AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 2021 トヨタ シエナ
特集 SPECIAL ARTICLES 2021 トヨタ シエナ3.5リッターV6を捨て、全グレード2.5リッター直4ハイブリッドへ

2021 トヨタ シエナ

それによって2021年型は日本への直輸入が不可能なった

2021年型トヨタシエナがみたびのマイナーチェンジ。だが、それにより日本に持ち込むことが不可能になってしまった!

更新日:2020.11.12文/椙内洋輔 写真/トヨタ

魅力的なミニバンだったが、2021年型以降は現状直輸入不可能に

 北米トヨタが誇るミニバン、トヨタシエナ。2011年に現行型にモデルチェンジし、日本でも逆輸入車ブームに乗ってかなりの台数が直輸入されている。

 そして、このシエナの魅力はひと言、国産ミニバンにはない「走り」の性能である。

2016から2017年前後にかけ日本でもかなり流行ったトヨタの逆輸入車。当時は都会の街中でも結構見かけたが、それも2020年モデルまでとなってしまった。

 いわゆる国産ミニバンは、背の高さを優先し室内空間を稼ぎ出しているからこそ高速性能ではイマイチ安定感を欠き、「まあでもミニバンだから仕方ない」という認識にて成り立っていた。ちなみにシエナとトヨタアルファードの全高は20センチ以上違う(当然シエナの方が低い)。

 だからシエナが登場した時は、ミニバンとしての空間容量の多さと重心位置の低いバンとして走りにも満足し、さらには「トヨタの左ハンドル車」としての珍しさ(優越感)が、多くのユーザーの興味をひいたのである。

 そんなえシエナは2017年以降二度のマイナーチェンジを繰り返し、そろそろフルモデルチェンジかも、と言われ続けて2020年モデルへ。そしてついに2021年モデルが発表された。

 これまた現行モデルの延長線上のマイナーチェンジが施されたのだが、ここでひとつの大きな問題が現れた。そう、トヨタシエナ2021年モデルは日本への直輸入が不可能になった。

 2021年型トヨタシエナは、これまでの搭載エンジン、3.5リッターV6を捨て、全グレード2.5リッター直4ハイブリッドへと改められた。それ以外にもエクステリアデザインやインテリア等に変化がもたらされた結構なマイナーチェンジである。

インテリアの雰囲気はガラリと変わっている。搭載エンジン変更によりミッションもeCVTに変化しているから、乗り味も相当変わっていると考えられる。
 搭載エンジンの2.5リッター直4ハイブリッドであるが、直4エンジンのパワーは189hp、最大トルク176lb-ftを発生させ、前後に搭載されたモーターのフロントは180hp、リアは54hpを発生させる。それに合わせ、ミッションはeCVTへと変化している。

 だが、現状、日本に電気自動車やハイブリッドを直輸入することは法規上不可能である。だから、先日登場したGMCハマーも日本に持ち込んで登録はできないし、このシエナも無理である。

 ちなみに、トヨタがシエナを日本仕様として発売することになればもちろん入手可能であるし、電気自動車に関してもテスラであれば購入可能であるから、例のサイバートラックも恐く入手できるだろう。

 要するに、搭載電池の問題等があり、個人的な輸入が認められないということで、だがそれも、メーカーによる大規模な輸入であればメーカーの責任上輸入が許可されるということらしいから、個々の直輸入は認められないということである。

 ということで、非常に残念なお知らせだが、今後トヨタシエナを入手するのであれば、2020年の新車およびそれ以前の中古車ということになる。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原NUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.