AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > SEMAショー出典車両速報 > ダッジチャージャー カスタマイズ by SEMA
特集 SPECIAL ARTICLES ダッジチャージャー カスタマイズ by SEMA1500hp超のモンスター4WDマシン

ダッジチャージャー カスタマイズ by SEMA

ツインターボV8がたたき出す驚異のフルパワー

ついに始まった2019年のセマショー。そこに登場したモンスターチャージャーとは?

更新日:2019.11.07文/椙内洋輔 写真/SEMA


6.2リッターV8スーパーチャージャーエンジンをベースにし、そのスーパーチャージャー部分を2基のターボに変更。インジェクター等の燃料系のカスタマイズを含め、フルチューンを行っている。

1500hp超の4WDツインターボマシン

 すでに十分魅力的なハイパワーマシンがあるにもかかわらず、それらをベースにさらなるカスタマイズする場合の、考えられるあらゆることが詰め込まれた。まさにそんな印象がSpeed Kore製のチャージャーである。

 ベースはワイドボディのチャージャー。まず全身を3Dスキャンし、ワイドボディのカーボンファイバーキットを製作。フロントバンパー、フロントフェンダー、ボンネットフード、リアスポイラー、リアバンパー、リアディフューザー等。もちろんカーボン製ということで軽くなり、強くなる。

 そしてパワーアップ。6.2リッターV8スーパーチャージャーエンジンをベースにし、そのスーパーチャージャー部分を2基のターボに変更。インジェクター等の燃料系のカスタマイズを含め、フルチューンを行っている。その結果、シャシーダイでの測定では1525hpを測定したという。

 そのパワーに耐えうるよう駆動系を強化し、シャシーは4WDに。ドライブシャフトはカーボン製を使用し、トランスファーケースやトルクコンバーターも強化する等して、1500超のパワーに対応している。

 ノーマルですでに700hp超のチャージャーヘルキャットワイドボディでさえ十分な速さなわけで、それをベースに倍以上のパワーをもたらす場合、さすがにFRではきつい。だからこその4WDであり、そうなるといかんなくパワーが発揮できるだけに、駆動系やボディを強化し、万全の対応がなされている。

 この車両は、Speed Kore社の顧客からのオーダーということらしく、1台きりのマシンということだが、ヘルキャットベースのエンジンの恐ろしい程の潜在能力が垣間見れる存在だった。

特集一覧に戻る SEMAショー出典車両速報に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.