AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 再メッキ(リクローム) アルミホイールは再生できる!? > リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その4
特集 SPECIAL ARTICLES リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その4アルミホイールのメッキの輝きは取り戻せる?

リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その4

C5コルベットのホイールを再生する企画も今回で最終回です。

アメ車ワールドのデモカーである2000年型シボレー・コルベットに装着していたOZレーシングのアルミホイールをリクローム(再メッキ)する企画を連載してきましたが、最終回の今回は完成品のアルバム&企画の回顧、総括となります。

更新日:2015.01.30文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

BBFヤマテ
TEL 053-426-6222 [ホームページ]

ウエストクラブ
TEL 053-427-0808 [ホームページ] [詳細情報]


記事の掲載とは時間軸が少し前後してしまうが、今回リクロームして再生させたホイールはC5コルベットに装着して昨年11月に大磯プリンスホテルの特設会場で開催された『ロングビーチクラシックス』に展示した。

新品以上の輝きを取り戻したホイールに大満足!

 今回の企画で分かったのが、『メッキ』というのが、「対象物を電解液に浸けて電着させればOK」といったお手軽なものではなく、設備、材料、職人など、様々な要素が必要な非常に専門職の強い技術であるということだ。

 当初は「新品を買うよりも安く済むかな?」といった不遜な意識もあったが、取材を通じてそういった考えが大きな間違いであった事がよく理解できた。

 新品の素材にクロムメッキをするよりも、中古の部品にクロムメッキをする方が圧倒的に手間もかかるし技術も必要。当然ながら、今回の企画で紹介した『リクローム(再メッキ)』は、場合によっては新品を買うよりも高くつく。

 しかし、熟練の技術者の手によって再生されたアルミホイールの輝きは、ある意味既製品の新品以上とも言えるし、純正パーツに拘る人や、絶版品のホイールを再生して装着したい人などには十分に検討の余地があると思う。

 なお、連載の第一回の時に少し説明したのだが、今回取材にご協力いただいたBBFヤマテでは一般のエンドユーザーから直接の依頼は受け付けていないそうなので、愛車のホイールやパーツのリクロームを希望の方は、BBFと業務提携を行っているウエストクラブの方に連絡していただきたい。

>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その1
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その2
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その3
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その4

特集一覧に戻る 再メッキ(リクローム) アルミホイールは再生できる!?に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 HEARTS RIZING(ハーツライジング)日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.