AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > BUBU MITSUOKA キャデラック&シボレー正規販売店
特集 SPECIAL ARTICLES BUBU MITSUOKA キャデラック&シボレー正規販売店

BUBU MITSUOKA キャデラック&シボレー正規販売店

キャデラック・シボレー仙台中央、シボレー宇都宮、キャデラック・シボレー高崎、シボレーさいたま南、キャデラック・シボレー葛西、シボレー天白、シボレー博多と、全国に7つのGM正規ディーラーを展開するBUBU MITSUOKAグループでの取材記事をまとめたコーナーです。

更新日:2017.08.08

  • 新型キャデラックXT5クロスオーバーの第一印象は? 新型キャデラックXT5クロスオーバーの第一印象は?
    キャデラックXT5クロスオーバーが全国のキャデラック正規ディーラーでお披露目される『CADILLAC XT5 CROSSOVER PREVIEW TOUR 2017』がスタートしたので、早速キャデラック・シボレー高崎に行って現車を見てきました。
    (2017.08.08)
  • シボレーカマロ (CHEVROLET CAMARO) シボレーカマロ (CHEVROLET CAMARO)
    ゼネラルモーターズジャパンは、シボレー カマロの最新モデルを、2017年11月11日(土)から全国のシボレー正規ディーラーネットワークで販売を開始することを発表した。
    (2017.07.27)
  • 光岡自動車グループのホームページがリニューアル! 光岡自動車グループのホームページがリニューアル!
    BUBU MITSUOKA(光岡自動車)のホームページがリニューアルしました。キャデラック・シボレーなどのミツオカ正規ディーラーネットワークはもちろん、BCD(自社輸入システム)で同グループがアメリカから直輸入したダッジやフォードなどの並行輸入車、ビュートやリューギといった光岡自動車のオリジナルカーの情報が全て網羅されています。また、著名モータージャーナリストの試乗記などのオリジナルコンテンツも用意されており、見所満載です!
    (2016.09.23)
  • ハマーH2 (HUMMER H2) vol.2 ハマーH2 (HUMMER H2) vol.2
    ハマーH2の現状と整備のツボを聞いてみた。聞けば、意外にも普通の答えが返ってきて、H2関して言えば、まずは「入手時のコンディションありき」という前提は不変であるということだ。
    (2016.03.03)
  • ハマーH2 (HUMMER H2) vol.1 ハマーH2 (HUMMER H2) vol.1
    取材車両は2005年モデルのフルノーマル・タイプGと2008年の最終モデル。まだ6リッターエンジンを搭載していたデビュー当時の「らしさ」と、変遷を重ねた最終モデル。これからは「あえてノーマルハマーH2に乗れ」が正しい選択肢だ。
    (2016.03.03)
  • BUBU 真冬の”アメ車クリニック”開催中! BUBU 真冬の”アメ車クリニック”開催中!
    BUBUのメンテナンス・キャンペーンが2月1日より2月29日の一ヶ月間に渡って開催されます。
    (2016.02.01)
  • キャデラックATS & SRXクロスオーバー キャデラックATS & SRXクロスオーバー
    「正規ディーラーで新車を購入するのであれば何処で買っても同じ」などとお考えの方がいるとしたら、その考えはもう古いので改めた方が良いだろう。今や正規ディーラーも差別化&競争の時代。価格も内容も決して『一律』ではないのである。
    (2015.11.27)
  • BUBU浦和工場 (Body Repair Shop) BUBU浦和工場 (Body Repair Shop)
    広大な敷地面積を誇る浦和工場。熟練の技師たちと最新設備をもって、あらゆる輸入車のボディ修復作業やケアを行っている。
    (2015.05.20)
  • シボレー・キャプティバの新車が70万円OFFで販売中! シボレー・キャプティバの新車が70万円OFFで販売中!
    今回のキャンペーンで用意されたシボレー・キャプティバは、ベースモデルが12台&ラグジュアリーが5台の計17台。価格はベースモデルが71万円OFFの298万円。ラグジュアリーの方が77万円OFFの329万円と、非常にお得なプライスとなっている。しかも、オーダー時に「アメ車ワールドの記事を見た」と言っていただければ、無料でナビゲーションシステムをセットしてくれるとのこと。つまり、実質100万円近い値引きセールとなっているのだ。売切れ次第終了のイベントなので、興味のある方はお早めに!
    (2015.03.23)
  • 2014 Chevrolet Captiva(シボレー・キャプティバ) 2014 Chevrolet Captiva(シボレー・キャプティバ)
    日本国内ジャストサイズのボディに3列シートを装備した人気のSUV、シボレー・キャプティバの写真アルバムです。今回撮影した車両は、光岡自動車系列のキャデラック&シボレー正規ディーラーで開催中の『特別レッドタグプライスイベント』で販売中の車両です。価格はベースモデルが2,980,000、ラグジュアリーが3,280,000となっています。
    (2015.03.22)
  • ふなつ一輝のハマー購入日記 (HUMMER H2) ふなつ一輝のハマー購入日記 (HUMMER H2)
