SPECIAL ARTICLES

[特集]

レアな旧型マスタング限定車から現行型の最新車両に至るまで

ウイングオート

認定サービス拠点ならではの的確な対応や独自の「付加価値」も魅力

輸入車総合ディーラーとしての販売力と整備力、さらには独自カスタマイズ等、フォード車に付加価値を与えてくれるフォード認定サービス拠点・ウイングオートを取材した。

更新日:2022.03.16

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/ウイングオート TEL 052-409-5434 [ホームページ]

昔からフォード車に強かった

 名古屋駅から普通電車で2駅、距離にして約11キロ程度の位置にあるウイングオート。創業34年を超える老舗輸入車ディーラーである。

 筆者のウイングオートの記憶と言えば、サリーンマスタングであり、ASDNであり、十数年前からマスタング系の様々な車両を積極的に扱っていたことを思い出す。

 また、当時社長であった上窪氏(今は会長)はフォードGTに乗っており(つい最近まで所有されていたという)、とにかく昔からフォード車に関わりが強いショップという印象であった。

 だからウイングオートがフォード認定サービス拠点であるというのを知った時はある種の必然、と思ったくらいである。

 「2016年にフォードジャパンの撤退ニュースを聞き、我々はそれ以前からマスタングを中心にフォード車を扱っていたわけですから、『何かお手伝いできることはないだろうか』と考えました。それで名乗りを上げさせていただいたのです」と営業統括部長の中野氏。

 ウイングオートは、キャデラック・シボレーの正規ディーラー(シボレー名岐)であったからディーラーネットワークビジネスを知っていたし、それ以前の自社の行動からフォード車に対する知識もある。

 「実際には右から左へ、というわけにはいきませんが、それでも各フォード車に真摯に向き合うことで、また過去のバックグラウンドを生かして、迅速な整備対応やリコール対応を行ってきましたし、これからも続けて参ります」

▲GM正規ディーラーやロータス等、フォード車以外の輸入車も扱う総合ディーラーである。

▲旧型マスタングの中古車から現行型に至るまでマスタングや他のフォード車の販売を多数手がける。

▲営業統括の中野氏。「自動車趣味のバックアップを通じてユーザーとのフレンドリーな付き合いがウイングオートです」と語る。

▲店内はまるで自動車好きのためのアミューズメントパークのような印象を与えてくれる。

「趣味のお手伝い」が基本ベース

 ウイングオートのショールームと工場は100メートルくらいの距離があるのだが、そのどちらにも中野氏の言う通りフォード車に関する積極的な関わりが見て取れる。

 ショールーム内には現行型マスタングの新古車があり、展示スペースには各年代の中古車がかなりの数並んでいる。またフォードフォーカスRSといったマニアックな車種が売られている等見応え十分。

 一方で、各種カスタマイズパーツも展示されており、ホイール、ショック、タワーバーetcといった後付け用のアフターパーツも豊富。

 また、工場では今まさにフォーカスに電子デバイスをあて整備の真っ最中というところだったが、そうした整備や故障診断、さらにはアフターパーツの装着を待つ車両でいっぱいである。

 「我々の基本スタンスは『趣味のお手伝い』というものです。ですからマスタングもMT車を積極的に扱い、それをより一段と楽しく乗るためのアフターパーツのご紹介や装着も行う。当然確実な整備も行う。そうした自動車趣味を充実させるのがウイングオートの使命と考えているのです。

 プラスしてマスタングを扱い、エクスプローラーを扱い、でもそれ以外のミッドサイズのSUV系が少ないなという判断から自社でレンジャーを直輸入し販売しています。今現在はコロナ禍により輸入が厳しくなっていますが、落ち着けばまた輸入を開始するつもりです。当然ですがブロンコも視野に入っております」

▲販売やメンテナンスの他、独自カスタマイズを行うための様々なパーツを販売している。

▲他メーカーを含め様々な正規ディーラー車両の整備を行っているウイングオートだけに、フォード車に関しても質の高い整備が期待出来る。

▲フォード車特有の電子デバイスを使用した診断に関しても長年の経験値を活かした正確な診断が可能である。

付加価値を与えるのもウイング流

 マスタングもそうだが、レンジャーに関しても、ウイングオートでは自社で扱うアフターパーツ等を装着して付加価値を加えることも可能である。

 すなわちマスタングやレンジャー自体でも十分にレアなのだが、そこからさらにオンリーワン的な存在へと導けるのがウイングオートの強みであり、実際にその付加価値に共感するユーザーはかなり多い。マスタングのオーナーズクラブで有名なMOCJの多くの方々もウイングオートのユーザーである。

