AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集部が選ぶお買い得な中古車情報!! > 1991 ジープグランドワゴニア
連載 REGULAR ARTICLES 1991 ジープグランドワゴニアほぼフルノーマル状態の機関良好車

1991 ジープグランドワゴニア

イマドキのクルマでは決して味わえない旧車的魅力

久々にワゴニアに乗った。やはり現代のクルマにはない旧車的魅力に浸れた一日だった。

更新日:2018.05.08文/椙内洋輔 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

エイブル
TEL 044-857-1836 [ホームページ]

5.9リッターV8キャブレターエンジン

 今回取材したモデルは1991年型。いわゆる最終モデルである。

 1991年型とはいえ、周囲のモデルと比較すればかなりのオールドテイストなSUVと評せるワゴニア。本来はグランドワゴニアとの名称であり、全長×全幅×全高=4734×1900×1800ミリでホイールベースが2760ミリというサイズ感。

 今で言うところのミッドサイズ的な大きさである。ただし、ジープ的な観点で言えば、それなりのサイズ感ということになるのだろう。

 そんなミッドサイズボディに搭載されるエンジンは、5.9リッターV8。キャブレター仕様で144hp、最大トルク36.7kg-mを発生させる。組み合わされるミッションは3速ATとなり、サスペンションはフロントリア共にリーフリジッドとなる。

 ボディは、スクエアなデザインにウッドパネルとメッキグリル、それに細いピラーやホワイトリボンタイヤと、われわれが思い描くノスタルジックなアメリカを象徴するSUVである。
ワゴニアのスタイルは、「ステーションワゴン+4WD」というそれまでにないジープの新しいコンセプトによって生まれたエレガントなスタイルだった。
高級感と優雅さが絶妙にマッチしたワゴニアのスタイルには独特の雰囲気がある。さらにフル純正のスタイルが素晴らしい。
ジープベースでありながらも、高級ワゴンのようなスタイル。こんなコンセプトの車両はもう二度と生まれないと思う。
ボディ全面に貼り付けられたウッドパネルはかつては高級車の証だった。ウッドパネルの色やウッドモールデザインは年式により微妙に異なるのもグランドワゴニアの特徴である。
搭載されるエンジンは、5.9リッターV8。キャブレター仕様で144hp、最大トルク38.7kg-mを発生させる。組み合わされるミッションは3速AT。
各所にあしらわれたウッドパネルが高級路線のモデルであったことを示す。全体的に使用感はあるものの、91年型の中古車としては想像以上にレベルは高い。
ステアリングポストに設置されたシフトインジケーターなど、特異なデザインもワゴニアの魅力となっている。

想像以上にレベルの高い中古車個体

 だが1991年型である。当時のコルベットといえばC4。カマロも4th。どちらも近代的なデザインへと時代が変遷していく過程であって、ボディデザインは流線型を主流としつつあった。

 にもかかわらずのワゴニアのノスタルジックなデザイン。当時はなんと古めかしいものか、という評価が多数を占めていたが…。10年後、一転して魅力的に映る。中古車として「1991年型にもかかわらず、旧車テイストが味わえる」と。

 インテリアも、ウッドとレザーで囲まれた水平基調のデザインを有したクラシカルなもの。ある意味60年代から続く歴史そのものが凝縮された感じであり、今となっては逆に趣味性が高く感じられる。

 ワゴニア以降のアメ車が軒並み無個性化したインテリアを持つようになったため、ワゴニアのインテリアに味わい深さを感じた人々はかなり多かったに違いない。

 このワゴニアは、エイブルを通じてあるオーナーさんに販売され、そのオーナーさんによっていろいろ仕上げられ、そして再び売り物としてエイブルに戻ってきたということである。

 ということで、試乗車はつい最近まで実際に走って使われていたもの。すなわち某中古車店の展示場に長年眠っていたものではなく、実際に使用されていただけあって、トラブルにて投げ売りされたものではない。

 それが証拠に、意外にもキレイな外観であり、ホイールやインテリアのステアリング等もオリジナル品であり、シートやクリーンなインテリア(異臭なし)を見れば、その程度は一目瞭然だった。

のんびり走ってもドライバーを刺激する

 実際、街中を走らせてもらったが、快適かつ刺激的な時間だった。ステアリングは非常に軽くコントロールしやすく、だが、かといってふにゃふにゃな感じではないから(デッドな領域が少しある程度)、旧車ほどの不安定さは微塵もなく、適度なボディサイズ感とあいまって一般道での走りが非常に楽しい。

 しかも、その際のキャブレターV8サウンドが刺激的あり、ゆっくり走っていてもちょっと加速しても、とにかくアクセルを踏むだけで悦に入れる。

 同時に、三角窓が非常に効果的であり、イマドキのクルマでは決して味わえない旧車的魅力に浸れた一日だったわけである。

 冒頭にも書いたが、ワゴニアは約30年もの間大きな変化をすることなく生産され続けた。当然細かな改良は受けていたから年々完成度は高くなっていったはずだが、そこは1991年型。

 それでも30年近い歴史があるだけあって、パーツの入手もまだまだ十分に対応できるというし、今回走らせた状態をこの先もずっと維持させていくこともまだまだ十分に可能だろう。

 しかも、この車両を扱うエイブルは、代表である原氏が当時のワゴニアの新車を売っていたこともあり、車輌に関する詳細を把握していることと、またAMCイーグルや80年代のチェロキー等を今現在も扱っていることも安心材料のひとつとして加えることができるはずである。

 くわえてエイブルが販売したワゴニアは、常に良い状態が保たれている。というのもエイブル自体が積極的にメンテナンスを行うショップであり、トラブル事例に精通してているという利点もあるのである。

 そんなショップの自慢の1台ということで、旧車素人の筆者でも十分に楽しめた車両だったし、今の時代にこれだけのワゴニアにお目にかかれること自体、驚きだったのである。
レザー貼りのシート。その座り心地はソファーのような、いかにもひと昔前のアメ車らしくフワフワとしたもの。スピードを出したりチョロチョロしたりせず、ゆったりノンビリと街中を運転するのがワゴニアに似合ったスタイルだろう。
運転席と比較すると、リアシートの使用感はほとんどないと言っていい。非常にコンディションの良い車両だった。
今の時代の車両ではほとんど見られないリアドアのウインドーの上下動。フロントインドーの三角窓といい、旧車ならではの魅力的なポイントの一つである。

連載一覧に戻る 編集部が選ぶお買い得な中古車情報!!に戻る

日本カリフォルニアカスタム 汎用 空気圧モニタリングシステム U903QUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー
株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.