TEST RIDE

[試乗記]

純正仕様の「規定値」遵守で車両性能の均一化を図る

メーカー純正の指定値にこだわるBCDのメンテナンス術

BCDは本国ディーラーのような整備体制を構築

つくばショールームにてエンジンオイルの交換作業を取材。関東だけでも6店舗あるBCDは、販売した車両整備の均一化を図るために純正マニュアルに沿った整備対応を行っている。

更新日:2022.06.10

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU光岡グループ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU MITSUOKA つくばショールーム TEL 029-846-6600 [ホームページ] [詳細情報]

メーカー推奨のマニュアル遵守

 例えば国産車であれば、付属のマニュアルにある程度の指定が書いてあり、それに従う整備をすることでトラブルを回避することが可能になるだろう。

 一方、アメ車の場合にも純正の整備書的な付属マニュアルがあるのだが、基本英語であり、もしくはそれが付属してなかったりして、メーカー純正の指定値というものがわからなくなっている場合が多い。

 それはショップの方々に聞いても同様で、しっかりと純正マニュアルに沿った整備をしているところもあれば、逆に自動車整備士的な勘を頼りにしたある種アバウトな整備をしている方も実際にいたりして。

 後者の自動車整備士的な勘に頼った整備では、「それはアメリカの道を走るためのマニュアルだから。日本を走る場合は、またちょっと違うのだよ」と付け加える場合が多いのだが、そう言われてしまえば「確かにそうかな」とも思わなくはない。

 だが。個人的にはその自動車メーカーが推奨するマニュアル通りの整備の方が良いに決まっていると思っているし、一つの目安として理にかなっていると考えている。

 でないと、何もかもがあやふやになってしまうから。

▲BCD車両を扱う工場では、整備内容の統一を図るためにも純正マニュアルに沿った内容で進めているという。

▲オイル交換では純正オイルを使用し、交換サイクルもマニュアルをベースに推奨する。(ハイパフォーマンスを求めるオーナーに対応したオイルを使用する場合があるがそれはまた別の機会に取材したい)

▲ダッジ系はテックオーソリティという有料サイトにて整備マニュアルを閲覧することができるから、これにて統一を図る。

販売車両の整備の均一化を図る

 くわえて昔からいろいろ取材しているが、例えば何かをする場合にはメーカーが指定する「規定値」というものが存在するし、それを遵守しているショップが今もなお生き残っているわけだから、恐らくそれがベストなのだろうと考える。

 ちなみにシボレーやジープといった正規輸入車だって、基本アメリカの付属マニュアルを日本語訳しているわけだから、それに従うのがベストだろう。

 で、BCDにおいては当然そのメーカー推奨の純正品や規定値を遵守しており、常にベストな状態が維持されるようアドバイスしてくれる。

 ダッジ系に関して言えば、テックオーソリティと呼ばれる技術整備書を閲覧するためのメーカー有料サイトがあるのだが、それを契約すれば上記した純正の整備マニュアルが閲覧でき、規定値関連の情報が手に入る(ちなみに全て英語表記であるから、メーカーの指示に基づいた整備をするには、当然英語の読解力が必要になる)。

 もちろんBCDも契約しており、ワイテック2.0を含め、そうした電子デバイス関連の作業も行なっているし、そうした純正仕様を維持することで、販売した多くのチャレンジャーの均一を図っているのである。

▲オイル交換において、フィルター交換まで含めれば6.6リッターのオイル量を必要とするという。

▲純正オイル粘度指数は0w−40。オイルキャップに表示されているものを使う。

▲使用オイルはMOPAR純正のオイル。今回はフィルターを交換しないので6リッター超を用意し適宜調整しながら量を確認する。

MOPAR純正オイルの粘度指数は0w-40

 ということで、オーナー取材した白土さんのチャレンジャーのオイル交換も同時に取材させていただいた。作業開始。

 まず使用オイルはMOPAR純正のオイル。粘度指数は0w−40。オイルキャップに指定されている粘度指数を遵守。

 そして車両をリフトに載せリフトを上げる。リフトを上げれば車両の下回りがはっきり確認できる。その作業を見ていたオーナーの白土さんも「初めてなので見たい」と愛車の下回りを確認。

 さすがBCD車両。下回りを見たが、まるで何もない。もちろん走行による汚れはあるが、キズや下回りを打ったような跡や凹みも皆無。ちなみに、そうしたチェックはすでにアメリカ本国にあるBCDカリフォルニア支社で行われており、言ってみればこうした良好な車両しか入庫していないのだから当たり前と言えば当たり前なのだが。

 オイル交換に戻ると、まずはアンダーカバーを外す。この車両、納車時に一度オイル交換を済ませており、その時点でフィルター交換もしているから、今回の交換ではオイルのみの交換となる。

