AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たち > 1995 シボレーアストロ へダースチューン
特集 SPECIAL ARTICLES 1995 シボレーアストロ へダースチューン200psのWエンジンをより生き生きと

1995 シボレーアストロ へダースチューン

90年代のアメ車はいまだ打てば響く存在

アストロにへダースを装着した車両を取材してきた。

更新日:2018.07.18文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

ジャパンレーストラックトレンズ
TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

ドリフト走行のための準備の一環

 アストロには複数のエンジンタイプが存在し、デビュー当時から存在した通称Zエンジンと1992年~1995年まで存在した通称Wエンジンが有名である。この通称Wは200psの最高出力がポイントであり、当時からちょっとした取り合いが行われていた記憶がある。

 で、取材車は1995年型のアストロである。この年代のアストロにはWエンジンが搭載されているから、200psを発生させるのだが、このアストロにはへダースが装着されている。

 聞けば、「レーストラックは、ドリフト天国という雑誌とコラボしてアメ車でサーキットドリフトをおこなう活動に協力しているという。先日も茂原サーキットにてダッジラムを走らせたということだが、じつは今後このアストロにてドリフト走行に参加するための準備を行っている」という。

 つまり、そのための準備の一環として、まずはエンジン関連の調整を兼ねへダース等の吸排気系のチューンを試しているというのである。

 でも、個人的にはへダースを装着したアストロってどうなの? という興味に尽きる。
すでにへダースが装着されているが、エンジンルームからは見えないために、室内のオカマを外して撮影した。写真右下方に耐熱バンテージを巻いたへダースが見える。
1995年型アストロ。ボンネットフードが変わっていたりホイールが交換されていたりするが、代車としても活動することがあり、その点も含め、常日頃から整備に余念のないアストロ。
この先、サーキットにてドリフ走行を予定しており、そのための準備としてへダースを装着した。アストロのV6エンジンに勢いをプラスするために。
搭載されるエンジンは通称Wと呼ばれる4,3リッターV6エンジンで、200psを発生させる。ノーマルでも結構活発なエンジンだと思う。
ご覧のへダースによってエンジンの勢いが確実に変化している。吹け上がりの良さが半端ない。
吸排気のチューニングでも確実な変化が得られる。
余談だが写真は左から某車ノーマル純正、ショートチューブ、ミッドチューブ、ロングチューブのへダースである。同じ車種用ではないから誤解しないように。それでもノーマル純正のお粗末さがお分かりいただけるだろう。

爆音とともに勢いよく目覚めるWエンジン

 昔からアストロには随分と乗ってきたし、今もちょこちょこ乗る機会はあるし。昔から、結構エンジンの勢いが凄いアメ車で、「バンなのにバンにあらず」といった豪快な雰囲気が好きだった。そこが大人しい国産ミニバンや逆車とは違うところで、乗るとちゃんとアメ車しているのである。

 しかも、取材のアストロは今となっては超レアなパネルバン。しかもWエンジン。サーキット走行なんぞに使わずに、内外装をシッカリレストアしてキレイにすれば、それこそ天然記念物的なアストロになるでは? とも思わなくはない(笑)。

 それでもエンジンを始動すれば、そういった雑念は見事に消え去る(笑)。爆音とともに勢いよく目覚めるWエンジン。そして素晴らしいほど荒々しいエンジンフィーリング。

 このアストロは、時に代車としてユーザーに貸し出しされるということで、点火系および電装系等のメンテナンスがシッカリなされているからか、へダースの効果が体感しやすい。

 あえてドリフトをするために、中速以上の領域での抜けを良くするためのへダースということだが、アクセルひと踏みの瞬間から「モノが違う」。

 なぜだか、低速を含む全域で効果が体感できているような、それほどの勢い。たった200psということだが、フィーリングはそれ以上。バンではなく、マシンの風情である。

 ちなみに、いわずもがなだが、アストロ用のへダースというのは存在しない。だが、ちょっと考えれば、さらに、ちょっと加工すれば装着できるものは存在するわけである。

へダース装着車は見事な変化を与えてくれる

 「たとえば、現代の最新チャレンジャーにへダースを装着する場合とこの90年代のアメ車にへダースを装着した場合では、効果のほどが高いのは間違いなく後者です。考えればわかりますが、現代の車両に装着されているへダースは、ノーマルでもある程度の効果は発揮されているでしょう。でも90年代のアメ車のへダースは、見ればわかりますが、酷いもんです。だから換えればそれだけの『変化』が確実に現れるのです」と高橋氏。

 続けて「『チューニングって、V8のアメ車じゃなきゃだめ』ってことはありません。ウチではV6エンジンに手を加えている車両はたくさんありますし、『あえてV6で』ってユーザーさんもいらっしゃいますから」

 話がちょっと逸れたが、アストロのへダース装着車は見事な変化を与えてくれる。あえてサーキットを走らずとも装着してみると面白いかもしれない。90年代のアメ車は、いまだ打てば響く存在なのだ。
バンなのにバンにあらず。そんな感じるのするアメ車。V6だが、チューンの効果がてきめんに現れるのが面白い。というか、90年代のアメ車全般の良さと言ってもいいだろう。それにしても、パネルバンのレアなアストロだけに、希少価値もあるから、動体保存して欲しいものだ。

特集一覧に戻る 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たちに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.