AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > ジープJ-ワゴン
特集 SPECIAL ARTICLES ジープJ-ワゴンオフロードパーツ満載のアーバンジープ

ジープJ-ワゴン

あのG-ワゴンのオマージュ的仕様とも囁かれる

ジープは、米国ユタ州モアブで行われるジープ・ファン必見のイベント・イースタージープサファリのために毎年カスタマイズカーを製作している。その中に見つけたラングラーのコンセプト。

更新日:2018.05.14文/吉田昌宏 写真/FCA


17インチの大径タイヤ使用により車高が上がったようにも見える。シュノーケルはこうした場所の走りにおいて砂塵がエンジンルーム内に入るのを防ぐ。




あの「G」へのトリビュートモデル?

 コンセプトカーというのは、見た目には楽しいが、実際、現実離れしているものが多く、参考になるものは意外に少ない。だから個人的にはいつも興味がわかない。

 特にカスタムコンセプトというやつは、かなりブッ飛んだものが多く、いや、アメ車の場合はそこがまた楽しい部分ではあるのだが、単なる一般的なクルマ好きの思考からすればかけ離れすぎて眼中に入らない。

 だが、このジープJ-ワゴンはコンセプトカーとしては非常に大人しい。だから派手な車両たちに囲まれてしまうと埋没してしまうのだが。だが、一般的な思考のもと観察すれば、逆に、現実味あふれた非常に魅力的な車両だった。

 ベースとなっているのは2018年型ラングラーサハラ。コンセプトは、オフロードも走るアーバンジープ。フロンマスク周辺にはルビコン用パーツを使用し、グリル内もボディ同色にしている。

 使用されているカラーは「ブラスモンキー」と言われ、17インチホイールも同カラーに塗られ、インテリアにもこのブラスモンキーカラーを使用する等して、統一感を出している。

ノーマルの足でもこういった走りが出来てしまうのがラングラーの魅力。それでいて都会的な雰囲気にもマッチしてしまうからこそここ数年日本での販売も激増しているのだろう。

 一方ボディには、Aピラー周辺には直系5インチの照射ライトを設置し、またエンジンルームにはシュノーケルを取り付け3.6リッターV6エンジンへの砂塵の侵入を防止している。ライトは軍用使用が可能なほどの能力だし、シュノーケルも効果抜群だろう。

 このシュノーケルに関していえば、先日発表された2019年型トヨタタコマTRDにも装着されていたし、今後、ちょっとしたブームが起こるのではないかと予測されている。

 このJ-ワゴン、一部ではメルセデスベンツGクラスワゴンのトリビュートモデルと言われている(だからGじゃなくJ-ワゴン)。だからGクラスのガンメタを意識したグレーボディを使用しているといわれているのだが、まあ、そんなことはどーでもよくて。

 単純にカッコイイじゃないですか。赤や黄色やオレンジのラングラーももちろん良いのですが、こうしたシックなラングラーは、しかも的確なセンスによるカスタマイズによって「ヤンチャぶり」よりもセンスある大人な雰囲気を醸し出しているし。

こうしたオフロード的マシンのイメージを持たせつつも、室内はレザー仕様で高級感を持たせるのもこのJ-ワゴンの魅力。カッコだけでもこの仕様は魅力的だ。
 で、それでいて本格的にオフを走れるのだから、「G」じゃなくて「J」で十分に良いと思うし、積極的に「j」を選んで自分なりの仕上げを施せば、こうしたクールなラングラーにすることも可能なのだから。

 ちなみに、使用されているシュノーケル等は、JPP=ジープ・パフォーマンス・パーツという本国ジープの純正アフターパーツ。いわゆるUSトヨタのTRDやダッジのモパーと同じ関係性。ただし、現状コンセプトパーツということだが、今後発売されることは間違いないだろう。


<関連記事>
>> 2019 トヨタTRDプロ を見る

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP