AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2019 フォードレンジャー (FORD RANGER)
特集 SPECIAL ARTICLES 2019 フォードレンジャー (FORD RANGER)2018年デトロイトショー登場モデル

2019 フォードレンジャー (FORD RANGER)

激戦のミッドサイズピックアップ市場に復活

デトロイトショーにおいてフォードレンジャーが発表されました。

更新日:2018.01.16文/編集部 写真/フォードモーター

2012年で販売終了していた

 1982年に登場したフォードレンジャー。もともとは北米車であったレンジャーはフォードピックアップの末端を担う存在として登場。だがしかし、時代とともに大型化し、上級モデルF150との価格的な差別化が難しくなった2012年に北米での販売が終了された(具体的には当時の不況のあおりを受け、F150を残すために、価格差のあまりないレンジャーを切ったという流れだろう)。

 この当時、今のようなミッドサイズのトラックという概念自体があまり育っていなかった。というわけで、北米車としての任務を終了することになったフォードレンジャーは、グローバルモデルとしてタイ工場生産のもと、ワールドワイドな販売展開が行われていった。

 だが。2015年前後を堺に全米中でミッドサイズのピックアップがもてはやされるようになる。もはや、北米でもフルサイズの大きさはいならい、とばかりに有名どころがフルモデルチェンジを果たす。

2019年型フォードレンジャーはミシガン州で生産が開始される。
イマドキのスタイルは、アプローチアングルを稼ぐために前後のオーバーハングを抑えたものとなっている。
今やこの造形は他のフォード車同様の見慣れたものとなっている。
作りは最新フォードにならったものだ。
10速ATはシフト横のボタンにてシフトチェンジ操作可能。
オフの走りは折り紙つき。

今や激戦のミッドサイズピックアップ

 たとえばシボレーコロラド、GMCキャニオン。さらにはトヨタタコマ。この両者がここ数年のミッドサイズクラス牽引の立役者であることは間違いない。とくにGMは、フルサイズのシルバラードそっちのけでコロラドにご執心だった。それが証拠にコロラドZR2の人気はハンパではない。

 ということで、この事態に対しフォードがうった策がレンジャーの復活である。

 いまや北米ではSUVもミッドサイズが活躍している。ピックアップのミッドサイズ化も当然の成り行きといえるだろう。

 2019年型レンジャーに搭載されるエンジンは、2.3リッター直4エコブーストターボエンジン。組み合わされるミッションは10速ATであり、エクスプローラーに近いスペックがもたらされるはずである。

 また、レンジャーにはこれまで「レンジャー・ラプター」と呼ばれるオフロードモデルが他地域で販売されていたが、コロラドZR2を見据えると後々ラプターモデルの登場も予測される。

 ボディ骨格は、基本的にフレームボディであり、5人乗車の4ドアモデル。足回り等の熟成はいわずもがなで、装備もLT、XLT、Lariatと充実している。

 レンジャーの登場で、今後も引き続きミッドサイズモデルの激戦が予想される。

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.