AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > インフィニティQX80モノグラフ (Infiniti QX80 Monograph)
特集 SPECIAL ARTICLES インフィニティQX80モノグラフ (Infiniti QX80 Monograph)現行QX80の後継モデルとして開発

インフィニティQX80モノグラフ (Infiniti QX80 Monograph)

すでにこのままでも発売可能な完成度

インフィニティブランドのラグジュアリーフルサイズSUVのデザインスタディ・「QX80モノグラフ」が発表された。

更新日:2017.04.17文/吉田昌宏 写真/日産自動車


QX80とは、2014年のマイナーチェンジによってQX56からネーミングを変更したもの。我々的にはQX56が一番馴染みのあるモデルとなる。

インフィニティ・ブランド最上級SUVのデザインスタディモデル

 ニューヨークオートショーで発表されたインフィニティブランドのフラッグシップSUVのコンセプトモデル。このコンセプトモデルは、現行インフィニティQX80の後継モデルとして開発されたものであり、次期QX80のデザイン的方向性を示したものだという。

 コンセプトは、「高級」であり、サイズは現行キャデラックエスカレードとほぼ瓜二つ。

 塊感のある箱型を彫刻で削り出したようなデザインは、神奈川厚木の日産デザインスタジオが担当。大型フロントグリルは、縦、横方向ともに大型化され、ワイド感のある迫力のフロントマスクを構築しているという。

 塊感溢れる全体のスタイルは、高級感と個性を強調し、現在のインフィニティブランド全体のデザイン的合理性をも併せ持つ。

 筆者的には、今すぐにでもこのまま発売出来そうな完成度というのが率直の感想であり、パワートレインは未発表だが、24インチホイール等の各種パーツもまとまっていることから、ナビゲーターのように来年のデビューをついつい期待してしまう。

 日本では、中古車業界において、現行QX80は隠れ人気車種ということで、在庫があればすぐに売れると言われている。

 QX80のフルモデルチェンジが行われれば、旧モデルがさらに一段と活性化される可能性も秘めているだけに、是非とも素早いフルモデルチェンジをと期待してしまうのである。
<関連記事>
>> 2012 インフィニティ QX56 (INFINITI QX56) を見る

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORYアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.