AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ジープ ラングラー ルビコン 392 コンセプト
特集 SPECIAL ARTICLES ジープ ラングラー ルビコン 392 コンセプト450hpを発生させる6.4リッターV8搭載

ジープ ラングラー ルビコン 392 コンセプト

あるぞ! ジープファン待望のV8デビュー

先日発表されたレタリングはブラフじゃなかった。FCAはジープ ラングラー ルビコン 392 コンセプトを発表した。

更新日:2020.07.16文/石山英次 写真/FCA

FCAのブロンコ対応なのは間違いないが、是非市販化して欲しい

 ここ数十年のジープラングラーの概念を根底から覆す1台。まさにハードなラングラー。登場のきっかけはブロンコ登場に間違いないが、それでも、誰もが待ち望んだラングラーといっても過言ではないだろう。

 そう、V8搭載のラングラーである。その昔、1981年にデビューしていた「CJ」以来の待望の1台。

 FCAノースアメリカブランド責任者・ジムモリソンは「ジープ愛好家はV8搭載を待ち望んでおり、このコンセプトカーはそれを実現する能力があることを示している」という。くわえて、「これまでにラングラーグラディエーターやハイブリッドモデル等、お客様の声に耳を傾けたモデルを登場させてきている実績もある」と。

ルビコンベースに足回りをさらに強化し、エンジンマウントとフレームを改良することで、V8対応しているコンセプトカー。これで市販化確実か?
 すなわち、市販化前提でのコンセプトカーということである。

 で、搭載されるV8エンジンは6.4リッターで450hp、最大トルク450lb-ftを発生させ、0-60mph加速を5秒未満でこなす。同時に8速トランスミッションを組み合わせて、オンロードとオフロードでのパフォーマンスの向上を実現している。

 ちなみに懸案事項だった、V8搭載のネガは、エンジンマウントとフレームを改良すること解消しているという。

 さらに足回りも強化され、2リンチのリフトアップに新開発のアルミ製モノチューブのFOX製ダンパーを使用し、37インチのマッドテレンタイヤを装備することで、アプローチアングル、ブレークオーバーアングル、デパーチャーアングルはそれぞれ向上し、悪路における走破性能が大幅にアップしている。

 今回ベースとなったルビコンのルーフには、スカイワンタッチパワートップを採用し、オープンエアの楽しさが簡単に得られるようになっている。

 さて、このコンセプトカーの登場は、同時期に発表されたフォードブロンコの影響が非常に大きい。発表されたブロンコを見る限り、ラングラーのパイを奪い取るのは確実だろうし、逆に差をつけられかねない。

 そんな中でのV8コンセプトカーの登場だっただけに、当初はブラフかも、とも思っていたが、実際にコンセプトカーを登場させたことで、ブロンコに傾きけたユーザーを引き戻すことに成功するかもしれない。なお、このコンセプトカーに基づく実車の登場時期に関しては、今のところ未定である。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)スーパーアメリカンスワップミート2020
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.