AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ASDN タイアップ企画 > 新型フォードマスタング (FORD MUSTANG)
特集 SPECIAL ARTICLES 新型フォードマスタング (FORD MUSTANG)控えめだからこそ、逆に品良く目立つ

新型フォードマスタング (FORD MUSTANG)

すでに日本上陸を果たし近日中に取材予定

ラスベガスで開催されたセマショーには、大方の予想通り様々なモディファイが施された新型マスタングが数多く出展されたが、ここで紹介する車両も同ショーに出展された1台。ショーカーとしては控えめな手法だが、新型マスタングには意外にも控えめがマッチしているように感じるのだった。

更新日:2015.01.13文/椙内洋輔 写真/林剛直

取材協力

ASDN事務局
TEL 052-408-0620 [ホームページ] [詳細情報]

ガレージダイバン
TEL 03-5607-3344 [ホームページ] [詳細情報]

新型ボディならではのカスタム手法

 新型マスタングのスタイリングは、これまでの懐古主義的なデザインから脱し、流麗なスポーツクーペとして新たに生まれ変わっている。だからこそ、この新型をカスタムする際にはこれまでの旧箱型ボディとは異なる手法を用いなければならないはず。
 
 すでにいくつかのメディアで報道されているが、たとえばガチガチのエアロでボディ周りを固めてしまうと、新型の流麗なるボディラインの抑揚が消えていまし、まるでフォードトーラスのように見えてしまうし、ボディのタテヨコ比率とホイールベースの関係上からか、リアに大きなGTウイングを付けてしまうと、これまたボディの間延び感がでてきてしまい、フロント&リアの前後バランスがおかしくなり、一瞬にしてダサくなって見えてしまう。
 
 まったくの私見だが、新型マスタングこそ流麗なるクーペだからこそのいじり方あるはずだし、派手な突起物は使わずに、ボディの抑揚を一段と大きく見せるフェンダー×ワイドボディこそがマッチしているはずである。

 そんな意識で新型を見ていると、昨年のセマショーに出展された新型ベースのカスタムカーの中に異色の1台を発見した。イエロー×ブラックボディのV8マスタングGTである。
 
 ショーカー出展という制約上、どうしても派手になるのは仕方ない。だが、個人的には上野動物園にパンダを見に行く感覚しか持てなく、どうにもショーカーという存在には興味が持てない。だからこそ、このイエローマスタングを見たときは、意外にもカッコイイとハッとさせられたのだ。
新型マスタングの雰囲気を一切乱さずにカスタマイズしたイエローマスタング。
ストリートフェンダーフレアという名称のディフェンダーワークス製オーバーフェンダー。あえてペイントしなかったのはショー仕様として形状をハッキリと主張するため。ボディ同色にペイントすれば、また違った雰囲気を発するに違いない。
ホイールはVOSSENの新作である「VRF-1」 22インチであり、ユーロテイスト溢れる細身の10本スポークは最近のトレンドであるという。
ハイマウントストップランプを内蔵するルーフスポイラーを装備。
レーシーな雰囲気をもたらすステッカーチューンだが、このマスタングではスポンサーロゴのステッカーもブラックに統一し、全体の雰囲気をトータルでコーディネートしている。
こちらもディフェンダーワークス製のアルミ製フューエルキャップ。こういったパーツは本国USディーラー公認のパーツでもある。
サイドウインドールーバーはディフェンダーワークス製。「ファストバック」の名称が復活した新型マスタングだけに60〜70年代テイストがイメージできるこのパーツはよく似合う。

品良く控えめにまとめた1台

 ケバケバしいショーカーが居並ぶ中、イエローボディをベースにブラックパーツを散りばめ、品良く控えめにまとめた1台だ。
 
 これまでのようにアメリカンテイスト溢れる旧型ボディでは似合っていた手法だったとしても、新型のボディに似合うとは限らない。やはりワールドワイドなマスタングとなる宿命を背負っているだけに、世界共通の品の良さ(アメリカ的アクの強さは弱まった)を身につけただけのことはある。
 
 ボディは基本的にノーマルベースであり、各種ビレット系パーツやエンブレムロゴ、ルーバーが装着されているに過ぎず、全体的なイメージの構築はやはり足回りにあると言えるだろう。
 
 この約1インチローダウンされた足回りは、アイバッハのスポーツサスにて施工されており、22インチホイールが組み合わされている。このホイールは、最新のフォローフォーム製法を採用した鋳造ホイール・VOSSEN VRF-1 22インチであり、ユーロテイスト溢れる細身のスポークが新型の品の良さに非常に良くマッチしていると思う。
 
 加えて装着されているオーバーフェンダーは、0.75インチと小振りなサイズだが、下げられた車高とツライチにセットされたタイヤ&ホイールと絶妙にマッチしており、すでにこれだけでも十分なカスタマイズ効果を発揮していると言えるだろう。しかもペイントせずにあえてブラックとしたことでイエローボディを一段と引き立てている。ボディラインが一段とキレイに見えるから効果大だ。
 
 と同時にボディセンターに走るドライカーボンのストライプがフェンダー&ホイールとマッチし、絶妙なるワイド&ローなマスタングが完成したのである。

ASDNのオプショナルパッケージ車

 このマスタングGTファストバックは、ビレット系のエクステリアパーツを中心に、車種を問わずにさまざまなドレスアップアイテムをリリースしているディフェンダーワークス社と、アストロ時代から日本に最新のアメリカンカスタムを提案してきたガレージダイバンがコラボして製作した車両であり、実作業は西海岸を代表するコーチビルダーのモンタージュモータリングが担当しているという。
 
 このマスタング、目立ってなんぼのド派手なカスタムカーが大量に集うセマショー会場にあっては、ともすれば埋没してしまいそうなほど控えめな仕様で仕上げられているが、逆にそれだからこその輝きを放っており、同時にそれはこの車両がASDNのオプショナルパッケージ車としての販売が意図されているからにほかならない。
 
 ちなみに余談だが、ここに装着されているパーツは本国フォードのディーラーオプションとなっているものがほとんどであり、USディーラー公認のアフターパーツでもあるのである。
 
 日本のユーザーがストリートで楽しむことを前提に製作されている以上、そのままでは車検に通すことができないような非現実的なカスタムは論外だし、現在のマスタングのファン層を考えれば「見る人が見ればわかる」的なさりげなくもセンスが良いスタイルを追求したこの仕様は正解だろうと思う。
 
 個人的な好みを言わせてもらえば(この仕様でも十分なんだが)、ステッカーやバイナルグラフィックを全部削除し、センターストライプは新型シェルビーGT350のようにオーソドックスな2本のストライプにするか、それともストライプなしでフロントボンネットフード全面をブラックにするか…。どちらにするかは、今月取材予定の実物を見てから決めようと思う。
この車両はすでに日本に上陸しており、ガレージダイバンにて展示されているから、興味ある方は足を運んでみるといいだろう。
ドライカーボンセンターストライプの横に装着されたGTエンブレム。これはアルミ削り出しのパーツであり、ブラックのラインに合わせるために、あえてマットな風合いとしている。
リアガーニッシュに装着されたビレットエンブレムとV8ロゴ。
リアバンパー下にはボディカラーにあわせたディフューザーが装備され、マフラーはギブソンをチョイス。V8サウンドがより一層野太い刺激的なものに変貌する。
<関連記事>
>> 写真で見るSEMAショー を見る

特集一覧に戻る ASDN タイアップ企画に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)マグナフローマフラーAUTO-X(オートクロス)クレイジーカラーズアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ
HEARTS RIZING(ハーツライジング)BURNER IMAGESNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.