AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > フォードマスタング エレノア (MUSTANG ELEANOR)
特集 SPECIAL ARTICLES フォードマスタング エレノア (MUSTANG ELEANOR)先代マスタングをベースに製作されたコンプリートカー

フォードマスタング エレノア (MUSTANG ELEANOR)

V6ベースでもその存在感は圧倒的

2013年型フォードマスタングをベースに製作されたエレノアを紹介しよう。しかもベースとなるモデルはV6搭載車だけに期待は大きい。

更新日:2017.08.28文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

ガレージダイバン
TEL 03-5607-3344 [ホームページ] [詳細情報]

先代マスタング特有の現代版エレノア

 エレノアとはフォードマスタングをベースに製作されたコンプリートカーの名称である。エレノア(ELEANOR)というネーミングの元になったのは、2000年に公開された『60セカンズ』というハリウッド映画の中に登場する劇中車であるが、この劇中車のデザインをモチーフにして先代マスタングベースに製作されたカスタムカーが現代版エレノアである。

 今回紹介するエレノアは、先代モデルとなる6代目マスタングをベースに開発されたエレノアであり、エレノアとしては通算3代目と言える存在である。すなわち、ベースとなるマスタングのマイナーチェンジにともなってエレノア自体もその都度進化してきた経緯がある。

 初代モデルは2006年~2009年。2代目モデルは2010年~2012年のマスタングに、そして3代目は2013年~2014年のマスタングに対応している(先代マスタングは2014年型が最終モデルとなる)。
各種パーツの装着によってボディラインに迫力が増している。
エレノアは、マスタングのマイナーチェンジにともなってその都度同時に進化してきた。写真上は2011年型。下は今回紹介する2013年型。2013年型はシェルビー顔に変化しているため、エレノアになっても雰囲気が若干異なっている。
こちらは以前紹介した2013年型エレノア。
ホイールのセレクトは自由であるから、オリジナリティを出すことも可能。
小ぶりのリアテールに2013年以降のテールライトが独自の雰囲気を醸し出す。
ボディサイドのエアロパーツは3世代あるエレノアの共通部分。

シェルビー顔のエレノアこそが本当の姿?

 現代版エレノアは、3モデルともにサイドとリアのボディキットやサイドマフラーなどについてはほぼ共通デザインで、見た目に明らかに異なるのがフロントバンパースポイラーの形状&特徴的な2連のフォグランプ。初代と2代目は造形的にもかなり近いが、こと3代目に関しては、ベースとなるマスタングのフロントマスクがシェルビーGT500と共通となったことで、かなり印象は変わっている。

 またリアビューについても、2013年モデルから変更された特徴的なテールレンズのインパクトが大きいので、初代や2代目とは明らかに異なる雰囲気を醸し出している。

 3代目ベースのエレノアは、総合的に見れば初代や2代目のイメージを踏襲したキープコンセプトではあるが、細部が現行マスタングのエクステリアデザインに合わせて新設計されており、コンプリートカーとしての完成度は非常に高い。

 エレノアのモデルとなったそもそもの劇中車が、往年のシェルビーGT500ベース(という設定)のカスタムカーであったことを考えると、シェルビーマスクとなったマスタングベースのこの3代目こそが最もエレノアらしいモデルと考えることもできる。いずれにしろエレノアは、3代目にしてついに完成の域に達したと言えるだろう。
もともとフロントグリル内にあったフォグランプをフロントバンパー内に移植しふち取りをブラックアウトしている。

ベースエンジンは問わないコンプリートモデル

 そんな3代目マスタングベースのエレノアを積極的に導入しているガレージダイバンは2013年型を素材としたエレノアを製作し、さらに独自アレンジを加えることでカスタムカーとしてのオリジナル製を一層高めている。

 ベースとなったのは2013年型マスタングV6プレミアム。エレノアといえばV8モデルベースという考え方が基本なのかもしれないが、実際にはモデル形状がほとんど変わらないV6ベースでも当然問題ないわけで、しかもそのV6、3,7リッターエンジンではあるが305hpを発生させるから、パフォーマンス的にも大きく劣るわけではないので、なおのこと問題はない。

 というわけで、エレノアとして生まれ変わったこのV6マスタング、いかがだろうか?

 本国純正色ディープインパクトブルーの艶っぽさ、加えてホワイトレザーっぽいストーンカラーの内装色、さらに独自アレンジとして今回、小型リアスポイラーを採用し、フロントマスクにはこれまたオリジナルのフォグランプを装備、その周辺をブラックにペイントすることで、ブルー&ブラックの演出を試みている。

 それは今回採用するホイール、レグザーにCSS-15 22インチにも貫かれ、同時にリアテール周辺およびナンバープレート周辺のパーツをブラックペイント。日の光の強い場所では発色の良い鮮やかなブルーのペイントに、一瞬かき消されてしまうような心配を感じたが、日陰ではシッカリとその効果を確認できる。
3.7リッターV6エンジンは305hpを発生させるから、全開時のパフォーマンスは相当なもの。6速ATも秀逸。
ホイールはLexani CSS-15 22インチ。タイヤはフロント255/30ZR22、リア295/25ZR22インチ。
中古車ベースでのエレノア製作となっているが、内装等のヤレや傷みはほとんどないといっていい。
ブルーの外装色にホワイトのインテリアがかなりオシャレ。非常に良いコンビネーションであった。
エレノアは、現状、先代マスタングをベースとしたコンプリートモデルだが、果たして最新モデルにも登場するのだろうか? 是非期待したい。

新型モデルにもエレノアは登場する!?

 先代マスタングは、ノーマルで乗ってもそれはそれで十分に満足できるのだが、正直「迫力のアメリカンスタイル」というにはボディサイズが小さい気もしなくはない。

 だが、エレノアとしたことで、一層攻撃的になったそのスタイルに迫力十分と誰もが納得することだろう。

 撮影場所への行き帰りに試乗させてもらったが、元気の良いV6エンジンのエキゾーストサウンドがかなり気持ちよく、その注目度たるや圧倒的だった。

 しかもその満足感は非常に高く、エレノアへの期待は高まるばかりだった。
<関連記事>
>> フォード・マスタング・エレノア 購入ガイド を見る
>> フォード マスタング GT500E エレノア試乗 を見る

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORYアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)BURNER IMAGESNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.