AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2019 シボレーカマロ
試乗記 TEST RIDE 2019 シボレーカマロマスタングに一年遅れてフェイスチェンジ

2019 シボレーカマロ

バンブルビーを彷彿とさせるフロントマスク

2019年型のカマロが発表された。予定はされていたとはいえ、実はかなりの変化に見える。2018年にフェイスチェンジを行ったマスタング以上の衝撃である。

更新日:2018.04.10文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ


ラインナップは、従来通りの2リッター4気筒ターボエンジンから6.2リッターV8エンジンまで様々なモデルが用意されている。もちろんコンバーチブルも。

デザイン一新でイメージ刷新

 シボレーカマロの2019年モデルが発表された。随分前から噂されていたとはいえ、さらにマスタングのフェイスチェンジがあの程度、ということを鑑みれば、それほど気にする必要はないだろうと、勝手に思い込んでいた。

 だが、遂にデビューした2019年モデルは、結構な衝撃だった。何と申し上げたらいいのだろう(笑)。一瞬チャージャーに見えてしまった方もいるのではないか。まあ、見方や思い入れによって、だいぶ異なる表現になるはずである。

 まずは、ハイライト。ボディ全体、とくにフロントマスク形状が一新され、新たな雰囲気を醸し出している。このフロントマスク、一部では映画トランスフォーマーに登場していたバンブルビーのデザインとの類似性を指摘しているメディアもあるが、筆者的にもまったくその通りだと考えている。

 一方、リアテールも全域で手が加わり変更されている。

 また、メカニズム的な進化でいえば、V8エンジン搭載のSSには10速ATが搭載され、さらに4気筒エンジン搭載モデルに1LEが設定される。これにてV6 1LE、V8SS 1LE、ZL1 1LEにプラスされ、カマロの1LEのラインナップが一新&充実されたことになる。

 4気筒モデルはターボエンジンにて275hp、最大トルク295 lb-ftを発生させ、車両重量バランスが50:50ということで、6速MTを駆使したサーキット走行にも適したエントリーモデルとして最高の一台になる可能性が秘められているのである。

 個人的には、新型にはまだすぐには馴染めないらか、アグレッシブスタイルの2018年までを入手するのがまずはいいと思うが、2019年モデルの実物を見ればまた気持ちが変わるかもしれないのだが。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム クーポンコードウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネル熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.