AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > ハーレーダビッドソン|HARLEY-DAVIDSON > 2017 ハーレーダビッドソン アイアン883(HARLEY-DAVIDSON IRON 883™) 後編
連載 REGULAR ARTICLES 2017 ハーレーダビッドソン アイアン883(HARLEY-DAVIDSON IRON 883™) 後編ファーストハーレーにおススメできる1台

2017 ハーレーダビッドソン アイアン883(HARLEY-DAVIDSON IRON 883™) 後編

もっともスポーツスターらしいアイアン883

スポーツスターはハーレーの中でもスポーツ性能が高く、街乗りなども難なくこなせることから、幅広いユーザー層から支持されているハーレーといえる。その魅力をみていこう。
なお、この試乗企画は愛知県の「ハーレーダビッドソン尾張清須」に取材協力していただいております。

更新日:2017.05.09文/山下博央(Yamashita Hirohisa) 写真/佐藤安孝(Burner Images)

取材協力

ハーレーダビッドソン尾張清須
TEL 052-409-8055 [ホームページ] [詳細情報]

人気の秘密は乗りやすさと扱いやすさ

 アイアン883はドラッグレーサーをイメージした外観で、フロントホイールは19インチ、リアホイールは16インチという組み合わせとなっている。
 このため、リアは車高が低く、シート高も735mmと低いため足着き性は良好だ。ステップやペダルなどもミッドコントロールのため、小柄な人でも足は届きやすいが、ハンドルバーがドラッグハンドルのため、手が届き、なおかつハンドル操作ができるかが、選ぶポイントとなりそうだ。
 また、スポーツスターファミリーはスリムなピーナッツフュエルタンクを使うが、車体右側はエンジン横のエアクリーナーがあるため、タンクを挟み込んでのニーグリップがしにくいのだが、カカトでしっかりと車体をホールドすれば問題はない。

 エンジンは883ccとハーレーの中では小排気量となるが、256kgのアイアン883の車体を走らせるのには十分なトルクを発生する。
 ブレーキはフロントがシングルブレーキだが、制動力は必要十分でコントロール性も良好。
 ハンドリングは比較的ニュートラルな印象でクセがなく、街中を走らせても曲がりづらいなどの苦労も感じないだろう。
 タックロールのデザインが採用されたシートは細身ながらクッション性が良く、また前後サスペンションとも相まって長時間の走行でも疲れにくいシートとなっている。

 総じてこのアイアン883は扱いやすいハーレーと再認識した次第であり、これが幅広い世代から支持される理由なのだろう。

>>2017 ハーレーダビッドソン アイアン883(HARLEY-DAVIDSON IRON 883™)試乗レポート 前編
19インチのフロントホイールは9本スポークのシンプルなデザインとなっている。ブレーキはシングルブレーキだが、300mmローターを採用することで十分な制動力を発揮する。
リアショックはスクリュープリロードアジャスターを採用したエマルジョンタイプを装備し、走りのスタイルに合わせた調整が可能となっている。
車体全体にシックなカラーリングが施されたアイアン883。12.5ℓのピーナッツフュエルタンクには、新デザインの鷲と盾をあしらったグラフィックが施されている。

連載一覧に戻る ハーレーダビッドソン|HARLEY-DAVIDSONに戻る

日本カリフォルニアカスタム_キャデラックエスカレードQUAD DRIVE(クワッドドライブ)ジープ横浜港北DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.