AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > 編集長の独り言 > C5コルベットのフロントナンバーを移設(リロケート)
連載 REGULAR ARTICLES C5コルベットのフロントナンバーを移設(リロケート)2000年型シボレー・コルベット カスタム企画 その1

C5コルベットのフロントナンバーを移設(リロケート)

ダサいナンバーが真ん中にあると間抜けに見えませんか?

愛車のC5コルベットをイジることにしました。私は本来はカスタムやチューニングは大好き方なんですが、定期的に「やっぱノーマルが一番。なんせ楽だからねー」というモードに入る時期があって(笑)。ここ3年ほどはその保守安定モードに入ってたんですが、最近またカスタム欲がウズウズとしてきまして。ま、C5コルベットはまだまだ活力があるモデルだし、中古車のタマ数も豊富だから、アメ車ワールドの企画的にも悪くないかな?と(笑)。これからチョコチョコと掲載していく予定なので、コルベットファンの方は期待してくださいね!

更新日:2012.07.08文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/田中享(Tanaka Susumu)

取材協力

ウエストクラブ
TEL 053-427-0808 [ホームページ] [詳細情報]

お手軽で効果的なC5コルベットの定番カスタム!

 私が2000年型C5コルベットを購入したのは2009年の秋ですが、これまで約3年間は全く手を入れてませんでした。C5コルベットって、ノーマルでも十分に速いし恰好良い(と私は思ってます)ので、カスタムやチューニングをする必要性をあまり感じなかったんですよね。ま、実は他にも、仕事が忙しくて愛車にまで手が回らなかったとか、予算(お小遣い)がなかったとか、そういった事情もあるにはあるんですが(笑)。
 ただ、さすがに3年4万kmも乗ってると、現状に少し飽きてきたというか、「そろそろ何かやりたいな」と思うようになりまして。元々カスタムやチューニングは大好きな方ですしね。ちょうど仕事も少し落ち着いてきたこともあり、取材も兼ねて少しずつイジっていこうかと思ったわけです。

 ということで、記念すべき第一回はフロントナンバー(ライセンスプレート)の移設です。アメ車業界ではナンバー『リロケート』なんて呼ばれますが、C5コルベットのカスタムとしては定番中の定番。日本のナンバープレートってマジで「勘弁して」ってくらい不細工なのに、それが顔の正面にあってはねぇ…、せっかくハンサムなC5コルベットのフロントマスクが台無しです。そこで、フロントノーズの先端に付けられたナンバーを取り外し、アメリカ本国と同じように『CRVETTE』のロゴが入ったカバーを装着。取り外したナンバープレートは牽引フックの位置に移設してしまおうというわけです。
 こういうカスタムって、内容自体がシンプルでも全部ワンオフでやろうとすると意外に大変なんですが、世の中には便利なキットがあるんですよね。今回チョイスしたのは浜松のウエストクラブが販売している『C5コルベット ライセンスカバー』という商品なんですが、これにはライセンスカバーだけでなく、取り外したナンバープレートを移設するためのステーやボルトもセットになってるんで、誰でも簡単にカスタムが出来ます。値段も安いしオススメのアイテムですね。↓

 >> C5コルベット ライセンスカバー 商品販売ページへ
ウエストクラブの『C5コルベット ライセンスカバー』は、ライセンスカバーとライセンスプレートを移設するためのステー&ボルトがセットになっています。価格は税込1万4700円。
注)写真のライセンスプレートはペイント済みですが、上記の価格にはペイント代は含まれていません。
上の写真が変更前。下が変更後です。違いは一目瞭然ですよね。写真をクリックすると拡大表示されます。
スタイルの好悪に関する好みは人それぞれ違うと思いますが、私は下の方が恰好良いと思います。ナンバーの下の部分を軽く折り曲げる人も多いけど、いかにも走り屋風にするのもどうかと思うので悩み中。ちなみにライセンスプレートのカラーはC6の純正シルバーにペイントしています。あえて少し色合いを変えてみました(笑)。

わずか15分でC5コルベットのルックスが大きく変貌!



 今回行った作業は非常に簡単です。特別な工具も必要ないし、上のスライドショーを見るか、下の作業工程解説を見れば、メカに詳しくない初心者でも問題なく作業出来ると思います。
 ただ、ひとつだけ注意ポイントを上げるとすればライセンスプレートの塗装について。クルマのボディカラーというのは、まっさらの新車でもない限り、車種、年式、元々のボディカラーが同じでも、個体によって微妙に違います。古くなれば必ず経年劣化しますから。したがって、ライセンスプレートを塗装する際には現車合わせがマストです。この作業だけは板金塗装のプロにお願いするのがベスト。間違っても自分でやろうとは思わない方が良いと思います。

 私がC5コルベットを買った時のブログです。参考までに。↓
 >> 編集者の独り言『C5コルベットがやってきた!』

連載一覧に戻る 編集長の独り言に戻る

トヨタ FJクルーザー用シリコンキーカバーQUAD DRIVE(クワッドドライブ)Fighting RAMDODGE MAGNUM by KIBAアメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテック

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインワイルドスタイル 車検対応 ヘッドライトバルブオートクロス アメ車走行会アメ車オーナーミーティング2017WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.