AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > フォードシェルビーGT350 Ole Yeller
特集 SPECIAL ARTICLES フォードシェルビーGT350 Ole Yeller今年のベースはシェルビーGT350

フォードシェルビーGT350 Ole Yeller

若手パイロット育成プログラムへのチャリティ基金へ

青少年航空教育プログラムをサポートするチャリティオークションのために製作された世界に1台のマスタング。今年で9年目となるフォードの試みである。

更新日:2016.07.22文/編集部 写真/フォード


イエローとブラックとグリーンを基調としたカスタムマシンとなっている。ホイールはフォージアート。

戦闘機・ノースアメリカンP-51Dマスタング

 このマスタングは、EAA(Experimental Aircraft Association)という団体が主催している青少年航空教育プログラムをサポートするチャリティオークションのために製作されたマスタングであり、フォードが製作したたった1台しかないカスタムカーである。

 米国ウィスコンシン州オシュコシュで開催予定の世界最大の航空イベント「2016 EAA AirVenture」において披露され、7月28日のオークションで販売されるカスタムカーであり、その名もフォードマスタング Ole Yeller(オーレイエロー)という。

 ベースとなっているのは、2016年型フォードシェルビー350GT。5.2リッターV8エンジンを搭載するそれは、ノーマル状態で526hp、最大トルク429lb-ftを発生させるスペシャルマシンであり、今回はエンジンはそのままに主にボディ等のカラーリングやエアロ等の追加で最大限の変化を発揮させている。

 このフォードマスタング Ole Yellerは、歴史的戦闘機・ノースアメリカンP-51D Mustangからインスピレーションを受けており、明るく人目を引くイエローカラーでペイントされ、ブラックの大型リアウイングや各種カーボンパーツで武装され、フォージアート製ホイールが華を添えている。

リアの大型リアウイングとツートーンカラーのボディがよく似合っている。
 イエローの配色に対して、ウインドー縁とボンネットフードバルジ横とルーフにグロスブラックのラインや縁どりが入り、真横から見るとツートーンカラーのようにも見える。

 また、ボディ下回りやグリル内に光るグリーンのLEDライト。その他にもリアウイングの一部やブレーキキャリパー、サイドミラーやインテリアにも差し色としてグリーンが使用され、イエロー、ブラック、グリーンのトータルコーディネートがなされている。

 このクルマはフォードがサポートする「EAAヤング・イーグルス・プログラム」のチャリティに出品される通算9台目のクルマとなり、これまでに出品された8台のマスタングでは300万ドルの寄付金を調達、青少年に小型機の操縦機会を与える同グループに寄付されている。ちなみに、昨年のアポロエディションは、23万ドルで売却された。

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)AUTO-X(オートクロス)クレイジーカラーズアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ
HEARTS RIZING(ハーツライジング)BURNER IMAGESNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.