AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > アメ車に乗る者をパーツの面から下支えする「阿部商会」 > タイヤプレッシャーモニターシステム再チェック
特集 SPECIAL ARTICLES タイヤプレッシャーモニターシステム再チェック夏場に多いタイヤトラブルを未然に防げ

タイヤプレッシャーモニターシステム再チェック

そのために愛車の機能不全を確認すべし

猛烈な暑さをしめす今年の夏。そして夏場のトラブル上位にあげられるタイヤトラブル。それを防ぐためにも2008年以降のアメ車はTPMSのチェックをした方が良い。

更新日:2018.07.04文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

阿部商会
TEL 0332332671 [ホームページ] [詳細情報]


2008年以降のアメ車に装着されているTPMS。写真の黒い部分がセンサーとなり車両と電波で結ばれている。このセンサーは長いスパンでの消耗品である。


タイヤ系トラブルを未然に防げ

 2008年以降のアメ車に装備されているTPMS=Tire Pressure Monitoring System=空気圧監視センサー。だから2008年以降の車両は空気圧に異常があればセンサーが教えてくれるために、空気圧不足による偏摩耗やバースト、事故等を未然に防いでくれる。

 だが。このセンサーは消耗品であるから、定期的に交換しなくてはいけない。交換と言ってもオイル交換のような短いスパンではないから、そこまでの管理は必要ではないが、それでも長期の使用であれば、「誰もが一度は交換を経験する」とは言えるだろう(高年式ではない中古車を購入した場合は特に注意が必要)。

 一方で、このセンサーが装着されていない車両が数多く存在する。それは社外品のホイールを装着している車両に多く、そういった車両にはメーター内に警告灯が点灯している。本来なら、社外品に交換してもそのホイールにTPMSを装着すべきなのだ。

 なお、上記のように空気圧自体に問題が起きたときにはメーター内に警告灯が点灯し(メイン写真)、またセンサーが装着されていてもセンサーが寿命を迎えれば同様に警告灯が点灯するので、まずは警告灯が点灯したときに、「自分の車両が何によって警告灯が点灯したのか?」、それを理解する必要がある。

 通常、空気圧の異常を感知しての警告灯の場合は、メーター内にて4輪の空気圧をチェックできるから、それにて判断可能である。だから、それにて確認し4輪に異常がなく点灯した場合はセンサーの消耗が考えられるから、交換という理屈になる。

メーター内に表示される空気圧の数字にて異常を判断することが可能となり、事前にトラブルを察知することもできる。写真では左リア一輪のみ圧が少ないことがわかる。


 ということで、再度チェックして欲しいという記事である。というのも、ここ最近の異常な暑さによって起こりうる車両トラブルの上位にタイヤ系トラブルが含まれているからである。

 ちなみに、トラブルナンバーワンはバッテリーである。これに関しては次回に回すので割愛するが、とにかく夏場に空気圧の変動やパンクといったトラブルが多発しているために注意が必要である。

 編集部では、それもあって汎用の空気圧モニタリングシステムの記事を紹介したばかりであり、それに関してはもともとTPMSが装着されていない年式に有効であるという内容であるが、とにかくタイヤの空気圧には気をつけて欲しい。

 なおTPMSに関しては、下記の関連記事でみっちりやっているから気になるようであれば再読されたし。

 それにしても未だに「TPMSなんか気にしなくていいよ」というショップが存在するというから驚くばかりである。確かに、確認&交換作業には各種電子デバイスが必要だったり、知識が必要だったりとそれなりのモノや知識レベルが必要になる。だから、この部分を「必要なし」というショップは「それらの作業ができないのでは」、すなわち「ショップとしてのレベルの低さを示している」とも勘ぐりたくなる。

 2008年以降に装着されているということだから、車両としては10年落ち程度。であれば、程度にもよるが300万円前後の中古車が多数存在する年式。そのくらいの価値ある車両の機能が一部不全を起こしているというのは、個人的にはどうかと思う。もちろん、不全のまま走行し、なにか起こればその時点でJAFを呼んだり契約している保険のレッカーサービス使う、という方も当然いらっしゃるだろうから無理強いはいたしませんが。


<関連記事>
>> TPMS 基礎講座 vol.1 を見る
>> TPMS 基礎講座 vol.2 を見る
>> TPMS 基礎講座 vol.3 を見る

特集一覧に戻る アメ車に乗る者をパーツの面から下支えする「阿部商会」に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.