AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2019 シボレーカマロ直4ターボ 1LE
試乗記 TEST RIDE 2019 シボレーカマロ直4ターボ 1LE275hpを6速MTで走らせるホットモデル

2019 シボレーカマロ直4ターボ 1LE

マイナーチェンジ後のイチオシモデルか

2019年型カマロが本国にて走りだした。カマロのマイナーチェンジは、何をもたらすのか。

更新日:2018.08.31文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ


カマロのフロントマスクの「アクの強さ」がまた復活した感じ。個人的には「現行モデルがベスト」と思っていたが、アクの強いカマロも嫌いじゃない。

本国にて遂に走りだした2019年モデル

 シボレーカマロの2019年モデルが発表され遂に本国にて走り出した。随分前から噂されていたとはいえ、デビューした2019年モデルは、結構な衝撃だった。「だいぶ変えたな」というのが第一印象である。

 まずは、ボディ全体、とくにフロントマスク形状が一新され、新たな雰囲気を醸し出している。このフロントマスク、一部では映画トランスフォーマーに登場していたバンブルビーのデザインとの類似性を指摘しているメディアもあるが、どうだろう? ボディカラーやグレードによって印象が変わるような気がしてならない。

 一方、リアテールも全域で手が加わり変更されていると言われているが、見ればそれほどの違和感はない。リアはやっぱりカマロだろう(笑)。

 また、メカニズム的な進化でいえば、V8エンジン搭載のSSには10速ATが搭載され、さらにこれまで8気筒、6気筒のみだった1LEだが、今回は新たなに4気筒エンジン搭載モデルにも1LEが設定される。

 1LEとは、もともとはV8カマロに設定された走り系グレードであり、MTミッションとの組み合わせをしたオプションモデル。現行6第目カマロになりこの1LEはV6モデルにも設定されることになったが、今回のマイナーチェンジを機に、新たに直4ターボモデルにも1LEが設定されるようになった。

リアは一目見て「カマロ」と分かる旧型からのキャリーオーバー。カマロで一番好きなデザインだ。

 ちなみに、この1LEが4気筒ターボに設定されるという流れが意味しているのは、低価格な下位モデルの充実とお買い得感、さらには将来的なV6モデルの廃止だろうか。

 なお、これにてV6 1LE、V8SS 1LE、ZL1 1LEにプラスされ、カマロの1LEのラインナップが一新&充実されたことになる。

 今回本国メディアで取り上げられている4気筒モデルはターボエンジンにて275hp、最大トルク295 lb-ftを発生させ、車両重量バランスが50:50ということで、6速MTを駆使したサーキット走行にも適したエントリーモデルとして最高の一台になると謳われている。実際に走らせたメディアでは、打倒フォードフォーカスRSやホンダシビックタイプRといったビッグネームが飛び出していることからも、かなりの期待の現れだと推測する。

 また実際に見た現地の走行写真を目の当たりにすると、マイナーチェンジ後のカマロも、見慣れてしまえば「悪くないな」という印象である。現行モデルのカマロZL1がめちゃめちゃカッコイイだけに、「マイナーチェンジはいらん」と思っていたが、マイナー後のZL1が出てくれば、また違った印象になるに違いない。
 
 本国で走りだした2019年型カマロ。期待の一台である。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCDジープ杉並日本カリフォルニアカスタム Newカマロパーツウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネル熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.