AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット
試乗記 TEST RIDE 2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャットデザイン上のダブルエアグリル装着

2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット

基本性能はそのままの707hp

華々しいチャレンジャーヘルキャットレッドアイの登場を尻目に、チャージャーの2019年型も発表されている。

更新日:2018.07.02文/吉田昌宏 写真/FCA


オプションのブラックフードにダブルエアダクトを備えたニューグリルを装備した2019年型チャージャーヘルキャット。2019年モデルでは、スキャットパックでも同様のスタイルが可能となる。

チャージャーヘルキャットは707hpのまま

 いわゆる兄弟車、という認識があるためか、2019年型チャレンジャーのモデルラインナップを見ていると、チャレンジャーとチャージャーはどんどん別モデルとしての差が明確になってきていることが分かる。

 たとえばヘルキャット。2018年までは同じく707hpのV8エンジンを搭載していたが、2019年からはチャージャーは707hpのままで、チャレンジャーが717hpへと進化している。

 チャージャーは、基本ベースが変わらずに、新たな装備とデザイン上の変更、主にダブルエアダクトを設けたフロントグリルの変更と各部の熟成がポイントであるようだ。インテリアではトリムの仕様変更がもたらされている。

 新たな装備とは、発進補助機能やラインロック、さらにはブラスモンキーの20インチホイール、ブラックフードのオプションといったところ。
 
 それでもエクステリアの雰囲気は変化し、より一段と硬派なマシンへと印象を高めている。世界中を探しても700hpオーバーのセダンはそうはない。この状態でも世界最速セダンの称号は保持しているのである。

 とはいえ、まったくの未知数だし、話があるわけではないのだが、この先、797hpのチャージャー レッドアイが登場してもおかしくはないとも言えるだけに、ついつい期待してしまうのである。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCDジープ杉並日本カリフォルニアカスタム Newカマロパーツウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネル熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.