    週刊ヤングジャンプの人気漫画「妖怪少女-モンスガ-」の作者であるふなつ一輝氏が、このほど10年乗り続けたシボレー・アストロ・スタークラフトを卒業し、ハマーH2に乗り換えた。ファンの間ではコアなアメ車ファンとして認知されているふなつ氏だが、じつは彼は元アメ車ワールド編集部のスタッフで、現モータージャーナリストのマリオ高野の幼馴染だったのだ。ということでその顛末を追った。
    (2015.01.07)
  • ディーラーに聞く「GM車の今とこれから」 ディーラーに聞く「GM車の今とこれから」
    2014年、C7コルベットのデビューによりスポーツカーの勢力分布図を書き換えたが、2015年にはさらなる高性能マシンが続々と日本導入される。そんな中でそれを扱うディーラーの方々にお話を伺った。
    (2014.12.24)
  • 2014年型キャデラック・エスカレード Part2 2014年型キャデラック・エスカレード Part2
    2015年型として登場した新型キャデラック・エスカレードのプレオーダーキャンペーンがGMジャパンより発表されたばかりだが、今回、アメ車ワールド編集部では、あえて2014年型の現行キャデラック・エスカレードのディーラー車を取材してきた。この3代目の最終モデルもまた0.99%の特別低金利ローンが利用できるラストチャンスキャンペーンが発表されたばかり。完成度の高い最終モデルをお得な金額で購入するのが正解なのか?あるいは少し待ってでも最新モデルを予約するのが正解なのか? 購入を検討中のファンならずとも気になる話題ではないだろうか?
    (2014.09.29)
  • 2014年型キャデラック・エスカレード Part1 2014年型キャデラック・エスカレード Part1
    2015年型として登場した新型キャデラック・エスカレードのプレオーダーキャンペーンがGMジャパンより発表されたばかりだが、今回、アメ車ワールド編集部では、あえて2014年型の現行キャデラック・エスカレードのディーラー車を取材してきた。この3代目の最終モデルもまた0.99%の特別低金利ローンが利用できるラストチャンスキャンペーンが発表されたばかり。完成度の高い最終モデルをお得な金額で購入するのが正解なのか?あるいは少し待ってでも最新モデルを予約するのが正解なのか? 購入を検討中のファンならずとも気になる話題ではないだろうか?
    (2014.09.28)
  • C7コルベット パッケージ1 C7コルベット パッケージ1
    C7コルベットはベーシックなクーペでも十分にスポーティ&スタイリッシュ。
    ノーマルのままでも性能&スタイルに不満を感じることはないモデルだが、
    ほんの少し手を加えるだけで見た目の印象は大きく変わる。
    『ノーマルのスタイルの良さを生かしつつノーマル以上の存在感を主張する』
    そんなディーラーオリジナルのパッケージオプションが登場したので紹介しよう!
    (2014.08.27)
  • シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション
     ストリート・エディションについては、以前にも2013年モデルを紹介しているが、このモデルはBUBU MITSUOKA系のディーラーのみで販売されている特別限定車。正規輸入車をベースに制作した車両を、ディーラーで販売しているので、当然ながらメーカー保証もつく。それでいて販売価格はノーマルと大差ないというお買い得感の高いモデルとなっている。ストリート・エディションは、一応『限定車』ではあるが、購入時にカスタムパッケージとしてオーダーする事も可能なので、定期的に発売される特別仕様車をベースに制作を依頼するのも面白いだろう。
    (2014.07.27)
  • 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.3 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.3
    C7コルベットに搭載されているエンジンには『LT1』という型式名が与えられているが、このLT1という名称が付くエンジンはGMの歴史の中で3回目となる。果たしてC7コルベットに搭載されているLT1エンジンとは?
    (2014.07.10)
  • 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.2 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.2
    C7コルベットはC6よりも若干大きく重くなっているが、実際に運転してみるとC6よりも明らかに軽く感じる。C6からの重量増を全く感じさせないどころか、ライトウェイトスポーツカー並みの軽さを感じさせる操舵感の理由とは? C7コルベットのボディの進化について考えてみた。
    (2014.07.01)
  • 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.1 新型C7コルベットを徹底検証!! vol.1
    劇的に進化した(と言われている)新型C7コルベットだが、各所で話題になっている割には「先代モデルとなったC6コルベットと比較して、何がどう変わったのか?」という部分については、あまり触れられていないように思う。ここではボディサイズやエンジン、足回りなど、様々なファクターをC7とC6で比較検証してみたいと思う。
    (2014.06.29)
  • 新型C7コルベット購入ガイド vol.2 新型C7コルベット購入ガイド vol.2
