AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 1967 シェルビーGT500 by Revology Cars
特集 SPECIAL ARTICLES 1967 シェルビーGT500 by Revology Carsフォード認証の新品ボディを使用したリプロダクション

1967 シェルビーGT500 by Revology Cars

エンジンも600hpユニットと搭載

往年のボディをまとった新品のリプロモデルはやっぱり魅力的だった。

更新日:2017.11.20文/編集部 写真/Revology Cars


ラウシュチューンの5リッターV8DOHC+スーパーチャージャーエンジンは、600hp、最大トルク475lb-ftを発生させる。ブレーキやサスペンションも同時にチューンされているから安心して飛ばせる。

往年のアメ車の魅力的スタイルが復刻する

 旧車のレストアやレストモッドの製作において、一番気を使うのがボディの状態である。メーカーがセマショー等に出展するためにワンオフでフレーム製作をするのとはわけが違い、個人レベルやショップレベルでは新品のボディを手に入れることはかなり難しい。

 もちろん、再生するのは可能だろうし、湯水のように金が使えるならそれなりのモノは手に入るだろう。だが、今年のセマに出展されていたRevology Carsの1967年型シェルビーGT500には、フォード社の認証を受けたスチール製の新品ボディが使用されていたのである。

 フォード社から認証を受けているだけあって、ボディデザインも当時のまま。そこに、各種現代的装備とエンジンを搭載していき、最新のリプロダクションモデルを完成させたのである。現地価格21万9,000ドル。オプション料金を払えば右ハンドル仕様の製作も可能というから本気である。

 さて、この新品ボディに搭載されるエンジンは、ラウシュチューンの5リッターV8DOHC+スーパーチャージャー。600hp、最大トルク475lb-ftを発生させる。そこにトレメック製6速MT(OPで4速ATも可)が組み合わされ、高性能大径ブレーキに現代的なサスペンションやタイヤ、LSD等でパワーをシッカリと支えるのである。なお、装着されるホイールは17インチであり、タイヤはファルケンがチョイスされている。

このスタイルとこの雰囲気を味わいたいがために多くの方はレストアするのだろうが、Revology CarsのGT500ならまるで新車のような状態で入手可能である。
 室内は、旧シェルビーの意匠を引き継ぎながらも、LEDライトが照メーターやオプション装備となるナビゲーションやレザーが貼られ、最新の車両に引けを取らない装備空間が製作されている。

 ステアリングにはラック&ピニオンのパワステが、またパワーウインドー(ドアの内張には手回し式のウィンドーレギュレーターが見えるが、これは電動で回転するパワーウィンドーが内蔵されている)やエアコン、3点式のシートベルトといった快適装備と安全装備も充実しているのである。
 
 いわゆるオーダー製作的な車両だけに、豊富なオプションが存在し、正直、金をかければかけるほど、充実したモデルが製作可能であるが、この車両の最大のポイントは、フォードに認証を受けた新品のボディを使用しているということであり、それを最速で走らせる現代的ユニット搭載であり、多くのファンからの熱い視線で満たされていたのである。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.