AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2011 フォード E-150 XLT
試乗記 TEST RIDE 2011 フォード E-150 XLT中古車市場で希少な最終型フォードEシリーズ

2011 フォード E-150 XLT

程度良好なEシリーズは見つけた時が買い時

第五世代のフォードEシリーズは日本の中古車市場での流通量が極端に少ない。しかし、スーパーデューティトラック譲りの迫力あるデザインや、シリーズの最終モデルならではの完成度の高さは唯一無二と言えるものだし、苦労して程度良好な車両を探す価値は十分にあるだろう。

更新日:2018.07.09文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

ハッピー&ドリーム
TEL 0120-513-050 [ホームページ] [詳細情報]

アメリカンフルサイズバンの元祖的存在

 フォードのEシリーズはアメリカンフルサイズバンの元祖と言える存在で、その歴史は古く、初代モデルは1961年に登場している。

 ただし、この初代モデルはファルコン・エコノラインという名称の通り、フォード・ファルコンをベースにしていたため、サイズ的にはフルサイズとは程遠く、ホイールベースなどは開発陣が参考にしたと言われるフォルクスワーゲンのワゴン(タイプ2)と大差なかった。

 Eシリーズが堂々としたフルサイズモデルとなったのは、1975年に登場した第三世代のモデルから。ピックアップトラックのラダーフレームを使用して開発されたこの第三世代は1991年まで生産された。ちなみにこの第三世代では、商用モデルがエコノライン、乗用モデルがクラブワゴンという名称に区別されている。

 1992年に登場した第四世代は、豊富なエンジンバリエーション&現代でも通じそうなスクエアでシャープなデザインで人気を博し、2007年まで生産されたのだが、2001年のマイナーチェンジ時に車名が正式にEシリーズと変更になった。

 16年もの長きに渡って生産された第四世代のEシリーズは、アストロ&サファリを中心とするアメリカン・バンの影響もあって、日本にもかなりの数が並行輸入されたので、日本人にとって最も馴染みの深いモデルと言えるだろう。

 Eシリーズの最終モデルとなる第五世代は2008年に登場したのだが、2014年に廃止が決定。惜しまれつつも半世紀以上に渡る長い歴史を閉じた。
スクエアなフロントマスクには、熱烈なファンが存在する。
この型がフォードフルサイズバンの最終型である。
クロームバンパーは社外品だが、よく似合う。
V8 5.4リッターエンジンは同年代のリンカーン・ナビゲーターに搭載されていたユニットと基本的に同じ。現代のダウンサイジング・ターボにはない余裕がある。ミニバンならV6でも気にならないが、フルサイズバンはやっぱりV8だろう。
ほぼフルオリジナルの状態を保った車両だが、タイヤ&ホイールだけが交換されている。ホイール&タイヤはMOTOMETAL20インチ&オールシーズンラジアルに交換されている。キャラクターにマッチしたセレクトなので違和感は感じない。

5.4リッターV8を搭載した希少車

 ここで紹介しているのは富山県のハッピーアンドドリームが自社で直輸入した車両で、最終モデルのEシリーズの中でも後期型となる2011年式XLT。

 駆動方式は2WDで、エンジンはスタンダードの4.6リッターV8ではなく、オプションの5.4リッターV8を搭載している。

 この個体は走行約4万kmの中古車だが、外観も内装も7年前の中古車とは思えないほどキレイな状態を保っており、試乗した感じではエンジンや足回りの程度も極上の部類。

 エンジンオイル交換などの定期メンテナンスさえ怠らなければ、あと10年でも20年でも元気に走り続けることが出来そうな車両と感じた。
インパネは2009年にスーパーデューティトラックとスイッチ類が統一されている。

Eシリーズ購入時の注意点は?

 6年ほどで絶版となった第五世代のEシリーズは、そもそもの生産台数が少なく、アメリカ本国でも程度良好な中古車を探すのは大変。

 当然ながら日本の中古車市場では滅多にお目にかかれない希少車となっている。年式やボディカラー、グレードなどに拘った車両探しは無理なので、少ない選択肢の中から少しでも自分の好みに合った車両を探すしかない。

 ただし、Eシリーズの購入時には走行距離は注意した方がいい。走行距離は気にし過ぎるのも良くないのだが、レンタカーや商用車として使われることが多いフルサイズバンの中には、日本人の常識を超える距離を走った車両も存在する。

 最近は減ったとはいえ、中古並行輸入車の中には、不正にメーターを巻き戻された車両が存在しないとは言い切れないので、購入時にはCARFAXやAutoCheckで走行距離が証明されている車両を購入するのがいいだろう。
フル乗車でもこれだけの荷室スペースが残るのはフルサイズバンならでは。
シートは大きくてゆったりしている。3列シートを搭載してなお広大なラゲッジスペースを確保できるのはフルサイズならではだろう。
セカンドシートのサイズ感も言わずもがな。
使えるサードシートのスペースは、さすがフルサイズバンならでは。
前後クロームバンパー、ランニングボード、バグガードを装着している。サイズがサイズなので、トーイングミラーを装着しているのも嬉しいポイント。
必須のランニングボード。
トーイングミラーには慣れが必要だが、便利だ。

フルサイズバンは見つけた時が買い時?)

 フォードのEシリーズに限らず、ビッグ3の伝統的なアメリカンフルサイズバンは現在では全て絶版となってしまっているので、購入するにはもう中古車しか選択肢がない。

 しかし、中古車というのは時間が経てば経つだけ車両の経年劣化は進むし、タマ数も減少していく運命にある。とくにEシリーズの最終モデルのように、日本にほとんど輸入されていない希少車は、悩んでいる間にどんどん選択肢が狭まっていき、いざ購入しようと思っても買える車両が存在しないというパターンも十分に考えられる。

 伝統的なアメリカンフルサイズバンの最終進化系とも言えるEシリーズの購入を検討している方は、「見つけた時が買い時」かもしれないので、ぜひ現車をチェックしてみてもらいたい。
都会にも野山にも似合うフルサイズバン。数が少ないだけに良好なタマは早めにゲットすべし、だ。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCDジープ杉並日本カリフォルニアカスタム Newカマロパーツウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネル熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.