 「それだけ『こだわる』ということなのでしょう。ですから、カスタマイズをしたり、カラフルなボディカラーを扱ったりして付加価値を上げることも=趣味の後押しに繋がることだと考えるのです」

▲小野さんは取材時にウイングオートが代理店を務めるBCレーシングの車高調キットを装着されていた。

▲ウイングオート特有の付加価値を高め、今後は車両のリフレッシュも検討されている。

▲サービス拠点だけに各種純正パーツの心配もいらない。

BOSS302は本国にて2年間限定の復活モデル

 さて、そんなウイングオートの強みを存分に味わっているオーナーさんがいる。スクールバスイエローのマスタングBOSS302に乗る小野拓史である。

 小野さんの乗るBOSS302は2013年型。BOSS302とは、2012年と2013年の2年間限定として本国にて復刻したバリエーションモデルであり、いま現在、日本の中古車市場では滅多にお目にかかれないレア物でもある。

 いわゆる旧型マスタングGTベースのメーカーチューンモデルであり、当時のGT比で446hpにパワーが上がり足回りも若干ハードになり何より6速MTモデルしかラインナップされない走り仕様であった。

 しかも走らせれば、「さすがフォード」といわんばかりの濃厚なV8サウンドを響かせ、ドライバーに与えてくれる刺激度においてはダントツに素晴らしい。

 そんなBOSS302に乗る小野さんは、昨年6月にウイングオートにて約6万キロ走行車を購入したという。

 「その時点で『このチャンスを逃したらいつ手に入るかわからない』と思い迷わず購入しました。今、ネット検索してもBOSS302の出物はほとんどありませんから正解でしたね」

 実は小野さんは、それ以前はフォーカスRSに乗っており、BOSS302の下取り車として手放したという。

 というか、小野さんの車歴を聞いて驚いたが、これまでに購入された外車系はすべてMT車であり、最初のコルベットZ06(イエロー)から始まり、アバルト、BMWM3 etcもすべてMT車だそうだ。

 「もともと走りが好きということで走行会に参加したりしていますが、それよりもまず自宅が山の上にあり、そこに帰るまでにワインディングロード的な道があるので、自然と楽しさを求めてしまうのかもしれません。ですが、このBOSS302は、飛ばすというよりは流すだけでも悦に浸れる、特にエンジンサウンドが素晴らしくて楽しいです」

▲BOSS302は、2012年と2013年の2年間限定として本国にて復刻したバリエーションモデルであり、正規輸入はされていないから日本における数も非常に少ない。ウイングオートならこうした直輸入モデルにも対応してくれる。

▲BOSS302は6速MT車のみの設定。

▲小野さんはドライバーズシートのみレカロシートを装着。

ウイングオートだからこその一台

 このBOSS302を販売したウイングオートは、BOSSの登場時に多くの個体を販売した経緯を持つが、それから約9年から10年が経ち、今現在入手できる個体はほとんどない、というから小野さんが入手した個体はまさに奇跡的と言える。

 「BOSSに関しては手放さない方が多いのです。そもそもBOSSに続くモデルが存在していませんから、購入された方々が次に乗り換えるべきクルマが見当たらないのです。ですから、『ずっと持っている方』が多く、市場に出回ることがほとんどありません」

 ちなみに、小野さんがこれまで乗ってきた上記の購入車両はすべてウイングオートからであり、中野氏から全て購入されている。

 「ウイングオートさんとの関係ももちろんですが、それよりも中野さんとの関係が一番です(笑)。彼との、様々なやり取りにおいてしっかりものを言い合いながらも付き合えていることが長く続いている秘訣かもしれません。実際、BOSS302は、中野さんからコンタクトがあり即決したくらいです」

 その即決は、フォードの認定サービスディーラーであること、さらにそれ以前にフォーカスRSに乗っておりパーツや整備に関して心配することなく過ごせたこと、また過去から現在の付き合いにおいて中野氏とフレンドリーに接してこれたことetc、そうしたあらゆる要素がもたらした即決、ということだ。

