AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2019 フォードマスタングGT カリフォルニアスペシャル
特集 SPECIAL ARTICLES 2019 フォードマスタングGT カリフォルニアスペシャル再び登場する「GT / CS」バッジ

2019 フォードマスタングGT カリフォルニアスペシャル

「ブリット」に続く派生モデル続々

2018年モデルでマイナーチェンジを実施したマスタングは、矢継ぎ早に派生モデルを登場させている。ブリットに続くはカリフォルニアスペシャルだった。

更新日:2018.03.16文/編集部 写真/フォードモーター


カリフォルニアスペシャルは、1968年にデビュー。その後2007年から再び登場し、その後は定期的に登場するスペシャルモデルである。

続々と登場する派生モデル

 2019年モデルとしてカリフォルニアスペシャルが登場する。ブラックにペイントされたグリル、ボディサイドライン、ブラックペイントされた5本スポークホイール、さらにパフォーマンスパック1のフロントエアスプリッターを装備する特別車両。「GT/CS」と称されるそれは、パフォーマンスカーでありながらも、どこかに気品を感じさせる雰囲気を漂わせ、多くのファンを持つ。

 かつては1968年、そして2007から2009年、2011年から2014年、2016年から2017年と続いたカリフォルニアスペシャルの歴史であり、フォードジャパンが存在していたときにも、限定車として日本導入が行われた経緯がある。

 そんなGT/CSの2019年モデルが発表された。ベースとなるマスタングGTのV8エンジンは、2018年モデルから460hp、最大トルク420lb-ftに改良され、さらに6速MTは、レブマッチ付きのマニュアルシフトにグレードアップしている。

 写真は、コンバーチブルベースとなっているが、もちろんクーペにも対応している。だが個人的にはコンバーチブルこそ最大の魅力を発揮するのではないかと思っている。旧モデルからそうなのだが、マスタングV8のコンバーチブルは特別に楽しく、そして美しい。

 機能だけをみれば、「2018年モデルでもはや十分」と言っても過言ではないが、人とは違うモノを求めるならば、先日お伝えした「ブリット」やこの「GT/CS」こそがオススメと言えるだろう。

 なお、この2018年モデルでマイナーチェンジを実施したマスタングは、矢継ぎ早に派生モデルを登場させている。この先にはあのGT500が備えているだけに、今後も注目必至である。

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.