AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ASDN タイアップ企画 > ASDN マッスルカーの火を消すな!_第2回
特集 SPECIAL ARTICLES ASDN マッスルカーの火を消すな!_第2回ASDNってどんな組織ですか?

ASDN マッスルカーの火を消すな!_第2回

アメリカン・スーパースポーツ・ディーラー・ネットワークの概要

昨年アメ車ワールドからスピンオフする形で発行した『American MUSCLE』をはじめ、様々な自動車専門誌で紹介されているので、既にご存知の方も多いと思いますが、ここでは改めて「そもそもASDNってどういう団体なんだ?」ということを、ASDN事務局の笠井利信氏にお伺いしました。

更新日:2011.06.14文/田中享 写真/林剛直

取材協力

ASDN事務局
TEL 052-408-0620 [ホームページ] [詳細情報]

ASDNが発足した経緯と運営方針

編集部:そもそもASDNというのはどんな組織なんでしょう? まずは概要や理念といったもの、あとは成り立ちなどについて簡単にご説明いただけますか?

笠井:ASDNとは『American Supersport Dealer Network』の略ですが、その名の通りアメリカンスポーツカーを取扱う販売店のネットワークです。ASDNの理念というか目標ですが、簡単に言えば「アメリカンマッスルカーやハイパフォーマンスカーなど、現代のアメリカの素晴らしいクルマを日本人にもっと知ってもらいたい」といったところですね。


編集部:ASDNはサリーンジャパン(フォードのチューニングカーブランドとして有名な自動車製造メーカー『Saleen』の正規輸入元。2009年に倒産)と何か関係があるのでしょうか?

笠井:サリーンジャパンとして活動していたブルーフレームは完全に消滅していますし、組織としては全く関係ありません。しかし、現在のASDN加盟店のうち9社はサリーンジャパンの正規販売店だったショップです。
 サリーンジャパンの活動により、日本でもアメリカのハイパフォーマンスカーの認知度や人気が高まりました。しかし、輸入元が消滅してしまったことで、せっかく盛り上がってきたアメリカンスポーツカー人気に水を差すような事態になってしまった。そこでサリーンの車両を販売していたディーラーの代表が集まって話し合いを行い、今度はしっかりした団体を作った。それがASDNです。


編集部:ASDNという組織は、特定の会社組織ではなくネットワーク=団体ということですが、どういった形で運営されているのでしょうか?

笠井:ASDNの運営方針は、全国の加盟店の代表で構成されるASDN事務局の会議で決定しています。取扱い車種や販売方針、保証内容や広告、新規加盟店の審査など、全てのことは会議で話し合って決定しています。
ASDN事務局/笠井利信
ASDNの広報及びマーケティング担当。元々はコンピューターのシステムエンジニアであり、ASDNのホームページは彼が制作している。今回のインタビューでは、記事に書いていない事も含め、編集部の質問に対して懇切丁寧に回答してくれた。
アメリカのSMS本社。ASDNでは担当者が定期的に渡米し現地視察をしているとのこと。日本国内で会議を行うだけでなく、アメリカ本国のメーカーやディーラーとも協議しながら輸入する車両や仕様を決めているのだ。
サリーンやSMSといったメーカーのことを、日本的なチューニングメーカーと考えている人も多いようだが、アメリカの著名チューナーズブランドは、日本的な感覚で言えば車両制作メーカーに近い規模と設備を誇っている。
超高額なアメリカンスーパースポーツカー『Saleen S7』。1台1台、ほとんど手作りに近い形で生産されるこの稀少車もオーダーすることができる。
現在日本への正規輸入の設定のないダッジ・チャレンジャーや、そのチャレンジャーをベースとしたSMSのコンプリートカーなども取扱っていく予定とのこと。

正規輸入車に設定のない魅力的なモデルラインナップ

編集部:現在のASDNの主力商品はマスタングのようですが、取扱い車種はこの先もっと増えていくのでしょうか? 

笠井:商品ラインナップはもっと増やす予定です。正規輸入されていないサリーン、SMS、シェルビーアメリカンといったブランドのハイパフォーマンスカーはもちろん、日本未導入グレードなども積極的に導入したいと考えています。


編集部:ASDNの取扱い車種はどういった基準で決めているのでしょうか?

笠井:取扱い車種を決める基準はもちろん「魅力的なアメリカンスーパースポーツ」であることですが、「正規輸入車とはひと味違うクルマ」であることも常に意識しています。
 例えばマスタングはフォードジャパンが正規輸入していますが、現在はマニュアルミッションの設定がない。そこでASDNではマニュアルミッション車を積極的に導入する。また、ポニーパッケージやクラブ・オブ・アメリカ、カリフォルニア・スペシャルといったアメリカで人気の高いオプションパッケージ装着車を導入したり、『SSコブラ』、『SSGT500』といったASDN独自のスタイルパッケージを設定したりしています。
 また、マスタングに限らず、正規輸入車には日本の法規制に適合させるための改善が施されていますが、この手直しによりオリジナルのスタイルが失われてしまうケースも少なからずある。そこでASDNでは日本の法規に合わせながらもUS仕様に近いスタイルで提供する努力をしています。


編集部:モデルラインナップ以外で強調したいASDNならではの魅力はありますか?

笠井:ASDNでは3年または6万kmの長期保証を付けて車両を販売しています(新車販売時・一部特殊車両を除く)。また、メンテナンスや修理は全国のASDN加盟店で受けることができるので、お客様にはディーラーで正規輸入車を購入するのと同様の感覚で安心してクルマをご購入いただけると思います。
 車両購入以外でも、ASDNの加盟店は長年アメ車を取扱ってきたプロショップばかりですから、ドレスアップやカスタム、チューニングといった要望にも個別対応できます。アフターサービス面の充実はASDNが特に力を入れている部分なので、その辺は強調したいポイントになりますね。


【まとめ】

 「正規輸入の設定のない魅力的なアメリカンスーパースポーツを、正規輸入車と同等以上の保証&サービスで販売する」というASDNの基本方針は素晴らしいと思うし、日本のアメ車ファンには嬉しい限りだろう。ラインナップの追加や販売ネットワークの拡大など、ASDNの活動はこれからもアメ車ワールドで随時お知らせしていく予定。また、来月からはASDNが現在取扱っている車両の試乗記を掲載する予定なので、楽しみに待っていてもらいたい。

特集一覧に戻る ASDN タイアップ企画に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.