また、ZR1にはGMが開発した10速セミATが新たに搭載され、カーボンパーツを多用した軽量ボディになるとの話もある。

 で、最近新たに報告されているのが、コンバーチブルの存在。クーペとコンバーチブルとではリアウイングの形状が異なり、コンバーチブルには高さの低いリアウイングが装着されているという。

 すでに既定路線となったZR1は、早ければ今年8月には発表されるというが、果たしてどうか?

 そして来年のデトロイトには、ミッドシップのC8コルベットが発表されるらしいのだが、そんなに予定通りことが進むのか? 非常に興味深い。
C7コルベット最終モデルとなるZR1。700hp超えるハイパワーと軽量化ボディの組み合わせで、世界中のスーパーカーたちとバトルを繰り広げる。
コンバーチブルには高さの低いリアウイングが装備されている模様。真横から見ると、ドーム状になっているエンジンフードの形状がよくわかる。



こちらはコンバーチブル。

連載一覧に戻る 編集長の独り言に戻る

日本カリフォルニアカスタム_クリスマスキャンペーンQUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.