     正規輸入車ではあっても仕様が同じとは限らないC7コルベットの初年度モデルは、購入時に知っておかなければならない事も多い。1000万円クラスとなった新型コルベットだけに購入は慎重に行いたいが、時間との勝負という側面もあるのが難しいところだ。
    (2014.05.16)
  • 新型C7コルベット購入ガイド vol.1 新型C7コルベット購入ガイド vol.1
     一般的に、正規輸入の新車というのはディーラーに行って注文すれば誰でも購入できる。また、どこのディーラーで購入したとしても、物(車両)自体に違いはない。以上の2点は『正規ディーラー』で『新車』を購入する際の大原則と言っていい。
     しかし、今年の4月から発売が開始された新型コルベットに関しては少々事情が異なっており、前記した大原則が通用しない部分がある。そして、その異なっている部分を十分に理解していなければ、自分の頭に思い描く理想の1台を手に入れる事は出来ない。
     今回の特集では、2014年型コルベットの正規輸入車を購入する際に、最低限知っておきたい知識を解説するので、C7コルベットの購入を検討されている方はぜひご一読いただきたい。
    (2014.05.15)
  • 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.3 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.3
    果たして新型CTSは、GMの最高級ブランドである『キャデラック』の名に相応しいモデルなのか? 『2014年型キャデラックCTSエレガンス 試乗レポート』のまとめになります。
    (2014.04.05)
  • 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.2 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.2
    前項で初代と2代目のキャデラックCTSについてざっとおさらいしましたが、いよいよここからが本題。新型CTSの解説となります。ここでは2014年型キャデラックCTSエレガンスの正規輸入車を見ながら、ボディサイズやデザイン、2リッターターボエンジンについて解説します。
    (2014.04.03)
  • 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.1 新型キャデラックCTS (Cadillac CTS) vol.1
    2014年型から第三世代に生まれ変わった新型キャデラックCTSに試乗しました。『ミッドサイズ・ラグジュアリー・スポーツセダン』を謳い文句に登場した今度のCTSの実力は? 本当に『大幅に進化』しているのか? 先代モデルと何か変わったのか? 先に登場したATSとの違いは? 様々な角度からアメ車ワールドの目線でリポートしたいと思います。
    (2014.04.01)
  • 2014年型シボレー・カマロ LT RS 試乗リポート 2014年型シボレー・カマロ LT RS 試乗リポート
    現行の5代目カマロのV6クーペに初めて試乗した際の筆者の感想は「4代目に比べて随分と重くなったけど、その分ボディがしっかりしてるし、V6でもパワーは十分。独立懸架となったリアの足回りも良いし、かなり速く走れる。さすが最新モデル」というものだった。ただし、積極的に「欲しい」と思えるほどではなかった。「決して悪くはない。でも…」と、そんな感じ。しかし、今回の試乗で現行カマロに対する筆者の認識はかなり変わった。「悪くない」ではなく「良い」に。つまり、今回のマイナーチェンジはただの『顔替え』ではなかったという事だ。

    (2014.03.21)
  • シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.2 シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.2
    クルマとしての基本がしっかりしているキャプティバだが、唯一最大の弱点と言えるのがアメ車にしては地味な外観。しかし、マッチペイント&ホイールペイントという手法を使うことで、思いのほか簡単にイメージチェンジ出来る事を証明したのが『ストリート・エディション』というBUBUのオリジナル・パッケージ。これで車両本体価格379万円は、かなりお得だと思います!
    (2014.02.27)
  • シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.1 シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.1
    シボレー・キャプティバというのは、実は隠れた名車ではないかと思っている。事実、キャプティバというクルマは、ディーラーのセールスマンや自動車ライターといったクルマのプロに頗る評判が良い。GM系のSUVとしては、かつてのトレイルブレイザーもそんなクルマだったが、取り立てて強調すべきポイントのないごく普通のSUVに見えて、クルマとしての根幹部分が実に真面目に設計されている。地味だけと味わい深い。便利な道具として長く付合える。そんなキャプティバのオリジナル・パッケージ車を紹介したいと思う。
    (2014.02.27)

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2016 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.