SPECIAL ARTICLES

[特集]

遅咲きの名車たち vol.2

ポンティアックソルスティス (PONTIAC SOLSTICE)

ブランド初の本格2シータースポーツだった

2002年のデトロイトショーでコンセプトカーが発表され、2005年9月から2006年モデルとして発売が開始されたポンティアック ソルスティス。ボディサイズは3994×1819×1274ミリとかなり小さく、しかもFRシャシーを持つ本格派スポーツ。後にターボエンジンが追加され、またクーペも登場する。今はなきポンティアック発のスポーツカーだ。

更新日:2016.02.26

文/石山英次 写真/石山英次

本格派ロードスターとしてデビュー

 アメ車が世界のクルマと対等に勝負しようとしたとき、旗色が悪くなるのが「小さくて軽いヤツ」だ。
 しかし、60年代以来少しずつ研鑽を積んできた彼らは、PTクルーザーのような佳作小型車を造るまでに至った。PTは、格好ばかりに目を奪われがちだが、じつにまっとうなパッケージ設計がなされたクルマである。

 しかし、小型車よりもっと不得手なジャンルがある。小型軽量スポーツカーである。このジャンルで世界のトップは、間違いなくマツダ ロードスターだった。当時4メートルの全長と1.1トン台の車重のボディをFRで走らせるというその素性は、アメリカのみならず欧州勢すら届かない高みだった。

 しかし、そこに敢然と挑む。全長は4mを切るコンパクトさ。当然FR。そして車重は1.2トン台とされている。パワートレインは2.4直4+6MTだ。BMWもベンツもアルファもMGも敵わなかったロードスター。その王座をアメリカが崩せるかもしれない…。そんな期待が込められた1台がソルスティスだった。

 ポンティアックは、1926年に設立された伝統のブランド。そのネーミングはミシガン州の町の名前に由来し、「ファイヤーバード」や「トランザム」を大ヒットさせるなどGMの中でもスポーティなブランドとして認知されてきた。
 一時期は「フィエロ」なるミッドシップスポーツカーを作るなど迷走を見せるも、再びブランドイメージの向上と若返りを果たすべく模索し、ブランニューモデルの開発に取り組んだのである。

 そんなポンティアックから2002年に1台のコンセプトカーが発表された。ボディサイズは3994×1819×1274ミリと意外にも小さく、車重も1297kgとかなり軽量。しかもFRシャシーを備えた本格的スポーツカーという成り立ち。
 さらにそのコンセプトカーはオープンボディであったためか、瞬く間に全米中のクルマ好きを虜にしたという。

 それから3年後、2006年モデルとして登場したポンティアック ソルスティスは、GMの新型プラットフォーム「カッパアーキテクチャー」を使用した本格ロードスターとしてデビューを果たしたのである。

 この「カッパアーキテクチャー」とは、小型FRの新型プラットフォームであり、汎用が利くために安価な新型車が次々に生み出せるメリットを持つ。しかもその造りは本格的であり、コルベットと同じハイドロフォーミング製法のフレームボディ。やや古めかしさはあるものの、モノコックボディ以上の剛性確保が可能なのである。
 
 ちなみに、ソルスティスだけでも「NA、ターボ、クーペ」といったバリエーションを持ち、また同じプラットフォームを使用した車両には「サターンスカイ」や当時提携していた「オペルGT」などがある。

ロードスターに搭載されたエンジンは、2.4リッターDOHC直列4気筒「Ecotec」であり177ps/6600rpm、トルク22.9kg-m/4800rpmを発生させる。5MT及び5ATを介して1297kgという車重を感じさせない軽快な走りを可能にしたという。

以前のアメ車からは想像もできないほど垢抜けたインテリア。ライバルがライバルだけに、ボディデザイン同様、力を入れたポイントだという。実際に全米でもバカウケだったというから、ポンティアックの戦略は成功したといえるだろう。

マツダロードスターをライバル視しただけあって、MTの開発にはかなり力を注いだという。実際に触ったが、シフトはクイックかつ適切であり、ストロークも短く、シフトする喜びを体感できるものになっている。

デザインはピニンファリーナによるもの

 ポンティアック ソルスティスは、2005年9月に2006年モデルとして正式デビューしたが、実はその5ヶ月前の4月に限定1000台のプレミアム販売が行われ、わずか41分で完売したという逸話を持つ。当時の小型スポーツカーの雄「マツダロードスター(MX-5)」の対抗馬として、一気にブレイクしたのである。

 ポンティアック特有のデザインアイデンティティである2つの楕円が特徴のフロントグリルを持ち、運転席からリアにかけての造形や絶妙な車高バランス、そして四隅いっぱいに配置されたタイヤによってワイド&ローが一層強調される。その巧みなデザインはあのピニンファリーナによって描かれたものだった。

