AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2019 シボレーシルバラード
特集 SPECIAL ARTICLES 2019 シボレーシルバラード 新世代フルサイズピックアップのトレンドは「軽量化」

2019 シボレーシルバラード

機能性およびスタイル含め一気に進化

フォードF150の躍進も重なって、ここ数年のシルバラードは「あまりパッとしなかった」という印象だが、コロラドを含めたミッドサイズの改良が済み、ついにGMが動いた。シルバラードが十年単位くらいでの大改良を行ったのだ。

更新日:2018.01.29文/編集部 写真/ゼネラルモーターズ


これまで以上に念入りにおこなった空力調整。こういったノウハウは6代目カマロの経験値が生きているという。

GMなりの劇的進化を果たす

 2014年後半に登場したフォードF150はアルミ素材を使用して劇的減量を行い、同時にエコブーストエンジン搭載による排気量減の効率を伴って、スーパー高効率のフルサイズピックアップを誕生させた。

 それに対しては賛否両論あったのは事実だろうが、少なくともピックアップをワークとして使用する方々にとっては絶賛の嵐だったに違いない。大きさは必要だが、燃費はいいほうがいいに決まっている。ワーク使用にV8エンジンという贅沢は必要ないと。

 その現象はいまだ続いている。だから当然、次期シルバラードの向かう方向性もそちらに寄った。デトロイトで発表された2019年型シルバラードは、フォードほどの劇的転換は図らずも、GMなりの劇的進化は加えている。

 そのキーワードとなるのが、「軽量化」。同時に発表された2019年型ダッジラムだが(じきに紹介する予定)、そちらも同様にテーマが「軽量化」だった。

 2019年型シボレーシルバラードは、まずデザインが改められた。一時代を築いた90年代のC1500を思い起こさせる強面な硬派なスタイル。さらにアルミ等の複合素材によって450ポンド(204kg)の軽量化を果たし、ボディ、フレーム、サスペンションに至るまで全域で見直され、すべての面でリニューアルされた。

ここ最近のピックアップの高級化を目にしていると、こういったワーク仕様への興味が俄然高まってくる。そしてカッコイイ。質実剛健のイメージはやはりこういったワーク仕様だろう。
 特に強調されたのが、空力。ボディに抵抗を減らす抑揚をデザインし、また冷却に必要なエア導入量を増やすべく、グリル内のエア導入に工夫を凝らしているという。

 搭載されるエンジンは、3リッター直6ディーゼルからはじまり5.3リッター、6.2リッターV8に至るまで6つのエンジンを有し、メインエンジンに組み合わされるミッションは10速ATである。それぞれのパターンとの組み合わせによるモデルラインナップは8種類に及ぶという。

 ボディサイズやベッドサイズを見直し、効率を高めたシルバラードには、室内から操作可能なパワーテールゲート(業界初)が備わり、ピックアップとしての走りとベッドの実用性を高め、さらにはこれまでにない軽量化と効率的な10速ATをともなってフォードF150と市場にて戦うわけである。

 個人的にもっとも気になったのが、ワーク仕様。グリルとテールゲートをブラックアウトしたそれは、17インチホイールを装着したシンプル仕様。シンブルキャブだから、日本にていじれば無限大の可能性を秘めるとともに、抜群のカッコ良さを示せるのではないか、と思ったのであった。

シルバラードが空か登場します!

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.