AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たち > シボレータホ (CHEVROLET TAHOE)
特集 SPECIAL ARTICLES シボレータホ (CHEVROLET TAHOE)アメリカンSUV、最後の砦

シボレータホ (CHEVROLET TAHOE)

乗れば感じる「これぞアメ車」

丸みを帯びたワールドワイドなアメ車がどんどん誕生してきた2005年以降、それでもアメ車としての意地みたいなものを頑に厳守していたタホ。2006年~2014年までの通称3代目タホは、そろそろ値ごろ感が出てきた。中古車を取材してみた。

更新日:2017.04.24文/椙内洋輔 写真/椙内洋輔

多くのライバルたちの出現により変化

 2006年にこの型のタホ(通称3代目)が登場した時は、まるでレンジローバーかと思うほど洗練されているスタイルだなというのが第一印象だった。それまでの丸みを帯びたスタイルから一気に生まれ変わり、見た目も性能も2段階くらい飛躍した感じである。

 すべての面で大きく変化していたことに驚き、個人的には車格すら向上した感じを受けたのである。

 実際、2006年に登場したタホは、その前の旧型と比べるとまるっきり別ものになった感が強い。これは米国自動車メーカーの聖域であったSUV市場に多くのライバルたちが参入してきたために開発が激しくなり、それまでのトラックシャシーを使用していたSUVの競争力に限界を感じたのかもしれない。

 当時のポルシェカイエンにBMW X5etc。ライバルたちは街中や高速を猛烈なスピードで駆け抜けるSUVだった。タホが彼らとガチで戦うことはないにせよ、シャシー等の全面的な改革が必要だったことは否めない。
1992年から1999年型まで製産された初代タホである。日本でも大人気を博したモデルだが、今この時代のタホを手に入れるには、多少の困難がつきまとう。タマを探すのが難しい。だが、角張ったスタイルがアメ車らしいと人気は依然高い。この時代のタホオーナーが引き続き現行型を購入しているというデータもある。
搭載されるエンジンは、5.3リッターV8エンジンを搭載し、最高出力320hp/5400rpm、最大トルク47.0kg-m/4000rpmを発生させる。圧倒的なパワーではないが、耐久性とアメ車らしいドロドロ感をもたらす濃密なフィーリングは健在。
旧世代のインテリアからすると、一気に20年分以上分くらいの進化を見せた現行型。各部のクオリティにも文句なく、スイッチ類のフィーリングにも明確な違いがある。
インパネの造形以外にも、メーター回りのデザインに旧型の面影を残すものはなにもない。
5.3リッターV8エンジンに組み合わされるミッションは、6速コラムAT。アメ車らしさ全開のコラムシフトの操作性は非常に高い。シフトには、ドライバーズシフトコントロールのボタンが装着されている。このボタン操作によりシフトのアップダウンが可能である。
2000年に登場したこの2代目タホは、2005年まで製産され2006年からここで掲載している3代目にバトンタッチしている。初代から2代目へのモデルチェンジは賛否両論あれど、スムーズに移行できたという。だが、この2代目から3代目へのモデルチェンジは、一気に進化した部分と車格が上がってしまったことで価格帯が上がってしまい、デビュー当初は手の届かない存在とまで言われるようになってしまっていた。

ボディ&シャシーが大幅に変革

 ということで、この型のタホのシャシーは、フロントのトーションバースプリングがコイルスプリングに変更され、前後共にコイル式サスペンションになっている。

 またフロントセクションだけに使われていたハイドロフォームフレームがシャシー全体に採用されたことで、ねじれ剛性も大幅にアップしている。

 ステアリングを反応の良いラックアンドピニオン方式に変更したり、ロアアームをアルミ合金にしてバネ下重量を軽減するなど、GMがシャシー性能の向上にどれだけ力を入れたかが良くわかる。今までのピックアップベースのSUVが、この型のタホから一気に乗用車へと進化したのである。

 ちなみに、初代タホはオフロード4WD的なイメージが強く(K5ブレイザー時代から)、リフトアップしてワイルドに乗りこなすのが人気のスタイルだったが、モデルチェンジを繰り返すたびにマイルドな印象になったためか、カスタムの方向性も次第に変化していった。

 この型の前の世代あたりから大径ホイールを履かせたタホが続々と出現しているが、この新型タホを見る限りやはりオンロード志向のカスタムが似合うだろう。

 旧タホはもともと16インチタイヤを装着しているクルマだったために、大径ホイールを装着するといろいろな弊害も出てきていたが、この型のタホではエスカレードとともに22インチがオプション設定されていたので、大径でも余裕で履きこなすことができるのである。

まさに質実剛健的アメリカンSUV

 このタホには、5.3リッターV8エンジンが搭載され、320hp/5200rpm、最大トルク47.0kg-m/4200rpmを発生させる。

 この型のタホのマスクには精悍さが増し、男性的な強さを強調しているように見える。インテリアにはライバルとなる欧州SUVに匹敵する現代風のアレンジを効かせ、走りからは以前のようなトラック的な緩さや曖昧さが消えた。特にステアリングの正確さと滑らかさは特筆ものである。

 ステアリングに関していえば、ギアの精密さまでもが伝わってきそうなほど洗練されている。だからといってナンパなSUV風になっていないのが嬉しい。むしろシッカリ感が増したことで、非常に骨太なアメ車的な乗り味である。

 キャデラックエスカレードやユーコンデナリなどと多くのパーツを共用しているわけだから、その素地は極めて高い。ただ基本は「タホ」であるために、ラグジュアリー的な要素は控えめである。

 だが、質実剛健という意味においては、旧世代と同様、かなりの耐久性が秘められている。そういう意味でもラダーフレームに大きなボディを載せ、エンジンを縦に置き、V8をドロドロいわせられる最後のタホとしてアメリカンSUV生活を送るのも悪くないと本気で思わせる1台だ。

 性能的には、ポルシェカイエンやレンジローバーなどにも匹敵するクオリティレベルを持ち合わせていながらも、ライバルにはないアメリカ的なおおらかさと10年乗ってもビクともしないという耐久性がタホには付いてくる。まさに質実剛健的アメリカンSUVの代表格として、多くの方々にお勧めである。

 ちなみに、2015年にタホはフルモデルチェンジを行い、現行モデルが登場しているが、価格帯が上がったことにより、日本に上陸したタマ数が非常に少ないだけに希少車だ。一方で取材した型においては、カーセンサーエッジにて調べても25台以上の個体が日本全国に存在していることから、まだまだ入手可能である(かなりイジられていたモデルが多いから個体のチェックは慎重に行いたい)。
昔はアメ車のシートはモケットに限るなどと言われていたが、今やレザーシートが当たり前と言われるほど、タホの車格も上がっている。クオリティの高い室内装備である。
セカンドシートは2名乗車のキャプテンシートをセレクトしている。2列目3人乗車よりも空間に余裕があり、3列目へのアクセスも楽。
もはやこのクラスの3列目シートは、エマージェンシー用ではなく、普通に大人が座れるスペースを有しているのがうれしい。
<関連記事>
>> 2015年型 4代目シボレー タホ (CHEVROLET TAHOE) を見る

特集一覧に戻る 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たちに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.