AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > スバル アセント (SUBARU ASCENT)
特集 SPECIAL ARTICLES スバル アセント (SUBARU ASCENT)スバルの北米専用車種

スバル アセント (SUBARU ASCENT)

逆車として日本に導入しても面白いかも

先日行われたニューヨークオートショーで新たなる魅力を秘めたSUVを発見した。商材としても可能性を秘めているのでは?

更新日:2017.04.27文/椙内洋輔 写真/スバル


北米市場専用車種として米国生産を行うアセントは、新開発の水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定という。

アメリカ生産のスバル北米専用車

 ニューヨークオートショーで公開されたコンセプトカー、アセントSUV。じつはスバル初のフルサイズビッグSUVである。といっても全長×全幅×全高が5050×1990×1840ミリということで、国産のランドクルーザー程度と同じサイジング。

 3列シートの8人乗車で左ハンドルのSUVであり、アメリカ生産のスバル北米専用車というくくりである。

 公開に関しては、ボディのみで搭載されるパワートレイン等に関する詳細は未発表だが、新開発のターボエンジンが搭載されるとの噂である。2.4リッター水平対向直噴4気筒ターボとも言われている。

 ということで全体像を整理すれば、2.3リッター直4エコブーストエンジンを搭載しているフォードエクスプローラーあたりと競合するセグメントSUVという可能性が考えられる。

 上記の排気量であれば、直輸入で日本に持ち込んでも税制的なデメリットはほとんどない。タンドラやタコマ、シエナ、インフィニティ等が日本で広まっていることを鑑みれば、スバルファンの数も劣らないだけに商機があるのではないか。

 一部噂では、日米貿易交渉において「日本でのアメ車の販売普及」が求めれた場合、トヨタや日産は上記のタンドラやタコマ、シエナ、インフィニティをそのまま左ハンドルで売るのではないか、とも言われている。とすれば、販売普及の量はハンパないだろう。

 いずれにせよ、「逆車」ともてはやされているアメ車たちの今後に注目である。

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORYアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.