SPECIAL ARTICLES

[特集]

レッドアイに最後のZR1、そしてブレイザー

すぐに上陸する期待の2019年モデル

2020年以降訪れる電動化の波に飲まれる前に…

新車のアメ車に関して言えば、2020年以降はハイブリッドや電気自動車といった方向性に舵が切られるだけに、面白みが半減すると言われている。だから、今のうちに楽しむしかないわけである。そんな時代の到来前に楽しめる2019年モデルとは?

更新日:2018.09.05

文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ FCA

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット レッドアイ

 ちょっと大げさな言い方だが、アメ車のバブルの終焉は2020年。2000年から毎年5年おきにスペシャルなモデルが発表され続け、その打ち止めが2020年のミッドシップ・コルベットと言われている。

 で、バブルは崩壊する。正確には、新しい時代のアメ車に舵が切られる。その大きな流れが電気自動車にハイブリッド。もちろんV8エンジンがすぐに消えるわけではないし、すでにサウンドコーディネートによって直4エンジンでもV8サウンドがする時代に、あえて本気でV8をメインに置くはずはないと想像する。

 だからスポーツモデルもSUVもハイブリッドが中心になり、そうなればそうしたアメ車たちの直輸入は厳しくなる。そう、電気仕立ての車両をメンテナンスできるメカニックが日本にはいないからである。

 となると、2020年以降の日本におけるアメ車の中心は中古車となるだろう。というわけで、それまでに登場する魅力的なアメ車は一体何だ? ということで、まずは2019年モデルとしてもうじき上陸する最旬モデルを3台紹介する。

 その3台とは、チャレンジャーのレッドアイであり、コルベットZR1であり、シボレーブレイザーである。

 レッドアイは、デーモンのエンジンをデュチューンし797hpを発生させるモンスターチャレンジャーである。しかもワイドボディ仕様もチョイス可能ということで、リアのトラクションやコーナリング時の踏ん張りが明確にアップする。

 それに、次期チャレンジャーが2021年以降ということだから、今新車を購入しても丸3年乗って次期モデルに乗り換えることも可能だろう。もちろん、手放す必要性は全くないから、一生の宝物として飾っておくこともできるし。

コーナリングスピードが圧倒的に速くなる。

ヘルキャットのロゴバッジの目が赤く塗られている。それこそがレッドアイ。797hpを発生させるワールドクラス最強エンジンである。

デュアルシュノーケルフードが新たに採用された797hpを発生させるヘルキャットレッドアイ。そしてそのワイドボディが2019年のラインナップ最強モデルとなる。

2019 シボレーコルベットZR1

 このチャレンジャーのエンジンは、メーカーが純正保証(本国での)を付ける797hpだから、チューニングにて絞り出したカリカリのパワーとはワケが違う。街乗りから高速までを普通に走らせることが可能なわけで、まさしくFCAの技術が凝縮された名機である。それだけも十分に価値があるのである。

 一方、FRコルベットの最後のモデルにして、至上最強を誇る755hpの6.2リッターLT5V8エンジンを搭載したマシンがZR1である。こちらはチャレンジャーとは異なり、超攻撃的フォルムが形成されFRにて打倒フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンを画策した車両であり、実際にニュルにてタイムを出し、全米のサーキットにてそれらスーパーカーを蹴散らしている。

 来年冒頭に登場予定の次期モデルがFRからミッドシップに移行されてしまうために、FRのコルベットはぜひとも一台入手したい。できれば史上最強モデルの入手がコルベットファンには相応しいのではないだろうか。

 そして最後に紹介するのが、シボレーファン待望のブレイザーである。もともとミドルクラスSUVだったブレイザーはS-10ブレイザーを最後に消滅してしまったが、
2019年モデルとして復活し、クロスオーバーSUVとしてデビューする。

搭載れるエンジンは、6.2リッターLT5V8エンジンで755hp、最大トルク715lb-ftを発生させる。それはZ06のエンジンよりも100hpアップさせている最強エンジン。

フロントマスクのシャープな印象が際立つ。まさにスーパーカーのよう。またリアウイングは二種類。ハイウイングはオプション設定となる。

2019 シボレーブレイザー

 今、世界中で起こっているSUVブームのなかで、シボレー的にはアメリカ本国モデルを中心としたラインナップしかないわけだが、このブレイザーの登場によりワールドワイドなモデルとして展開される可能性が高い。

