AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > パーツ・カスタム・チューニング > アメ車×コンピューターチューン その2 その効果は?
連載 REGULAR ARTICLES アメ車×コンピューターチューン その2 その効果は?DIABLOSPORT(ディアブロスポーツ)or SCT(エスシーティー)のデバイスを使ってECUを書き換えると?

アメ車×コンピューターチューン その2 その効果は?

現代のクルマを制御しているのがコンピュータである以上、パワーアップにコンピュータのリプログラミングは欠かせない?

先にニュース&お知らせコーナーにて、現在開催中の9レコードのコンピュータ・リセッティング(ECUのリプログラミング=ROMチューン)のモニター募集の告知を行ったが、そもそもコンピュータ・リセッティングとはどんなものなのか? また、どれほどの効果が期待できるものなのだろうか?

更新日:2015.05.10文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

ナインレコード(9 RECORDS USA)
TEL 0480-48-7157 [ホームページ] [詳細情報]

チューニングという行為は、目的は違っても手段は同じ?

 「サーキットで速く走らせたい」「ドラッグレースでタイムを詰めたい」「高速道路をハイペースで巡航したい」「ワインディングを楽しく走りたい」「もっと燃費を良くしたい」etc。
 愛車に手を入れる(チューニングする)際の目的はオーナーごとに違えど、現代のクルマの場合、性能を向上させるための手段としてECUのリプログラミングが重要である事に変わりはない。

 そしてこれは完全にストック状態のノーマル車でも、既にパーツ交換などのチューニングが施された車両でも同じであり、吸排気系を中心にライトチューンを施した車両でも、さらにはエンジン本体にまで手を加えた本格的なチューニングカーでも、ナインレコードではECUのプログラムを変更(今回の場合はROMチューン)する事で、そのクルマが本来有しているポテンシャルをしっかりと引き出してくれるのである。
 しかも、単純にパワーを上げるだけではなく、目的に応じて壊れずに楽しめるクルマに仕上げてくれるというのだから素晴らしい。
正規ディーラーで販売している真っ新な新車でも、ノーマルの倍以上にまでパワーアップしたモンスターマシンでも、エンジンを搭載しているクルマである限り、適切な混合気や適正な点火時期が性能向上のための最重要ポイントである事に変わりはない。
エンジンコントロールユニットにプログラムされている様々なデータを必要に応じて書き換える(リプログラミングする)作業は誰にでも出来るというわけではない。メカニックとしての知識や経験だけではなく、コンピュータ・プログラミングに対する造詣もセンスも必要らしい。
車両をセッティングする際には最終的には実走行でのチェックも行うが、トライ&エラーを繰り返す際に利用するのは4輪ローラーシャシーダイナモメーターによる計測結果となる。

ECUリセッティング(ROMチューン)の方法は?

 では、具体的にナインレコードが行っているコンピューターのリプログラミングとはどのような内容となるのか?
 これについては下記の手順の通りとなる。

1/依頼車両の点検及びオーナーとのディスカッション
2/ダイノレース(4輪ローラーシャシーダイナモメーター)による1回目のパワーチェック
3/デバイス(DIABLOSPORTやSCTの市販品)にプリインストールされているチューンデータをインストール
4/2回目のパワーチェック
5/車両に合わせたECUのリプログラミング
6/3回目のパワーチェック
 5と6を繰り返して最適なプログラミングを構築して完成

 上記のメニューは基本的な流れをごく簡単にまとめただけで、実際には1と2の間でエンジンオイルやプラグの交換を行ったり、オーナーの要望があればECUのリプログラミングと並行してマフラーやエアクリーナーを社外パーツに交換したりする場合もある。

 また、5と6の部分では、燃料噴射制御を変更して燃料を濃くしたり薄くしたり、点火時期制御を変更して点火時期を早くしたり遅くしたり、電子制御スロットルのマップを変更したり、etc。ログデータをもとにして色々な部分のデータを変更&パワーチェックを繰り返してセッティングを詰めていき、最終的にベストなプログラムを完成させるのである。

セッティングが悪ければ高価なパーツも無意味となる?

 パワーアップ系のチューニングと聞くと、多くの人はエアクリーナー、スロットルボディ、ヘッダース、キャタライザー、マフラー、プラグ、プラグコードといった吸排気系や点火系のパーツを交換するライトチューンや、ターボやスーパーチャージャーを装着する過給器系のチューニングを思い浮かべると思う(※ヘッドチューンやピストンなどを交換する所謂腰下チューンなど、ハイエンドなNA車用チューンはあまり一般的ではないので今回は割愛する)。
 確かにそういったパーツ交換系のチューンを施す事で一定の効果は期待出来るのだが、変更したパーツとECUのデータのマッチングが悪ければ、パワーアップどころかノーマルよりもパワーダウンしてしまう事も少なくないとのこと。

 今回ナインレコードが募集しているのは、コンピューターチューンのモニターではあるが、「高効率のアフターパーツを装着した割にパワーアップが体感できない」という人や、「大手カー用品店でパワーチェックをしてみたら、ノーマルのカタログ値よりも数値が悪かった」などというオーナーさんは、一度同社でパワーチェックだけでも行って、対策を相談してみるといいだろう。

>>コンピューターチューンのモニターを募集
>>アメ車×コンピューターチューン その1 なぜ必要?
 
今回取材に協力していただいたナインレコードというショップは単なるコンピューターの専門店ではない。元々はエンジン内部にまで手を入れる本格的なチューニング専門店(同店いわく「エンジン屋」)だからこそ、同社のスタッフの説明には説得力がある。

連載一覧に戻る パーツ・カスタム・チューニングに戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック
株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.