 だからか、どんな新型車にも多少の野暮ったさを残すアメ車のデザインの中では驚くほど洗練されている。しかも恐ろしく目立つ。
 さらに2万ドル前後の価格帯という大きなアドバンテージを有し、9月の正式発売開始以来、バックオーダーが2万件を越えるという爆発的な人気となったのである。

 デビュー当時のポンティアック ソルスティスは、ロードスターのみであったが、そこに搭載されたエンジンは、DOHC直列4気筒の「Ecotec」であり排気量を2.4リッターに拡大し、縦置きに改めることで搭載を可能にした。

 このエンジンは177ps/6600rpm、トルク22.9kg-m/4800rpmを発生させ5MT及び5ATを介して1297kgという車重をものともしない加速を実現させたのだ。

 ちなみにこのロードスターのトップはソフトトップだっただが、それは価格高騰を防ぎ、さらに軽量化に対する意識の現れだったという。

●全長×全幅×全高:3994×1819×1274ミリ
●ホイールベース:2415ミリ
●車両重量:1297kg
●総排気量:2384cc
●エンジン:水冷直列4気筒DOHC「Ecotec」
●最高出力:177/6600(ps/rpm)
●最大トルク:22.9/4800(kg-m/rpm)

ソルスティスはGMが次世代コンパクトスポーツ用のシャシーとして開発したカッパアーキテクチャーを採用した初の量産車。低床設計のためか、実際に座ってみると深さを感じるが、見切りの悪さも感じず気軽にドライビングに集中できる。

電動トップが流行っている中、ソフトトップは手動で開閉する仕組みになっている。電動化しなかったのはひとえに軽量化に対する意識の現われだろう。

2万ドルを切るスポーツカーというが、実際には最低限の装備のみで、基本オプション装備の選択が必要になる。ホイールは基本18インチ。リア19インチはオプションで可能。ショックもビルシュタイン等チョイス可。

クーペ登場とともにブランド消滅

 デビュー翌年にはターボモデルのバリーション追加が行われている。このポンティアックソルスティスGXPには、2リッターDOHC直列4気筒エンジンにインタクーラーターボが搭載され、260ps/5300rpm、トルク36kg-m/2500〜5250rpmを発生させ、ソルスティスの走りを一層強力なものにしたのである。

 また2008年ニューヨークオートショーにおいてはクーペモデルを発表し、2009年からの発売を宣言したのである。

 デザインは、クラシカルなロングノーズ・ショートデッキを基本としたファストバックスタイル。そしてコルベット同様のタルガトップ仕様(クーペといいながらタルガってアメ車らしい)。

 さらにロードスター同様の前後重量配分50:50を継続実現し、エンジンはGPX同様のターボエンジン搭載で、当時のライバルと目されるポルシェボクスター、BMW Z3クーペ等の追撃を目論んだのである。

 オープンボディのロードスターは、まるでミッドシップのようなスタイリングを実現し、クーペになるとアメリカ人好みのロングノーズに早変わり。まさしくピニンファリーナマジックと言わざるをえない。

 だがしかし…、ポンティアックは2009年4月にGMのリストラ対策の一環として同ブランドの廃止が決定され、同年10月に84年の歴史に幕を閉じてしまった。

 つまりクーペは、登場とともにブランド消滅という憂き目にあい、悲運のスポーツカーとして歴代ポンティアックの歴史の中に名を残すことになったのである。さらにソルスティスは、まるでミニコルベットのような走りを実現していたことを追記しておく。

ブランド自体が消滅してしまったために致し方ないのだが、もし現存していれば…。フルモデルチェンジやVシリーズ追加など、さらに一歩進んだスポーツカーが見れたかもしれないだけに残念。

ピニンファリーナのデザインは、いまだに古さを感じさせないから不思議である。ロードスターのデザインはまるでミッドシップカーのようなデザインバランスである。

クーぺのデザインは、クラシカルなロングノーズ・ショートデッキを基本としたファストバックスタイル。一転してアメリカ人好みのデザインに早変わりしたわけである。搭載されるエンジンもターボ搭載の強烈なやつである。

ソルスティスベースのレースも行われていた。硬派なレースカーといえども、美しさが宿るのは珍しいといえるだろう。

こういったカラフルなカラーリングの似合うスポーツカーでもあった。現地でもイエローの人気が高かったという。

リアからの眺めが非常に美しい。

クラシカルなロングノーズ・ショートデッキを基本としたファストバックスタイル。

クーペといいながらタルガトップ仕様ってアメ車らしい。

ロードスター同様の前後重量配分50:50を継続実現している。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

1986 シボレーK5ブレイザー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

フォード「認定ディーラー」新時代

SPECIAL ARTICLES

フォード新潟 長岡店

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