AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 2018 ジープラングラー (JEEP WRANGLER)
特集 SPECIAL ARTICLES 2018 ジープラングラー  (JEEP WRANGLER)遂に見えた新型モデルのボディデザイン

2018 ジープラングラー (JEEP WRANGLER)

キープコンセプトデザインに一同胸をなでおろす(笑)

現地時間10月31日に新型ジープラングラーの写真、一枚が公表された。それは、われわらが待ちに待ったフルモデルチェンジ後の新しいスタイルだった。

更新日:2017.11.03文/編集部 写真/FCA


左が新型、右が現行の旧型となる予定のモデル。パッと見、ウインカーレンズの位置等以外、同じように見えるのは筆者だけではないだろう。


2018年のジープのさらなる躍進が期待できそう

 ラングラーといえば、日本において、ここ数年で支持率の劇的上昇を得たモデルである。その第一の理由が4ドアモデル、アンリミテッドの存在。そして、あのデザイン。丸目ヘッドライトに7スロットグリル、そしてプリミティブなデザイン意匠が多くのユーザーを惹きつける。

 「現代的なクルマであるにもかかわらず、ちょっと古い雰囲気が刺さる…etc」。多くのファンが発する意見である。

 だが、すでに10年以上のモデルスパンが経過していることもあって、数年前からモデルチェンジが囁かれ始めた。一体どうなるのか?

 FCAという親会社がついたものジープにとっては好都合だった。イタリア人のジープ好きは有名らしく、やはり「あの顔」は残す方向でまとめたのだろう。

旧型のイメージを引き継ぎつつ、モダンなイメージへと刷新されている。嫌いな人はいないんじゃないでしょうか?
 今回発表された写真は、11月下旬のLAショーで発表される2018年型ジープラングラーそのものである。

 見てわかるとおり、ほとんど変わりない。それでいて、搭載されるエンジンには新型の四気筒エンジンが追加で用意されているとか、インテリアが全面的に改良されているとか、8速ATになったとか、ラングラーの雰囲気はそのままにリニューアルされているというから素晴らしい。

 ちなみに、新型でもフロントウインドーは倒れるし、エンジンフードのボンネット開閉のロックは残るし、オールドテイストな雰囲気は継承されている。

 新型の正式発表は約一ヶ月後。2018年も日本国内でジープモデルの躍進が始まる予感である。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.