 エンジンオイルパンの下に使用済みオイルを入れる廃油処理のボトルを設置し、準備が整ったところでオイルパンからドレンボルトを外す。そしてオイルが抜けきるまで待つ。

 その間に抜け落ちた廃油の状態を確認。思ったほど汚れているわけではないが、間違いなく汚れてはいる。

▲リフトに載せリフトをあげる。そしてアンダーカバーを外す。

▲するとエンジンオイルパンやフィルター、ミッションのオイルパン等が見える。

▲廃油処理のボトルを用意してオイルパンのドレンボルトを緩め廃油を流す。

規定範囲内の量を繰り返しチェックする

 オイルが抜けたことを確認し、ドレンパッキンを新しくし、ドレンボルトを締める。トルクレンチソケットで規定値を維持する。緩すぎず締めすぎずの状態を確認。

 締め終わったらドレン周りをクリーニング。その後外したアンダーカバーを取り付け、一旦リフトを下げる。

 そして新しく注入する純正オイルを準備。基本、フィルター込みで6.6リッターのオイルが必要となるが、今回はフィルターを交換しないので若干少なく6リッター超のオイルを用意。そして注入する。

 オイル量はもちろん規定値の範囲内。微調整を何度かしつつ適量になるまで繰り返す。そしてオイルキャップを締め基本部分は終了となる。

 ここまで終えたら、一度エンジンを始動しオイルを循環させる。そしてオイル量を再度チェック。再度規定値の範囲内であることを確認し、再びリフトを上げる。

 オイル漏れが起きていないかの確認である。チェックを終え、再度リフトを下げる。ここでエンジンを止め、オイル量の最終チェックを行う。問題なければ交換自体はここで終了。

▲ご覧のオイルが廃油の一部。

▲流れ落ちるオイルが止まったら、ドレンボルトのパッキンを新しくし再び締める。締める時もトルクレンチを使用しメーカー基準値を遵守。

▲そして付近をクリーニング。

▲この段階でアンダーカバーを再度元の状態に戻す。

「Oil life」ゲージを100%に戻す

 で、チャレンジャーの場合ここからさらにもう一仕事。車内のメーター内に現れる「Oil life」のゲージを100%に戻し、オイル交換したことを入力してやる必要がある。

 この「Oil life」は、車両側がオイルの寿命を距離数、時間、走行環境等で計測しており、走ることでオイルの性能が減り、オイルの寿命が近づいていることを知らせる警告等が点灯するようになっている。

 なので、オイル交換をした場合、この「Oil life」のゲージを100%に戻してやらないといけない。

 でないと、オイル交換をしているにもかかわらず、その後も距離を重ねれば警告等がいずれ点灯してしまい、ユーザーからしてみれば「オイル交換したのに警告等が!」=「車両が壊れている」と勘違いするオーナーさんもいるので要注意。

 ということで、「Oil life」を100%に戻し、全作業終了となった。

▲上記で紹介した新しいオイルを用意する。6リッター超。

▲そして注入する。今回たまたま取材が入ったためにオーナーさんが横で見ている。

▲複数回量の確認を行い、エンジンを始動。

▲再びリフトを上げる。

どこの店舗でも同じレベルの整備が受けられる

 日本で最大規模の販売数を誇るBCD。関東圏で言えば今回のつくばショールームを含め6店舗あり、それぞれに工場が併設されている。

 そしてこうした作業は全て統一のマニュアルに沿って行なわれているから「どこの店舗で購入しても同じレベルの整備が受けられる(例えば横浜店でも埼玉店でも宇都宮店でもつくばでも)」と同時に、日本にてイコールコンディションの整備を受けることで、常に一定レベルが保たれたチャレンジャーに乗れているということである。

 BCD車両は、入荷した時点で厳選されたコンディション優良車であるが、各車それぞれ遡れば本国での走行距離もオーナーも走った場所も当然違う。

 だが少なくとも日本に入荷して以降、そして納車されて以降は、同内容かつ同レベルの整備を日本で受けているわけだから、整備レベルは各車イコールの状態がキープされている=BCDが純正マニュアルに沿った本国ディーラーのような整備体制を敷いている理由はそこにある。

 それでも機械であるから「常に100%壊れない」と言い切れないのが自動車整備の難しいところだが、少なくともそういう状態を目指そうするBCDのポリシーはしっかりと確認することができるだろう。

 よって整備における基本中の基本であるオイル交換ですら、こうしたマニュアル遵守で進められていることを多くの方に知ってもらたいと思ったのである。

▲ドレンボルト付近からオイル漏れがないか再確認を行う。

▲そしてリフトを下ろし、再び量のチェック。規定値内で問題なければ終了。

▲チャレンジャーはオイル交換後にメーター内の「Oil life」モードを選択し、交換後にそれを100%に戻す必要がある。

▲ご覧のように100%にセット完了。これをしないと後日「オイル交換」の警告灯が点灯してしまうから注意! これにて全作業終了となった。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

ハーレーダビッドソン ジャパン、「Road King Special」を予約販売開始

NEWS & INFORMATION

ハーレーダビッドソン尾張清須

1997 シボレータホ 2ドア (CHEVROLET TAHOE) vol.2

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

マスタング BOSS 302 ラグナセカ パフォーマンステスト_その1

SPECIAL ARTICLES

ASDN公式ホームページ

シボレーカマロの最新CMが公開

NEWS & INFORMATION

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ

458万円

年式:2011年

走行距離:56,000km

BUBU横浜

米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両
米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両

249.8万円

年式:年

走行距離:80,000km

FLEX USトヨタガレージ店

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ

458万円

年式:2011年

走行距離:56,000km

BUBU横浜

米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両
米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両

249.8万円
支払総額279.8万円

年式:年

走行距離:80,000km

FLEX USトヨタガレージ店

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