AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 1997 シボレータホ 2ドア カスタム
特集 SPECIAL ARTICLES 1997 シボレータホ 2ドア カスタムリメイクを繰り返し22年を共にする

1997 シボレータホ 2ドア カスタム

今回はデザートレーサー風のカスタマイズ

この車両を紹介するのは今回で4回目。だが、そのたびに風貌を変え、われわれを楽しませてくれるタホである。

更新日:2019.05.13文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

ジャパンレーストラックトレンズ
TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

手を加えながら同じ車両に22年乗る

 ある意味、理想のオーナー像かもしれない。この車両を新車で購入したオーナーさんは、丸22年このタホに乗り続けている。しかもここ10年くらいは、毎年何かしら手を加えバージョンアップを繰り返し、それでいて破綻せずに、タホライフを過ごしている。

 このタホを見るのは今回で4回目となるが、取材するたび毎回、小綺麗な状態を維持していることに感心する。

 今思えば、最初に取材した2013年時は、型遅れの古臭いタホ2ドア、といった印象があったように思うが、その後2016年に取材した時には一転、手を加えたことによるリメイク効果がバッチリ出ており、90年代のアメ車の個性に磨きがかけられ輝きが増したように思えた。

 長く乗ることでアメ車の耐久性に驚き、長く乗ることで周りにタホがいなくなり自然と個性が増し、いつの間にか唯一無二の存在になっている。
今から3年以上前の時はマフラーとへダース交換で変化を出していた。
その後、ホイールとタイヤを換え、ミッションのシフターをシーケンシャルシフトに換装していた。
で、今回、フロントマスク周辺に手を加え、デザートレーサー風に変身。
5.7リッターV8OHVエンジンは、22年経った今現在も好調そのもの。オリジナルスペックは255psだが、各部のカスタマイズにより300psは出ているのではないか。それに伴う重低音サウンドは現代の車両からでは決して得られない唯一無二なもの。
へダースは、最初はショートチューブを装着していたが、今現在はロングチューブに変更している。当然その変化もこれまでに体感している。
ワンオフマフラーは野太いサウンドを轟かせ、アメリカンV8らしい迫力をもたらしてくれる。

D車ベースであったことが長生きの秘密でもある

 短期間にいろいろなアメ車に乗ることも楽しい行為に間違いないが、こうした長期間同じ車両と生活を共にすることも、間違いなく素晴らしい体験であるはず。このタホ2ドアを見るたびに本当に羨ましく思う。

 さて、ざっと振り返ってみる。このタホ、整備歴でいえば、購入後15年で一度水回りの整備を受け、19年でエアコンコンプレッサーの交換を行っている。それ以外はすべて車検整備のみで大きなトラブルは全くない。

 このタホ、ディーラー車であったことがこれらの最大の要因であると思うが、それ以外にもオーナーさん個人の細やかな点検や何より当時からの主治医であったレーストラックの的を得た整備力があったからに他ならない。

 そしてリメイク歴で言えば、V8エンジンをよりダイレクトに感じたいがためのへダースやワンオフマフラー交換。それに合わせたショック交換、LSD装備、ブレーキ交換、ホイール交換 etc である。これが2016年時点での履歴。
へダースが入っている5.7リッターV8エンジンは、もともとの回転の重厚感とそれが突き抜けるような勢いで吹け上がるその気持ちよさとの両立によって街中を走っているだけでも悦に浸れる。

今流行りのプレランカスタマイズ

 その後、コラムシフトをフロアシフトに換え、B&Mのフロアシフターを装着。濃密なV8エンジンを、今度はシフト操作を交え楽しめるようにバージョンアップを繰り返したのである。これらの内容は、当サイトの過去ログに記載されているから見て欲しい。

 で、今回、久しぶりに対面した97年型タホだが、顔が変わっていた。正確にはフロントバンパー系をプレラン風に交換しスキッドプレートと4連の補助ヘッドライトの装備で雰囲気を激変させていたのである。

 「今後、フェンダーをレーストラックオリジナルのプレランワイドフェンダーに交換する予定です。今はその途中段階ですね。旧タホでこういう仕様は日本ではほとんど見ることはないでしょう。これで本当の唯一無二ですね」

 レーストラックは、過去に90年代のC1500でオリジナルのプレラン仕様を製作しており、その時のノウハウが生かされている。

 「前回、2008年型のフォードF150でのプレラン仕様を紹介していただきましたが、ここ数年でアメリカ本国でのプレランカスタマイズが爆発的人気を博しており、その流れが日本にも及んできているのかもしれませんね」
とにかくすべてが小奇麗にまとまっている。くわえて車両のコンディションの良さが特筆もの。
このフロアシフトへの換装は、ATをまるまる交換するわけではなく、もともとあるAT機能をベースに「シフト操作の配置転換を行った」感じであるから、機能的な不備が起こることもなく、コラムシフトでは味わえない操縦感覚が得られるのである。
今後、フェンダー系をよりワイドな仕様にする予定というから、一段とプレラン風情が増すに違いない。
リアから見るとそれほど大きく様変わりしていないように見えるのがこのタホの特徴。だがその実、世界に1台のオリジナルタホである。
90年代のアメ車たちは、現代のアメ車と比較して個性的なものが多い。しかも走った時に自分の腕の中で操れる実感みたいなものが大きい。それは、とてつもなく速いクルマではないのだが、でもストリートで楽しむには十分なパワーやスピードであり、アメ車らしい重低音サウンドやトルク感、さらには一瞬のパワー等が楽しめる。そしてカッコイイ。そういう意味もあって90年代はいまだに無視できない存在だと思います。

古いアメ車でプレラン仕様を積極的に作る

 アメリカ本国での人気は、主に現代の車両をベースに、たとえばコロラドとかトヨタタコマとかフォードレンジャーとか、プレランカスタマイズが流行っているが、レーストラックはそれを旧アメ車ベースで実現しているのが特徴であり、人気の秘密でもある。

 このタホに関して言えば、ワンオフマフラーとへダースのアレンジが最高のマッチングを見せており、そのサウンドの野太さや心地よさで言えば、現代のチャレンジャーヘルキャットをまったく相手にしないくらいのリアルV8サウンドを醸し出している。

 またオフロードっぽいタイヤ&ホイールのチョイスとデザートレーサー風のエクステリアが、それらサウンドと相まって、アメ車の楽しみを何倍にも増幅させている。まさしく乗って味わい見て楽しめる仕様なのである。

 すべてがリアルにマッチングしているこの97タホは、日本に1台の唯一無二の存在感をも発揮しているのである。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.