AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 再メッキ(リクローム) アルミホイールは再生できる!? > リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その1
特集 SPECIAL ARTICLES リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その1アルミホイールのメッキの輝きは取り戻せる?

リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その1

C5コルベットのホイールをピカピカに再生します!

アメ車ワールドのデモカーである2000年型シボレー・コルベットに装着していたOZレーシングのアルミホイールをリクローム(再メッキ)する企画です。今回の作業はアルミホイールで行いましたが、リクロームやクロムメッキは様々なパーツに応用が効くので、クロムメッキの興味のある方は必見です!

更新日:2014.11.30文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

BBFヤマテ
TEL 053-426-6222  [ホームページ]

ウエストクラブ
TEL 053-427-0808 [ホームページ] [詳細情報]

腐食して汚くなったクロムメッキの再生方法を解説する企画

 アメ車ワールドのデモカーである2000年型シボレー・コルベットは、タイヤの選択肢の問題もあり、現在はノーマルよりもワンサイズ外径を大きくしたOZレーシングのメッシュホイール(3ピース鍛造)を装着しています。

 このOZのホイール、デザインも性能(軽さや強度)もそれなりに気に入っているのですが、唯一の難点は経年劣化によって表面のメッキが痛んでしまっていること。
 本来であればクロムメッキの光沢で輝いているはずのディスクやリムが、色はどんよりとくすんでしまい、ピアースボルトの周囲やホイールの裏側などは所々腐食して剥げてきている様な状態。
 どちらかというと見た目よりも性能重視の筆者としても「さすがにちょっと体裁が悪いかな?」と感じ、「ちょっと考えないといけないなぁ…」と思っていました。

 そんな時、偶然にも何時もメンテナンスでお世話になっているウエストクラブの石川社長から「仮にもアメ車ワールドの編集長の愛車がボロボロに劣化したホイールを履いているのは不味いんじゃないの? 新品を買う予算がないなら、腕の良いメッキ工場を紹介するからキレイにしてもらえば?」という提案をしていただき、二つ返事でOKしたのが今回の企画です。

 かつてラグジュアリィ系カスタムが流行した際には、愛車に大径ホイールを装着したオーナーさんが数多く存在しました。
 今でもイベントなどの取材をしていると、当時大流行したキャスト(鋳造)のクロムメッキホイールを装着している車両を見かけますが、中には新品当時とは比較にならないほど劣化してしまったホイールを履いている車両も見かけます。
 表面のクロムメッキが腐食してボロボロになった大径ホイールやドレスアップパーツを装着している車両を見る度に、「アレって何とかならないもんだろうか?」と思っていたのですが、今回のこの企画を見て「自分もちょっとやってみようか?」と考える方も多いのではないかと考えています。

>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その1
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その2
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その3
>>リクローム(再メッキ)でアルミホイールを再生! その4



今回取材に協力していただいた『BBFヤマテ』は日本有数の規模と技術を誇る金属製品の磨き&クロムメッキの専門工場。あらゆる金属(アルミ・鉄・亜鉛など)のバフ研磨(湿式・乾式)、バレル研磨(湿式・乾式)、クロムメッキなどの加工を行っている。
リクロームの作業を行うBBFヤマテは個人ユーザーさんからの直接オーダーは受付ていないので、オーナーさんがホイールや各種パーツのリクロームを依頼する際にはアメ車専門店『ウエストクラブ』が受付窓口となります。TEL:053-427-0808

特集一覧に戻る 再メッキ(リクローム) アルミホイールは再生できる!?に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)マグナフローマフラーAUTO-X(オートクロス)クレイジーカラーズアメリカンスポーツカー専門店/ウエストクラブ
HEARTS RIZING(ハーツライジング)BURNER IMAGESNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.