AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2018 トヨタタンドラ & セコイア TRD スポーツ
特集 SPECIAL ARTICLES 2018 トヨタタンドラ & セコイア TRD スポーツトヨタフルサイズモデルの強化モデル

2018 トヨタタンドラ & セコイア TRD スポーツ

ボディは若干の変化、足は最強の変化

シカゴオートショーで発表されたトヨタフルサイズ系2台のパフォーマンスモデルとは?

更新日:2017.02.13文/編集部 写真/トヨタ自動車


ヘッドライト回りのデザインが変わり、ブラック系のパーツを新たにまとったことで、スポーティな印象に様変わり。これまでほとんど変化がなかったセコイアだけに注目の的だろう。

まだまだ続く現行モデルの熟成バージョン

 トヨタがビッグ3に対抗して登場させた二代目タンドラは2007年に登場。それから7年後の2014年にビッグマイナーチェンジを受け、その後は若干の変更があるものの、タンドラとしての大きなニュースはほとんどない。

 逆に言えば、それほど大きな変化がないのがいいところ、ということで中古車購入時には「2014年前後」のみを問えば、価格と程度を気にするだけで購入できるのがタンドラの魅力でもある。

 だが…。新車を購入したり、初期モデルのオーナーになった方々には少々頭の痛い問題も。そう、そろそろ飽きがきた場合に乗り換えるべき次なるモデルが見つからないのである。

 それに関しては、タンドラと兄弟車となるSUVのセコイアも同様であり、セコイアに関してはデビュー以来ほとんど変化がないのである。

 じつはずいぶんと前から「2018年にフルモデルチェンジ」との噂がつきまとっていたが、その噂は単なるに噂に終わったようである。

 本国シカゴオートショーで2018年トヨタタンドラ&セコイアのTRDスポーツが発表されたのである。

 これは、タンドラとセコイアに装備されたTRDスポーツのオプションパックであり、ニューバンパー、ニューグリル、20インチホイールに、ブラック仕上げの外装パーツを含み、TRDチューンのビルシュタインショックとTRD製アンチロールバーが装備されている。

 サスペンションが強化され、スタイリッシュなエクステリアを備えた2台のフルサイズモデルは、V8搭載による力強さをより一層引き出すことが可能となる。

 ベースとなるタンドやセコイアには、2018年モデルでニューグリルとLEDヘッドライトが装備され、そのほかでは安全装備の充実によるアクティブセーフティシステムが装備されるという。

 若干のフェイスチェンジを伴う2018年型タンドラ&セコイアの登場は、2017年9月ということだが、これによって彼らのモデルチェンジが2019年以降になったということは間違いないようだ。


特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORYアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ
ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)BURNER IMAGESNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.