AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集長の独り言 > 2020 シボレーコルベットC8
連載 REGULAR ARTICLES 2020 シボレーコルベットC8ゾーラダントフ悲願のミッドシップ化

2020 シボレーコルベットC8

相手はポルシェかフェラーリか

待ちに待った、と言っていいのだろうか。このC8登場のあかつきには、FRコルベットじゃなくなっているということである。C8新情報を含め、まとめてみました。

更新日:2018.05.31文/椙内洋輔 写真/編集部


画像は、下記動画からキャプチャーで保存したもの。あくまで予想モデル。正式発表モデルではないので、ご注意ください。それでも輪郭は十分に描かれていると思う。



2020年に登場予定のMRコルベット

 コルベットといえば、FR。相手がRRのポルシェだろうが、MRのフェラーリだろうが、FRで勝つ。

 まあ、勝つとは言っても単なるタイム計測の話であって、FRのコルベットは、少なくともRRのポルシェやMRのフェラーリが持っている長い歴史と伝統と車体の個性を持っていた。走ればコルベットの味というやつが確実にあったのである。低いボンネットがもたらす旋回性能にリーフバネの乗り味、…etc。

 そういう点でいえば、コルベットは間違いなく名車である。ポルシェやフェラーリと比肩するアメリカ最高峰のFRスポーツマシンである。

 だが。そういう見方があるにもかかわらず、FRのコルベットはMR(ミッドシップ)として生まれ変わる。これまでは噂の域を出なかったが、今は確実な話としてデビューを待つのみ。

 で、そのMRコルベットは果たしてどうなるのか、今ある情報を元にまとめてみる。まず、なぜMRなのか? 過去ゾーラダントフがコルベットのMR化を望んでいたからなのか?

 過去のいきさつについてはあまり詳しくはないのだが、コルベットがMRになる一因はカマロである。何をいきなり、と思うかもしれないが、カマロの存在が拍車をかけたことは間違いない。

 とくに第6世代のカマロの出来栄えは素晴らしい。ここ最近乗った現行カマロのZL1の速さは尋常な速さではなかった。筆者的にも体感で「コルベットよりも速いのではないか?」と本気で思ったくらいである。ボディの剛性、エンジン、ハンドリング、サスペンション、…etc。

 GM首脳陣も同じことを考えたのだろうか。実際カマロがニュルを走るとコルベットよりも速いタイムを出すことがあったらしい。そういう中で、コルベットがコルベットとして存在していくために、あえてMRに変化する。逆の言い方をすれば、カマロが素晴らしく速くなりすぎて、コルベットを追い出してしまったとも言えるかもしれない。

リアも現行のスタイルの派生型として考えられる。こうやってみるとMRコルベットも悪くないとは思うが、果たしておいくらに?


 もちろん、GMの中には、コルベットでやり尽くした感もあったのだろう。恐らく、現状のコンセプト(低重心FRのリーフバネ、OHVエンジン)ではマックスのところまで来ており、これ以上を望むなら、そういったコルベットらしさを捨てなければならない。だったらMRへ~、か。

 最新のZR1はコルベット史上最強のFRマシンである。だから次なる分野に新たに挑戦するという気持ちもわからなくはないが。

 で、新たなMRコルベットの誕生である。ボディは、ノーズが短くワイドであり、リアにかけて長く、MRらしいバランスのとれたパッケージングを実現している。期待のガルウイングは採用せず、アルミを多用した軽量ボディが特徴である。

 気になるエンジンは、V8DOHCツインターボ。このエンジンはCT6Vスポーツに搭載されるエンジンだが、排気量を4.2から5.5へアップさせると言われている。ベースエンジンが550hpだから排気量アップにて700hpレベルか。

 アメリカ本国では、4000万円のプライスタグをつけたフォードGTと比較されることもあるが、MRコルベットはそこまでの価格帯にはならずNSXやフェラーリV8レベルと予測されている。

 実際、MRコルベットはポルシェターボをターゲットマシンとし、比較テストを日夜こなしているというから、そのレベルのマシンが登場するのだろう。

 なお、朗報ということになるのだろうが、MRコルベットには、V8エンジン以外にもV6エンジンが用意されるという(こちらはまだ噂レベル)。そちらは現地価格で7万から8万ドルの廉価版(現コルベットと同様の価格帯もしくは若干のプライスアップ)といわれているが、どうなるだろうか。ハイブリッドも用意されるというが。

 FRコルベットの価格帯にはV6マシンを用意し、対ポルシェ&フェラーリ用のV8マシンという異例のラインナップが果たして本当に実現されるのだろうか。

 実際の速さとは関係ない、味の部分ではもはや最高レベルのFRコルベット。それを捨て、あえて一からMRに挑戦する姿勢に期待は抱くが、果たして一般庶民のわれわれに手が届くモデルとなるのだろうか。そこが一番重要な部分であったりする。

 2019年モデルとしてFRコルベット最強のZR1が発売され、2020年モデルとしてC8が登場すると言われている。乞うご期待である。

あくまで予想モデルだが、結構イケてるのでは、と思うほどリアル。

連載一覧に戻る 編集長の独り言に戻る

日本カリフォルニアカスタム 汎用 空気圧モニタリングシステム U903QUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー
株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.