AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ジープラングラーにV8搭載か
特集 SPECIAL ARTICLES ジープラングラーにV8搭載かラングラーに「SRT」がデビューする?

ジープラングラーにV8搭載か

ジープファン待望の392エンジンはブロンコ対策か

FCAから意味深なレタリングが公開されている。ジープラングラーに盛り上がったフードを備え、そのフード横には「392」っぽい書き消された跡が…。まさかのSRTか?

更新日:2020.07.13文/石山英次 写真/FCA

「V8搭載」とはジープ愛好家の夢の実現のひとつ

 先週くらいからFCAとフォードが賑やかである。FCAからはチャレンジャースーパーストック、チャージャーヘルキャットレッドアイ、デュランゴヘルキャットが登場し、ダッジラムトラックにヘルキャットエンジンを搭載したラム Rebel TRXのティーザーが公開されている。

 一方で、フォードからはブロンコファミリーがデビュー間近ということで、本国メディアはブロンコのティーザー情報を毎日のように報道している。

タイミング的にはブロンコ「対策」と受け取られても致し方ないだろう。だが、今のFCAの勢いなら可能性は低くないはずだ。
 ブロンコは、2ドア、4ドア、ブロンコスポーツといった多彩なラインアップを揃え、走りはF150ラプター譲りというのだから、ラングラーのライバルとして販売シェアの奪い合いが起こることが予想される。FCAにとっては、頭の痛い問題かもしれない。

 だが、そんな矢先の日本時間11日の夜、FCAはフェイスブックに上記レタリング1枚を、なんらコメントなく掲載した。この画像の意味するものとは?

 なんと、ラングラーSRTの可能性についての意味深なレタリングである。

 具体的には、盛り上がったボンネットフードに書き消されたような「392」バッジが装着されたラングラーJL392。しかも、上記FCAのニューモデルたちの登場に続く、このレタリングのアップに期待せずにはいられない。

 ちなみに、これまでコンセプトカーとしてラングラーにV8ヘルキャットエンジンを搭載したマシンが数度作られている。だが、実際の販売となると既存のエンジンベイにV8をギリギリ積むことができても、クラッシュ時の安全性に問題があり、安全基準を通過することができないと言われていたため、V8搭載の可能性はほとんどないと思われていた。

 ラングラーにV8搭載の希望がついに叶うのか。FCAは、安全基準通過の解決策を見つけたのか。それはジープ愛好家の夢の実現に他ならないはずだ。

 ちなみに、392エンジンとは、6.4リッターV8ヘミで485hpを発生させ8速ATと組み合わされる、FCA謹製の名機である。さらにもしこれが実現すれば、ダッジ、クライスラー、ジープにおける魅力的車種全車に392エンジンが搭載されることになるのだが…。

 そう、ひとつ気になるのがこのレタリングがアップされたタイミングである。本気で販売するというなら大歓迎だが、もしやブロンコに湧くメディアに対するブラフだとしたら…。

 いや、どうせなら好意的に受け取ろう。ラングラーSRT、是非登場してもらいたい!

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)スーパーアメリカンスワップミート2020
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.