AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2018 インフィニティQX80 (Infiniti QX80)
特集 SPECIAL ARTICLES 2018 インフィニティQX80 (Infiniti QX80)デビュー7年でマイナーチェンジ

2018 インフィニティQX80 (Infiniti QX80)

パワートレインに変化なし

今年4月に発表されたインフィニティQX80モノグラフは、次期QX80のデザインスタディと言われていたが、この度ドバイモーターショーにて2018年型インフィニティQX80が発表された。

更新日:2017.11.13文/編集部 写真/インフィニティ


デザイン&製作は日本の九州工場にて行われている。フルサイズSUVにふさわしい迫力がプラスされている。

高級ブランド品としての認知

 インフィニティは、ドバイモーターショーにてマイナーチェンジされた2018年型インフィニティQX80を発表した。今回のマイナーチェンジは、主にデザイン面でのチェンジであり、今年4月に発表されていたモノグラフのデザインを引き継ぐもの。

 新しいヘッドライトにテールライト、フロントフェイシアにリアバンパーの変化は、フルサイズSUVとしての迫力をより引き出すものだ。

 くわえてインテリアには若干の手が入り、シートのキルティング加工等によってより洗練された雰囲気を醸し出す。

 これらに組み合わされるエンジンは、既存の5.6リッターV8。400hp、最大トルク413lb-ftを発生させ、7速ATと組み合わされる。パワー的な不足をほとんど感じることなく、トルクに任せた悠然とした走りが堪能できるが、まったく変化がないというのは少々寂しい。

海外では高級ブランドとして認知されているインフィニティ。インテリアの趣も高級品と言われるレベルまで格上げされた。
 ちなみに、この世代のQX80は2010年に登場。すなわち7年後にマイナーチェンジを受け、ここからさらに数年間続くと思われるQX80にはパワートレインの変化がないということだ。

 だが逆に、中古車購入に関して言えば、デザイン面での違いのみ、ということで積極的に中古車購入へと向かう方々が増えるかもしれない。

 世界的に人気のインフィニティのトップグレードSUVは、すでに開発が行われ今年中に発売が開始される。
<関連記事>
>> インフィニティQX80モノグラフ (Infiniti QX80 Monograph) を見る
>> 2011 インフィニティ QX56 (INFINITI QX56) を見る

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP