SPECIAL ARTICLES

[特集]

ダウンサイジングの幕開け

フォードエクスプローラー 直4エコブーストの独自性 (FORD EXPLORER Eco Boost)

そしてエコブースト第二章が今始まる

アメリカンSUVの概念を根底から覆した革新的モデル。走って良し、環境にも良し、そして財布にも優しいフォードエクスプローラー エコブーストは、必ずやアメリカ自動車史の1ページを飾るはずである。

更新日:2014.10.27

文/石山英次 写真/古閑章郎

フォード主導の新しい流れ

 アメリカのクルマが変わってきている。というか正確にはフォード主導の新しい流れが出来つつある。それは排気量を落とし、燃費を良くするという方法論なのだが、だからといって全てが小さくまとまっていないのがうれしい。ボディサイズはそのままに、排気量を下げるがターボを駆使してパワーを補う手法である。エクスプローラーは、そういったダウンサイジングな流れを作るための急先鋒として、我々を十分に驚かせてくれた(本国ではF150にアルミボディを駆使し車重を一段と軽くすることにも徹している)。

 世の中には、いろいろな呼び名の環境エンジンが存在するが、フォードが追い求めているコンセプトは、「欧州で主流となっているクリーンディーゼルのトルキーな乗り味と低燃費を、ガソリンエンジンで実現すること」。すなわちターボチャージャー、直噴、可変バルブタイミング機構の3つの技術を統合的にコントロールする、時代に即した「ガソリン直噴+ターボ」のエンジンテクノロジーである。

 エコブーストエンジンとは、まさにフォードの技術力を集結した環境エンジンなのだが、高度なエンジン制御技術とターボチャージャーの改良によって、トルクの立ち上がりが遅れるターボラグや過給不足といったこれまでの問題点を解消し、燃費性能の向上と共に出力やフィーリングを制御することに成功したのである。

 加えて吸気排気の双方に連続可変バルブタイミング機構(Ti-VCT)を備えることで、幅広い回転域でシリンダーへのガスの吸排気をスムーズに行うことにより、エンジンの効率とパフォーマンスを向上させ、中低回転域でのトルクの向上にもつなげている。

 一方で、コモンレール方式の燃料噴射の採用によって、より高圧で微粒化した燃料を直接シリンダー内に噴射することで燃焼効率を向上させている。さらに、直接噴射された燃料の気化潜熱により筒内温度を下げて、排ガスをよりクリーンにすると共にノッキングも低減しているのである。結果、燃焼温度を低めることはパフォーマンスの向上にもつながるという仕組みである。

見栄えは、まごうことなきアメリカンSUVであり、室内はシンプルであるが質感は低くなく、7人乗りを実現しているだけに使い勝手良く、走れば鷹揚な乗り心地にアメ車を感じ、ハンドリング、ブレーキングにも不満はない。

ただ、そこに足りないのはアメリカンなエンジンフィールであるが、それを補うほどのトルク感と軽量感があり、だからこそ財布にも優しい燃費効率を示す。直4エンジンとはいえ、エクスプローラーは、リアルタイムのアメリカを映す鏡でもある。

室内空間は広く、まるでフルサイズボディのような空間アレンジが特徴である。同時に広々とした3列シートを備えていることから、ミニバン的な要素も併せ持つ。日本では、3列を備えるSUVが少なくなっており、同価格帯でエクスプローラー並みの上質感と広さが手に入るモデルは、ほとんど見つからないのが現状である。

ダウンサイジングといえば、エンジンとともに必ずボディにも影響を受けていたが、エクスプローラーは、ボディサイズはキープしたままに軽量化とエコブースト搭載で革新的モデルを作り上げたことが素晴らしい。

フォードの技術力を集結した環境エンジン

 こうした技術の集大成として生まれた直列4気筒エコブーストエンジンは、2リッターの排気量でボア×ストロークが87.5×83.1ミリ。それにターボの力を加えて、243ps/5500rpmの最高出力と37.3kg-m/3000rpmの最大トルクを発生させる。

 単純比較で言えば、旧モデルの4リッターV6をパワー&トルクともに上回り(213ps、35.1kg-m)、現行の3.5リッターV6と比較してもトルクが太く(294ps、35.2kg-m)、しかも1000回転低い3000回転から最大トルクを生み出すという、いかにもターボらしい特性をもつエンジンに仕上がった。

