AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > 2020 キャデラック XT6
特集 SPECIAL ARTICLES 2020 キャデラック XT6エスカレードに続くキャデラック3列シートSUV

2020 キャデラック XT6

2020年に日本正規導入モデル

キャデラックからエスカレードの下位に位置するSUVが発表された。その名もXT6。2020年から日本導入予定である。

更新日:2019.01.24文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ


XT6は、エスカレード以外のキャデラックSUVでは、初の3列シート採用モデルとなる。

3列シートモデルのクロスオーバーSUV

 2020年モデルとしてキャラデックXT6がデビューした。このXT6は、XT4、XT5に続く最新のキャデラックSUVであり、いわゆるクロスオーバーの最上級モデルとして君臨する。

 そのため、室内空間には広大なスペースと3列シートが用意され、モデルラインナップは「ラグジュアリー」と「スポーツ」の二種類。駆動方式はFF駆動だが、4WDのオプションも用意。「スポーツ」にはアクティブツインクラッチ式の4WDシステムが、アクティブサスペンションとともに装備される。

 新たなキャデラック言語で構成されたデザインの特徴となる細身のヘッドライトには最新のLEDテクノロジーが採用され、「スポーツ」には大口径のブラックグリルが採用されている。

 搭載されるエンジンは、3.6リッターV6で310hpを発生させる。それに最新の9速ATを組み合わせ、スポーティなハンドリングと気筒休止機能を備えたエンジンによる高燃費性能をも実現するのである。

 インテリアは、「プレミアム」がウッドトリム、「スポーツ」がカーボンファイバートリムを採用し、ジョグ機能を備えたロータリーコントローラー等の採用、また直感的な操作が可能な最新のインフォテインメントシステム「キャデラックユーザーエクスペリエンス(CUE)」を搭載する。

 広大な室内スペースによる3列目シートにはリモート折りたたみ機能を搭載し、2列目シートのスライド機能によって3列目シートへのアクセスを高めている。

写真の「スポーツ」には、Vシリーズにも似た大口径のブラックグリルが装備される。
 コンパクトSUVのXT4、キャデラック販売台数ナンバーワンを誇るXT5、そしてキャデラックの頂点たるエスカレードに、新たにXT6が加わったことで、キャデラックSUVの充実度は飛躍的に向上し、あらゆる顧客層に向けたモデルラインナップが完成したのである。

 なお、車両価格等の詳細はまだ未発表ということである。

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.