AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集部が選ぶお買い得な中古車情報!! > キャデラック コンコース (CADILLAC CONCOURS)
連載 REGULAR ARTICLES キャデラック コンコース (CADILLAC CONCOURS)キャデラックの伝統的デザインを残す最高峰サルーン

キャデラック コンコース (CADILLAC CONCOURS)

90年代のGMを象徴する1台。FFキャデラックの最終完成形かも?

コンコース(通称コンコ)は、伝統的なアメリカンセダンの血を受け継いだボディに気鋭のノーススターエンジンを搭載した、一代限りの名車。絶版になったのがつくづく惜しまれるモデルだが、中古車市場ではまだまだ現役です!

更新日:2014.12.26文/石山英次 写真/田中享

取材協力

インポートカーグローバル
TEL 0963607800 [ホームページ] [詳細情報]

11代目ドゥヴィルの上級グレードがコンコース

 わが国では単にコンコースとして販売されたこのモデルは、正式にはドゥヴィル・コンコースという。キャデラックの伝統的なラグジュアリー・モデルの名前であるドゥヴィルの、派生モデルなのである。

 ドゥヴィルは9代目(85〜88年)のときに、フルサイズボディにFRというDプラットフォームに別れを告げる。全長5mを切る中間サイズの前輪駆動版Kプラットフォームを使うことになったのだ。これはセヴィル史上最小の3代目と同じプラットフォームである。しかし、この縮小が、伝統的なキャデラック製サルーンの顧客に評判が悪かったため、ホイールベースを延長し、やや体躯を大きくした10代目へ移行する。

 そして11代目(94〜99年)で、一気にドゥヴィルは商品性を刷新する。使用するKプラットフォームが、セヴィルの4代目移行と共に、世界戦略レベルの技術内容を持ったものになったのだ(今回の取材車輌はこの代の97年もの)。
 内外装も、旧来の伝統的なアメリカ製高級車のモチーフは残しつつも、デザイン全体は現代的なクリーンで洗練されたものに。そしてまた、この11代目で、旧いOHVユニットを積むベースグレードに加え、ノーススターV8DOHC搭載車も用意されることになった。その上級グレードがドゥヴィル・コンコースと名づけられたのである。

 この11代目ドゥヴィルは、96年のマイナーチェンジで、ベースグレードにもノーススターが搭載されるようになるが、それはセヴィルではSLSに載せられる標準仕様。対してコンコースのほうは、STSが使う高出力仕様を与えられたのである。そしてドゥヴィルは、FFのKプラットフォームのまま2000年に12代目に移行し、名もDHS/DTS(ドゥヴィル・ハイラグジュアリー・セダン/ツーリング・セダン)と変わるのである。
 結局コンコースの名は、この一代で消えることになったのだ。
モダンでありながらも、往年のアメリカ車のモチーフを色濃く残すスタイリングが特徴のコンコース。
太いCピラーや、せり立ったリアウインドーは、1980年代のキャデラックのイメージを踏襲したものだ。
前後P225/60R16タイヤがもたらす柔らかい当たりの乗り心地は、この世代がもたらす独特なもの。

あらゆる部分が滑らかかつ柔らかい

 試乗車は、97年型コンコース・エグゼクティブ。ヤナセもののD車で走行3.5万km。ボディカラーはブラックで価格は158万円とのこと。
 見た目の印象は、実にアメ車らしいアメ車であり、フル装備のアメリカン高級フルサイズセダンだ。今で言うところの「ワールドスタンダード」を公言する前の、アメリカ国内専用車的な風情を漂わす、最後のキャデラックである。

全長x全幅x全高:5335mm×1940mm×1450mm
ホイールベース:2890mm
車両重量:1820kg
最低地上高:150mm
最小回転半径:6.4m

 堂々たるサイズでありながら、でも、意外なほど取り回しは楽だ。また乗り心地も抜群に柔らかい。大きくてソファーのようなシートは、あくまでもソフトでふんわりしている。乗車定員は6名だが、室内は広く、足下の広さは特筆ものである。この時代のキャデラックは、室内寸法の数値には現れない広さが確実にある。

 搭載されるエンジンは4.6リッターV8DOHCで最高出力279ps/5600rpm、最大トルク41.5kg-m/4000rpm。組み合わされるATは4ATだが変速ショックは皆無に近い。動き出しは非常に軽やかかつ滑らかであり、FF駆動がもたらすトルクステアなどの嫌らしさはほとんど感じない。

 シャシーは、当時のセビルと共用するが、性格はかなり違う。セビルが若々しいスポーティなイメージを強調しているのに対し、こちらはあくまでもジェントル。もちろん自分でステアリングを握るのが普通だが、セビルと違ってショーファードリブン的に後席に乗ることもお勧めできる。
デジタルメーターが今もなお正確に作動している。
エンジンは93年に登場した4.6リッターのノーススターV8DOHC。キャデラック初の大排気量DOHCエンジンであり、279ps/5600rpm、最大トルク41.5kg-m/4000rpmを発生させる。
ウッドとレザーに包まれた往年のキャデラックらしさ溢れるインテリア。ベージュのレザーが明るい印象をもたらす。若干の使用感はあるが、機能的に劣るものはなにもない。
レザーシートはキャデラックらしい厚みのあるもの。この時代特有の、まるでソファーのような逸品である。コラムシフトも手伝って、前席は広々としている。

90年代を代表する名車の1台

 実際に乗って街に出たが、ステアリングの軽さが非常に印象的だった。といっても反応がないというものではなく、あくまでも現代のクルマと比較して、ということだが、旧世代のアメ車のイメージが俄然甦る。
 走り出しからトルクを感じさせ、細めのタイヤ(60偏平)がもたらす軽い動きと相まって、大柄ボディのアメ車という重さをまったく感じさせないのだ。また、この時代のアメ車に共通の視界の良さも好印象であり、初めて乗ったその日から数百キロのドライブも普通に可能である。
 
 軽いステアリングを握り肉厚の柔らかいシートに包まれての、この軽くて柔らかい希有なドライブは、まさに夢心地(ただ乗り心地がいいという世界ではない)。果たして、現代のクルマにこういった独特の世界観を持ったクルマが存在するのだろうか? アメ車好きならこの独特の世界観に浸れるだろう。

 コンコースに乗っていると、なぜだか飛ばそうと思わないから不思議である。下手にカスタムやドレスアップをすることなく、この味を生かしたままノーマルで大切に乗りたいと思わせる1台である。
今の時代の硬質なキャデラックももちろん素敵だが、この年代の懐かしい味わいも絶対にお勧め。今だからこそわかる感触がつまっているだの。
リアシートの足下スペースも広大であり、後席中心のオーナーになったとしても十分な満足感が得られるはずである。
せり出したリアランプ周りは、1950年代に流行したテールフィンをモチーフにデザインされたもの。このテールを模したクルマが後に登場するほど、影響力を持ったデザインだった。
見た目でわかると思うが、広大なトランクスペースを有している。

連載一覧に戻る 編集部が選ぶお買い得な中古車情報!!に戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会アメ車オーナーミーティング2017WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.