REGULAR ARTICLES

[連載]

最近のアメ車はパフォーマンス系オープンが多数

オープンカーは二度おいしい

中古車にも魅力的タマが多い

「風の巻き込みが意外に少なくていい」、「優雅な気分になる」、「風が思いっきり入ってきて爽快」etc。開放感を満喫できるのがオープンカーの特徴だが、実際にオープンカーと暮らしてみると開放感以外にも感じることが多数ある。そしてそのうちのひとつが、「一台で二度おいしい」だ。

更新日:2012.05.31

文/石山英次 写真/ゼネラルモーターズ/フォードモーター

まるで別のクルマのような変化

 開放感を満喫できるのがオープンカーの特徴だが、実際にオープンカーと暮らしてみると意外なことに気がつかされる。まずは一台で二度おいしいこと。

 オープンの時とクローズドの時では、違うクルマのように感じられる。もちろん人は、天候や気分によって切り替えるわけだが、オープンかクローズドかで逆に気分も変わる。そして、クルマが変化する様がそれ自体で楽しいこと。道ばたで開けたり閉めたりしていると、バスの中から子供が手を振ってくれたりすることもあるかも…。

 「オープンカーはまるで生き物のよう」とは、かの有名な評論家さんのお言葉だが、環境に応じて身体を変化させ、それが心理に影響する。あるいは心理状態が変わると身体も変わる。こういう存在だからこそ、人の興味を惹き、乗る人を活き活きとさせるのだろうか。

 自動車評論家の高野博善氏によると、たとえば、欧州ベースのオープンカーの場合(メルセデスやBMWなど)などは、奥様用のセカンドカー需要が圧倒的に多いという。ただ、アメ車の場合は、断然男性人気なのだそうだ。「基本形はあくまでもクーペですね。オープン買っても、実際乗り始めると9割方は屋根を閉めている状態で乗られているようです。高速で目的地付近まで飛ばし、海辺に差し掛かったらおもむろにスピードを緩めて屋根を開ける。この瞬間がたまらないと言いますね」。

 余談だが高野氏は冬場にオープンにする状態が好きだという。「足元は暖房で暖かく、頭のあたりはキ〜ンと冷たい。ちょうどお腹の辺りでぬるい空気が渦巻く感覚が独特ですよね」

 ちなみに、「2シーターは無理」という方も大丈夫。アメ車には、4シーターのオープンカーも豊富だから。

新車で乗ったときは、「このまま買いたい」とさえ思ったほど、お気に入りだった。こちらも幌を上げたり下げたりでの表情が激変し、ともに優れいていると思う。カッコいいというよりは、とにかくオシャレのひと言。

ボタンひとつでスチールルーフを開閉可能な、技術系オープンの代表格。すでに絶版車なのでお勧め車両ではないが、こういったものを作っていた実績がアメ車界にも残っている、ということを知っておくべき。

こういった温故知新系のオープンモデルも、アメ車の得意技ですね。

オープンの解放感に勝るものはない

 さて、東名高速を疾走するコルベット。スピードが上がるとさすがに風圧が強まるので、サービスエリアに入りルーフを閉める。オープンカーはクローズドボディになると、別物に生まれ変わる。いや、ドライバーの方が生まれ変わるのかもしれない。高速を降り、ワインディングへ。そして再びオープンに。

 箱根のワインディングではスパルタンモードに入った。「見切りが良くて運転しやすい。ロードノイズが全く気にならない」、「ワインディングではエンジンサウンドがダイレクト」、「ハンドルが軽いし、動きも軽快」、「高速では風切り音が少し気になるが、オープンだとまったく気にならない」、「プチ人馬一体感」、「ハンドリングの感触がいい。カチッとした手ごたえ」etc。

 スポーツカーベースのオープンとはいえ、常識的に考えれば、メカニカルな剛性は低下しているわけで、ハンドリングやらコーナリング性能やらは確実に劣化しているはず。だが、それをも包み込んで隠してしまうほどの魔力を、オープンスポーツカーは持っている。街を流しても楽しい、ワインディングを飛ばしても満足できる。オープンは本当に二度おいしい。

 お決まりだが、西湘バイパスへ。再び屋根を開け、海に向かった。やはりオープンカーの醍醐味はこれだ。時速80キロでも十分楽しい。全身に受ける潮風がなんとも心地いい。海の匂いに顔も緩み、他のクルマに追い抜かれても気にならない。ゆったりとした気分で流したくなる。「風の巻き込みが意外に少なくていい」、「優雅な気分になる」、「風が思いっきり入ってきて爽快」。使い古された言葉だが、解放感に勝るものはない。

スポーツ系オープンモデルでお勧めなのが、コルベットコンバーチブル。もちろんC6がいいのは分かり切っているが、C5でもまだまだ十分にスポーツ可能。程度と価格のバランスを考慮すれば、まだまだ全然遊べます。

流して良し、飛ばして良しの代表格。ただし、2シーターモデル。上記のマスタングとはまた別の使い方が強いられるが、いまだにカッコいい存在。

パフォーマンス系が大多数を占める

 ここ最近のアメリカ系オープンカーは、上で紹介したスポーツ系バリエーションが数多い。一時期はPTクルーザーなどのファッション系オープンもちらほら見かけたが、現時点ではパフォーマンス系が大多数を占める。

 直近の話題で言えば、フォードシェルビーGT500のコンバーチブル。なんと650馬力のオープンボディである。ボディ補強やハンドリング、ブレーキングなど、そのままサーキット走行が可能なほど強化されている。

 そしてもう一台がカマロZL1のコンバーチブル。ベースとなるカマロクーぺのコンバーチブルが非常に優秀かつ魅力的だっただけに、あれをベースに最強モデルと豪語するGMの話題作が果たしてどんなものか? オープンボディにもかかわらず、超剛性を誇るボディのカマロのハイパワー版は、かなり期待できるはず! シェルビーを超える力作になるか?

 新車だけにとどまらず、中古車界にもタマは豊富です。一台で二度おいしいオープンモデル。是非ご堪能ください。今の季節、かなり気持ちいいです。

日本で正規モデルとして販売されているカマロコンバーチブル。V6エンジン搭載車だ。本国では、ZL1という超ハイパフォーマンスグレードが登場し、そのコンバーチブルが登場する。世界一速いコンバーチブルと豪語するだけに、興味は尽きない。というか、最近はアメ車のパフォーマンス系が賑やかだ。

個人的に一番期待しているのが、チャレンジャーのコンバーチブルモデル。ありそうでなさそうなモデルだし、あれば期待を裏切らない超オシャレなモデルになりそうな予感。一説によると、チャレンジャー消滅との噂もあるだけに、そして日本では中古車が売れているだけに、さらなる起爆剤としても期待したいが。

かなり硬派な、そして圧倒的なパフォーマンスを秘めるマシン。まるでウエスタン乗馬のような、乗りこなすスキルと根性が必要か?

RELATED

[関連記事]

オープンカーは二度おいしい

REGULAR ARTICLES

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2017 アメ車オーナーミーティング vol.4 in 千葉

REGULAR ARTICLES

アメ車オーナーミーティングFacebookイベントページ

車楽サーキット走行会 in 本庄サーキット vol.2

REGULAR ARTICLES

車楽(ACデルコ西多摩サービスセンター)

新型フォード エクスプローラー HIDキット

NEWS & INFORMATION

日本カリフォルニアカスタム

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談
支払総額30万円

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