 だがそのターボは、誰もがイメージする爆発的なターボバーンというよりは、実際にはNAエンジンのごとく自然なエンジンフィールもたらし、低燃費化にも貢献するのである。

旧エクスプローラーに搭載されていた4リッターV6エンジンより、そのパフォーマンスは優れており、俊敏ではないもののアクセルに反応してグイグイと加速していく様は、かっての大排気量アメリカンとは一味違った独自性である。2リッター4気筒とは思えない分厚いトルク感はターボにより補われているが、そのターボは自然吸気エンジンのようなフィールを示す。

理詰めの軽量化でさらなる効率化を図る

 新たなパワーユニットと共に現行エクスプローラーにおける大きな変化は、そのボディにある。それまでのシャシーを個別に備えたフレームボディから、それらを一体化させたモノコックボディへと変わったことで、独立したシャシーを持たない分車高を低くすることができるため、重心高が下がるというメリットをもたらした。同時に軽量化にも繋がった。だからこそ当然燃費も良くなるという理詰めの設計である。

 さらにエコブーストモデルは、横置きエンジン+FFシャシーということで、AWDよりは車重が軽く済み(AWD比110kgの軽量化)、意外に大柄なボディを持つも(全長×全幅が5m×2mを超す)、身にまとったモダンなデザインにより、間延びした印象を与えない。加えて余裕あるそのサイズを最大に生かしたことでサードシートを持つことが可能となり、乗車定員7人を実現したことも見逃せない。

 すなわち、モノコックボディとすることで車重を軽くし重心を下げて安定感を増し、そこにターボ+ガソリン直噴技術を駆使した最新のテクニカルエンジンを当て込み、さらにAWDを持たずに一段と車重を軽くすることで、ターボパワーを最大限生かすとともに燃費効率を上げたという、まさに志高きSUVこそが、現行エクスプローラー エコブーストモデルとなるのである。

 そしてそれは、常に時代の最先端を行く『フォード』だからこそなし得た技術&経緯であり、全米一売れているSUVに搭載したことで本気の度合いを見せつけ、ダウンサイジングを一気に浸透させたのである。

搭載される2リッター直4エコブーストエンジンは、243ps/5500rpmの最高出力と37.3kg-m/3000rpmの最大トルクを発生させる。このエンジンは、ダウンサイジングを推し進めるフォードの急先鋒として活躍。後のアメリカ自動車に、歴史的革命車として名を残すに違いない。

認定中古車担当の松田氏に話を伺った。「エコブーストの世間的認知が高まっており、V6と直4が比較されるときは、ほぼ十中八九直4エコブーストが選ばれるという。V6を選ぶ場合は、あえてAWDが欲しいという方に尽きる」ということである。

ダウンサイジングとはいえ、旧V6モデル以上の力を発揮するわけだから、悪いはずはない。そう考えると、直4をあえて選ぶ方が多いというのも頷けるのである。

確かに重厚感というのはないが、だがその感覚は、重いものを巨大なパワーで動かすときに感じる特有のものであり、まさしくそれこそが旧アメリカンなのだが、効率を求めればその感覚が減っていくことは致し方ないのである。

新感覚なアメリカンSUV

 しかしそうはいっても、乗ってつまらなければ意味がない。単なる燃費マシンとしてだけならあえてフォードを選ぶ理由はないし、もっと道具感の強い日本車でもいいわけである。だが。

 なるほど、ダウンサイジングはかなりのメリットだった。加速時や高速走行時の走りの質感は想像以上に高く、走り出した瞬間から手放しで喜べる。アメ車と言えば「どうしてもV8、もしくはV6で」という認識があるかもしれないが、乗ればきっちりアメ車しているし、全体の雰囲気や鷹揚な乗り味は「まさにアメリカン」と言えるだろう。だがそれでいて直4ターボで「燃費にもいい」というのだから、まさに精進料理のようなヘルシーさをも備えている。

 たしかに濃い味ではない。旧アメ車に感じた重厚感というフィールはまったくない。その逆に軽快さこそが命、みたいなクルマである。だが新たな乗り物、または新感覚なアメリカンSUVと考えれば十分に受け入れられるし、逆に古いアメリカ的思想に固執することの方がバカらしく思えてくるから不思議である(エクスプローラーこそリアルタイムのアメリカを象徴しているわけだし)。

