AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 唯一のアメリカン・スーパーカー・ダッジバイパーを知る > ダッジバイパーと付き合うために vol.1
特集 SPECIAL ARTICLES ダッジバイパーと付き合うために vol.1コレクションズ・本多氏に聞く

ダッジバイパーと付き合うために vol.1

まずはバイパーの「五世代」を知るべし

アメリカンスーパーカーといわれるダッジバイパー。そんなバイパーを積極的に扱うコレクションズの本多氏に、バイパーの買い方、付き合い方を聞いてみた。

更新日:2017.03.02文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

コレクションズ
TEL 042-765-8558 [ホームページ] [詳細情報]

「バイパーはスーパーカー」というイメージだったが

 一般的に、いわゆる営業フェイスと普段の自分との二面性は誰もが持つところだろう。だが本多さんにはそれがまったくない。いつ何時連絡しても、もしくはいつ話しかけても、常に物腰低く、丁寧に輪をかけての丁寧さである。

 だから本多さんの愛車について知ると誰もが驚くことだろう。想像するに、ベンツやBMWといった欧州車が似合うかもしれないし、アメ車でも、どちらかといえばピックアップやSUVが思い浮かぶかもしれない。

 だが、彼の愛車は97年型のダッジバイパーGTSである。そのギャップが面白い。バイパーとの出会いを本多さんに聞いてみた。

 96年に現ショップ・「コレクションズ」を法人化した翌97年に仕入れ車としてRT/10の話が持ち上がる。おぼろげにあったバイパーに対する憧れ。スーパーカーという意識もあり、喜び勇んで受け取りに行くが…。

 初めて乗ったRT/10は予想以上の難敵だったという。どちらかというと当時は失望の方がおおきかったかもしれない。

 RT/10は、クーペボディのないタルガトップ。初走行はルーフを外しての走行で、場所は第三京浜。まずは風の巻き込みの激しさに萎え、速度を挙げると落ち着かないステアリング、轍に一車線くらい横っ飛びしそうな過敏な反応、それに硬いブレーキフィールに衝撃を受ける。

 一方で、ルーフを付けての走行にも難アリだった。彼の地では幌は簡易的なものらしく、まずは走行中の幌のバタつき。そしてその音。たしかに雨風は凌げるが、決して心地良い空間ではなかったことは否めない。

 ただ、今考えればRT/10はコンセプトカーからそのまま市販されたようなクルマだけに、当時の状況は仕方ないとは思えるという。なんせ、初めてのバイパーである。おぼろげなイメージだけではRT/10には太刀打ちできなかったのだろう(笑)。だが、「バイパーたるもの」を知った後では逆にそういう難ありな部分を含め「初代バイパーだからこその魅力と思っている」とも付け加えてくれた。

 そんなこんなで半年後に、RT/10は販売された。
コレクションズ代表の本多氏。物腰丁寧な姿勢で誰彼構わずバイパーに関する情報を提供してくれる。自らが体験したディープな経験を軸に、今や日本中のファンから支持されている。先日も仙台や和歌山へバイパーを納車しに行っている。
相模原市にあるコレクションズ。横浜町田インター下車、約15分程度の距離感である。
バイパー以外の在庫車も豊富。往年のマッスルカー・クーダも在庫されている。
工場内には、別途在庫されているバイパーや納車待ちや整備中のバイパーが所狭しと並んでいる。
こちらは本多氏の愛車の写真。各地のサーキットを走り込んで自身のドライビングテクニックも磨いてきた。
こちらは現在の愛車。同じブルーの個体をブラックにオールペンしたもの。

第二世代へのフルモデルチェンジで激変を体感

 で、それからしばらくしてクーペとなったGTSの話が舞い込む。「初代がオープントップだったからこその悪条件だったかもしれない。だからクーペなら違っているかも」とまたも舞い上がる。

 だが一方で、RT/10の走りのネガもいろいろと思い出され、二の足を踏む自分もいる。とはいえ一応、試乗はしてみた。

 実際に走らせてみるとGTSはまったくの別物に進化していた。初代のネガがほとんど消えている。基本ベースは同じでも、サスペンションの取り付け位置やブッシュ類、さらには剛性等がまるで別物。カタチは同じでもフルモデルチェンジといっても過言ではないほど進化していたのである。

 のちに気づくのだが、バイパーにおける全進化の過程(一世代目から五世代目までのなか)で、初代から二世代目への進化が一番劇的なものとなっていたという。
富士スピードウエイを攻める本多氏ドライビングのバイパーGTS。

自分の愛車としてGTSを購入する

 余談だが、バイパーにおける全進化は、コルベットの進化ほどのそれぞれの進化には敵わないという。すなわち、バイパーは初代誕生時から、高性能化はされているが、ベースとなる根本の土台部分に大きな変化は起きていないというのである(乗りやすや快適性能を含む)。

 そういう意味では、コルベットこそ実用的乗用車としても使える幅広いユーザー層が想定できるが、バイパーの根本にある思想は、ただ走るためのレーシングカーとしての姿。

 だからバイパーをもって、「あんな危ないクルマはない」「雑で危険だわ」etcといったように、端から合わない、もしくは拒絶してしまう方がいるもの理解できるというのである。

 一方でそれとは逆に、走らせ方や付き合い方がわかるまでには時間がかかるが、そういったことを克服しバイパーの本筋に近づくと、もう離れなれない(笑)。充実感が半端ではないと。

 本多さんは、この97年型ブルー&ホワイトのGTSの走りに感動し、そのクルマを売り物としてではなく、自分の愛車として維持するようになったのである。

 「7、8年乗ったでしょうか。そのバイパーは実は事故で潰してしまったんです。ですが、すぐに同じ色のブルー&ホワイトのGTSを入手。今現在のカラーであるブラック&シルバーにオールペイントし、そのクルマは今でも持っていますね」

 その後、バイパーは第三世代、第四世代モデルが登場し一度生産終了となる。そして2013年に第五世代として復活するも、2017年モデルを最後に再度生産終了が発表されている。
店内には、本多氏が参加されたレースでのトロフィー等が飾られている。
全米にまたがり活動されている現AOC、バイパークラブ。日本にもこの支部が存在。本多氏も入会し活動に参加されている。
本多氏オススメのバイパーは、ご自身の愛車でもある第二世代のGTSという。
<関連記事>
>> ダッジバイパーと付き合うために vol.2 を見る

特集一覧に戻る 唯一のアメリカン・スーパーカー・ダッジバイパーを知るに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORYアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.