 プラスして小野さんのBOSS302は、ドライバーズシートのみにレカロを入れ、取材日にウイングオートが販売代理店を務めている「BCレーシング」の車高調を入れオリジナリティを高めている。まさしくウイングオートによる付加価値を体感していたのである。

 「しばらく乗るつもりですので、これからは車両のリフレッシュを行っていくつもりです」

 走行約6万キロ超ということで、今後のことを考えればリフレッシュは大賛成である。しかもウイングオートは認定サービス拠点であるから純正パーツの入手もピーシーアイを通じて可能であり直輸入車ベースであっても心配する必要はないのである。

 ということで、愛知県、特に名古屋近隣でフォード車にお乗りの方、もしくはお困りの方、またこれからフォード車に乗ろうと考えているオーナーさん、中でもオンリーワンなフォード車に乗りたい方は、ウイングオートを知っておいて損はないと言えるだろう。

ウイングオート
■住所:愛知県清須市春日焼田67-2
■電話:052-409-5434
■営業時間:9:00~18:00
■定休日:水曜日

▲11年前の38歳時に2007年型のコルベットC6Z06のイエローを購入して以来の仲というお二人。コルベットもイエローだから購入したという(笑)

▲小野さんは、コルベット、アバルト500左ハンドル、BMWM3、フォーカスRS、マスタングBOSS302と全てMT車を購入されている。

▲小野さんは車高調整キットを装着後、慣らしも兼ね山道を通って帰宅された。

RELATED

[関連記事]

ウイングオート

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

SHOP

[同店舗記事]

ウイングオート

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

シボレーコルベットZ51 (CHEVROLET CORVETTE)

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

ダッジ バイパー (DODGE VIPER Launch Edition)

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

シボレーコルベットZR1 (CHEVROLET CORVETTE)

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

シボレーコルベット C7 (CHEVROLET CORVETTE)

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

ARCHIVES

[アーカイブス]

2001 ダッジ デュランゴ

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

2014年型キャデラック・エスカレードが170万円OFF!!

NEWS & INFORMATION

BUBU / ミツオカ

ASDN とのタイアップが決定!

REGULAR ARTICLES

ASDN

フォード マスタング

TEST RIDE

BUBU

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングブリットBCD自社輸入車 USモデル エレクトロニクスPKG
フォードマスタングブリットBCD自社輸入車 USモデル エレクトロニクスPKG

898万円

年式:2019年

走行距離:36,000km

BUBU横浜

ダッジチャレンジャーR/T 50thアニバーサリーBCD自社輸入車 シェイカー サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/T 50thアニバーサリーBCD自社輸入車 シェイカー サンルーフ

848万円

年式:2020年

走行距離:580km

BUBU横浜

ダッジチャレンジャーR/TプラスBCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TプラスBCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

798万円

年式:2021年

走行距離:24,000km

BUBU横浜

ダッジチャレンジャーT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

818万円

年式:2018年

走行距離:15,000km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア) キャリアラック アメ車 パーツ
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア) キャリアラック アメ車 パーツ

27,170

EXTERIOR

6DEGREES

シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック
シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック

35,530

EXTERIOR

6DEGREES

シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバーEVO キャリア
シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバーEVO キャリア

48,070

EXTERIOR

6DEGREES

シボレー キャプティバ CHEVROLET CAPTIVA ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック アメ車 パー
シボレー キャプティバ CHEVROLET CAPTIVA ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック アメ車 パー

35,530

EXTERIOR

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングブリットBCD自社輸入車 USモデル エレクトロニクスPKG
フォードマスタングブリットBCD自社輸入車 USモデル エレクトロニクスPKG

898万円

年式:2019年

走行距離:36,000km

BUBU横浜

ダッジチャレンジャーR/T 50thアニバーサリーBCD自社輸入車 シェイカー サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/T 50thアニバーサリーBCD自社輸入車 シェイカー サンルーフ

848万円

年式:2020年

走行距離:580km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア) キャリアラック アメ車 パーツ
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア) キャリアラック アメ車 パーツ

27,170

EXTERIOR

6DEGREES

シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック
シボレー・アストロ (ルーフレール付き) CHEVROLET ASTRO ルーフラック 『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)スクエアバー キャリアラック

35,530

EXTERIOR

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