 とはいえエクスプローラーは、単なるダウンサイジングSUVに陥っていることはなく、ボディ、サイズ、走り、乗り心地、そのすべてにアメリカンSUVのDNAを感じさせるからこそ、直4エンジンと言えどもあえて乗る価値を見出すのである。

 すなわち、エコブーストに乗るということは、アメリカ自動車史に燦然と輝く歴史的名車(革命的存在)に触れる、という機会でもあるのである。

 デビューから3年ちょいが経ち、エコブーストエンジンは、本国においてはリンカーンナビゲーターにも搭載されている。そして今まさにマスタングにも搭載される新たなスポーツユニットをもって、第二章が始まるのである。

洗練された各部のフィーリングと先進的な液晶メーター等がエクプローラーの真骨頂だ。デビュー当初はかなりの違和感を感じたものだが、今見ても、見た目にも、実際に触れても、非常に質感高く居心地の良い空間が構築されている。メーター周りなどは、良い物を手にしている実感がひしひしと伝わって来るほどだ。

樹脂を使用したインテリアで、華飾は少ないが、質感の出し方が上手く、時が経ち中古車になっても鮮度が落ちていないというか、古臭く感じないのはさすが。

6段ATのシフトの動作感は極めて優れている。変速もスムーズだし、エコブーストエンジンとのマッチングも絶妙。こういった機能部分はかなり洗練されている。またこの6速SSTは、シフトインジケーターを「M」に入れ、シフトノブサイドの「+/−」のボタン操作をすることで、マニュアル感覚で操作可能となる。

乗っているうちに「直4だ、V6だ」ということがだんだんと気にならなくなってくる。すなわちそれは、普通に走る上で十分な性能であり、まったく問題ないということである。

中古車のライバルはじつは新車だった

 まさに甲子園球場の目と鼻の先にありと言えるフォード西宮店。高速の出入り口も近く、アクセスも非常に良い。そんな関西きってのフォードディーラーにてエクスプローラーの中古車の動向について聞いてみた。

 エクスプローラーに関して言えば、中古車として実際にお買い得なのはV6モデル。しかも価格の高いリミテッドの方だという。つまり、中古車となることで新車からの値落ち率が大きいからこそ、お買い得感も高くなるという理屈である。で、もう一方のXLTのV6になると直4エコブーストとの競合になることが多く、直4への興味が湧き、エコブーストに流れる方が非常に多いという。

 「実際にはまだ直4エコブーストのタマ数があまり多くないということもあり、あれば必ず競合するという程度ですが、ですがエコブーストの認知はかなり広まりましたね。直4エコブーストモデルは、この半年間くらいの間に徐々に数が増えてきているのですが、やはり動きがかなり早いです。ただ、正直まだ価格的には高値安定状況でありますから、お買い得感で言えばV6の方が高いかもしれないですね」

 直4に関して言えば、ライバル車はじつは新車の直4エコブーストであるというから驚きである。「そのくらいの価格差なら、ちょっと無理して新車を買うのもアリかな」と考えるユーザーが非常に多いということである。

 デビュー当初から変更点が少ないのも現行エクスプローラーの特徴であり、逆に言えば新車時から優れているとも言えるわけで、そう言う意味でもエクスプローラーの認定中古車は非常にオススメであり、どの年式のモデルを手に入れても年式ごとの差別化が少ない分満足感も高いのである。

フォード大阪 西宮店
住所:西宮市甲子園一番町2-12
電話番号:0798-42-3337
営業時間:10時~19時
サービス受付時間:10時~17時
定休日:火曜日

広大なディーラーショールームには5台の新車が並び、商談スペースにも余裕が十分。店外には認定中古車の在庫車が陳列されている。

ディーラーならでのは質の高いサービスとアフターフォローを実現する工場。

フォード大阪 西宮店は西宮市の東の端に位置し、幹線道路国道2号線と小曽根線が交わる戸崎町交差点付近にある。

<関連記事>
>> フォード認定中古車検索 を見る

RELATED

[関連記事]

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

BUBU MITASUOKA高崎ショールーム

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1992 GMC サイクロン

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

テスラ モデルYを新たに購入

TEST RIDE

クワッドドライブ

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

ジ ープラングラー アンリミテッド (JEEP WRANGLER UNLIMITED)

REGULAR ARTICLES

ナッツモーターカンパニー

クライスラー300C SRT-8 (CHRYSLER 300C SRT-8)

REGULAR ARTICLES

クワッドドライブ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