 そのため、スタイリングはイマドキのレクサス等をかなり意識したものとなり、くわえてカマロのデザインテイストをプラスしたこれまたアグレッシブなフォルムが特徴である。

 搭載されるエンジンは、2.5リッター直4エンジンまたは3.6リッターV6エンジンに9速ATの組み合わせ。2.5リッター直4エンジンは193hp、最大トルク188lb-ftを発生させ、3.6リッターV6は305hp、最大トルク269 lb-ftを発生させる。

 3.6リッターV6エンジンは、カマロに搭載されるエンジンと同機のため、日本にてメンテナンスすることは可能だろう。そういう意味でも早期に日本上陸を果たす可能性があり、このスタイリングを含め、オススメ度がかなり高いのである。

 以上、2019年に登場する3台の魅力的な新車である。

シボレーカマロの2019年モデルとの類似性がもたらされるブレイザー。いわゆるレクサス等のSUVたちと引けを取らない攻撃的フォルムで市場を席巻する。なお、ブレイザーはシボレーでいうところのエキノックスとトラバースの間を埋める存在となる。

カマロとのデザインの類似性は大成功の予感がする。個人的にはV8エンジンやさらなるハイパフォーマンスエンジン搭載の期待が高まるが。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2011 フォード E-150 XLT

TEST RIDE

ハッピー&ドリーム

2017 ハーレーダビッドソン ストリートボブ(HARLEY-DAVIDSON STREET BOB®) 後編

REGULAR ARTICLES

ハーレーダビッドソン尾張清須

LX/LC V8 HEMIエンジン搭載車用 TCMコントローラー

REGULAR ARTICLES

ナインレコード(9 RECORDS USA)

GMジャパン、キャデラックのラインナップ発表

NEWS & INFORMATION

キャデラック公式ホームページ

ダッジ デュランゴ & ダッジラム

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

CAR

[新着アメ車]

GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ
GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ

価格応相談

年式:2014年

走行距離:48,835km

ガレージダイバン

フォードエディバウアーディーラー車 近鉄物
フォードエディバウアーディーラー車 近鉄物

259万円

年式:1993年

走行距離:65,000km

8282style.cars (バニバニスタイルカーズ)

ダッジラムバン新車並行 V8 ロールーフコンバージョン ショーティ 8282STYLE
ダッジラムバン新車並行 V8 ロールーフコンバージョン ショーティ 8282STYLE

279.9万円

年式:1999年

走行距離:44,000km

8282style.cars (バニバニスタイルカーズ)

ダッジラムバンダッジ バン 新車並行 V8 ショーティ カルフォルニア8282STYLE
ダッジラムバンダッジ バン 新車並行 V8 ショーティ カルフォルニア8282STYLE

398.9万円

年式:2003年

走行距離:57,000km

8282style.cars (バニバニスタイルカーズ)

PARTS

[新着パーツ]

ACDELCO バッテリー LN3
ACDELCO バッテリー LN3

12,441

ELECTLICAL

日本カリフォルニアカスタム

07-14y キャデラック エスカレード ヘッドライト (日本仕様)
07-14y キャデラック エスカレード ヘッドライト (日本仕様)

145,800

EXTERIOR

日本カリフォルニアカスタム

07y- ラングラー(JK) MOPAR純正 サンシェード
07y- ラングラー(JK) MOPAR純正 サンシェード

16,940

INTERIOR

日本カリフォルニアカスタム

Smittybilt ソフトトップキット(97-06y ラングラー)
Smittybilt ソフトトップキット(97-06y ラングラー)

54,000

EXTERIOR

日本カリフォルニアカスタム

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAASANUMA FACTORY西東京

CAR

[新着アメ車]

GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ
GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ

価格応相談

年式:2014年

走行距離:48,835km

ガレージダイバン

フォードエディバウアーディーラー車 近鉄物
フォードエディバウアーディーラー車 近鉄物

259万円

年式:1993年

走行距離:65,000km

8282style.cars (バニバニスタイルカーズ)

PARTS

[新着パーツ]

ACDELCO バッテリー LN3
ACDELCO バッテリー LN3

12,441

ELECTLICAL

日本カリフォルニアカスタム

07-14y キャデラック エスカレード ヘッドライト (日本仕様)
07-14y キャデラック エスカレード ヘッドライト (日本仕様)

145,800

EXTERIOR

日本カリフォルニアカスタム

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAASANUMA FACTORY西東京

ページトップ